SHOW CARとして魅せるなら本国でも人気を博すSAVINI FORGEDが最有力候補!

ホイール

フローフォーミング

チャレンジャー

チャージャー

サヴィーニ

THE BOTTOMS

SAVINI

コーストモータリング

アメマガ2020年3月号

ジェットシティ

SAVINI FORGED

THE BOTTOMS


SAVINI FORGED

ここ数年フローフォーミング製法など、鋳造でも鍛造に迫る軽量かつ高強度なホイールも多くなってきている。サヴィーニでももちろんラインナップされており、リーズナブルで高品質なサヴィーニブランドも多数存在している。しかし、SHOW CARとしてブースに飾るなら、断然FORGEDがいい!

エクストリームコンケーヴを中心に最旬ホイールトレンドを吟味!

クロスファイブファイナルを中心に、ここ数年のカスタムシーンにおいてイベント出展車両の装着率が高いサヴィーニホイール。クローム大口径が主体のラグジュアリーからカラードへとトレンドが移行し始めた時期、真っ先に思いつくブランドとして記憶に新しいが、サヴィーニの魅力はそれだけにとどまらない。トレンドを見据えた〝一癖〟を印象付けるリムデザインの優雅なフォルム。スポークデザインをリムエンドまで持たせることによる立体的なデザインに、ディープリムをアッサリとこなすコンケーヴなど、その独創的なビジュアルは多くのショーカーフリークからも称賛されている。


撮影車両の様なモパー系に限らず、プレミアムSUVとの相性も抜群で、幅広いジャンルから絶大な支持を誇る。その中から今回はエクストリームコンケーヴのSV71、SV80、SV83の装着例を参考に、最旬ホイールトレンドを吟味するべくファイナル会場より抜粋。最高のリムだけを厳選、マルチピース構造で多種多様なボトムスに合うカスタム仕上げによる履きこなしは、SAVINI FORGED最大の魅力。


また、それぞれのフォルムに見合うフィッティングに加え、ブレーキシステムとの相乗効果やスパイクナットなど、ホイール単体のみならずクルマ全体をトータルコーディネートする上で、そのボトムスを象徴する主役としてはもちろん、脇役を惹きたてるギミックも特筆物。〝魅せ方〟を知るカスタムフリークの間で人気を博す理由はきっとそこにあると予測する。

SAVINI FORGED SV71-XTREME CONCAVE
JETCITY / DODGE CHALLENGER

JETCITY / DODGE CHALLENGERSAVINI FORGED SV71-XTREME CONCAVE SV71-L-Brushed SV71D-DDT-w-Yellow-Accents SV71-XC-Candy-Red SV71-XLT-Black-w-White-Accents
リアルカーボンリム×マットブラックのディープリムに、アメリカ本国でも人気のホイールナットブランドTrue Spikeを合わせ、KRZのブレーキシステムを導入。質感の異なる黒主体のボトムスにゴールド& イエローの絶妙なコントラスト、そして何よりリアルカーボンで印象付けるディープな履きこなしは、ファントムグリルの個性的なキャラクターにマッチ! エアサスでフルボトムさせた際のフェンダー被りの具合も含め、計算し尽くされた玄人好みのフィッティングと言える。ちなみに先月号表紙のマスタングもSAVINIを装着していた。

SAVINI FORGED SV80-XTREME CONCAVE
COAST / DODGE CHALLENGER

COAST / DODGE CHALLENGER SAVINI FORGED SV80-XTREME CONCAVE Savini-Forged-SV80D Savini-Forged-SV80XC
細身のシャープなスポークデザインは、コンケーヴを際立たせたリムエンドまでアピールしても、ディープリムを最大限際立たせるセットバックでオーダーしても、抜群のビジュアルでボトムスを演出してくれるSV80。スポークデザインのシャープさを際立たせるカラードも人気を博すが、コーストモータリングではグリーン系ボディに合わせてシックなブラックをチョイス。そこに同系色のTrue Spikeをコーディネートし、ブレーキキャリパーのイエローを差し色的に演出。まさに脇役を惹きたてる主役の代表例。

SAVINI FORGED SV83-XTREME CONCAVE
COAST / DODGE CHARGER

COAST / DODGE CHARGER SAVINI FORGED SV83-XTREME CONCAVE Savini-Forged-SV83D Savini-Forged-SV83XC
2種類のスポークデザインが絶妙にフュージョンしたかの様な独創的なリムデザインのSV83。デストロイヤーグレーのボディカラーをベースに難易度の高いカラーコーディネートに果敢に挑み、実現させたブラック×ゴールドのセクシーな色使いも特筆物。ワイドボディにディープリムが主流の昨今だからこそ、あえてフェンダーをストックしたままでどこまで個性的なボトムスを主張していくかを徹底する姿勢は、今後のホイールカスタムシーンにおける課題であり、その最先端の一つとしてこの絶妙な色使いも大きな影響を与えていきそうな気配。


サヴィーニ【SAVINI】

所在地:〒421-1214 静岡県静岡市葵区建穂1丁目2-10
TEL:054-277-0551
URL:http://saviniwheels.jp


PHOTO&TEXT ★石井秋良
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×