【ワークエモーションCR 3P】カスタムの求道者なら3 ピース以外の選択肢はない!

ホイール

WORK

ラグジ

エッジカスタムズ S-LINE

アメマガ2020年3月号

エッジカスタムズ

チャレンジャー

岐阜県

ワークエモーション

THE BOTTOMS

WORK EMOTION CR 3P
EDGE CUSTOMS CHALLENGER S-LINE

THE BOTTOMS


WORK EMOTION CR 3P × EDGE CUSTOMS CHALLENGER S-LINE

終ること無き挑戦と共にもっと自由に、さらなる高みへ

エアサスやオーバーフェンダーなど、ハイエンドなカスタムを追求すると、どうしてもタイヤ&ホールの選択という壁に突き当たる。それを乗り越えるには、3ピースホイール以外の選択はあり得ない。 2020年の東京オートサロンにラグジが出展した、チャレンジャーS。世界的にその名を轟かせるラグジの、言わば集大成と言うべきスタイルで、最大のポイントはやはり独創的な形状のオーバーフェンダーに尽きると言えよう。

 

だが、ここまでのスタイリングを追求するとなると、問題となるのがタイヤやホイールの選択。ノーマルボディに適合するサイズにスペーサーを組み合わすなど、ラグジの哲学がそれを許すはずがない。そこでチョイスしたのが、2019年の東京オートサロンで日本デビューを果たした、WORK・エモーションCR3Pだ。

 

その名前から想像できるように、3ピース構造を採用しており、様々なカスタムが施されたクルマにセミオーダーメイドというべきベストなマッチングを実現。ホイールの深さが際立つコンケーブデザインを追求しており、そのしなやかな曲線がボディラインの造形と見事なハーモニーを奏でている。もちろん軽さと強靭さを兼ね備えた鋳造ディスクを組み合わせているので、スタイルだけでなく性能面も重視しているのは言うまでもない。

WORK EMOTION CR 3P × EDGE CUSTOMS CHALLENGER S-LINE

サイズバリエーションは18インチから21インチで、基本的なカラーはバーニングシルバー/マットカーボン/ブラックの3色。ピアスボルトはクローム/ゴールド/ブラックを設定しており、好みの組み合わせが可能。もちろん今回のように、スペシャルオーダーにも対応しているので、まさに自分だけのカラーやサイズをオーダー可能。究極のカスタムを実現するには、必要不可欠なアイテムだ。

WORK EMOTION CR 3P WORK EMOTION CR 3P WORK EMOTION CR 3P WORK EMOTION CR 3P

今回ラグジのために用意されたCR3Pは、グロスブラックのリムにキャンディレッドのディスク、ピアスボルトはブラックで、黒×赤の「ど真ん中ストレート」な組み合わせは、ボディカラーとのマッチングも完璧。細く伸びたスポークが軽快さを生み出しつつ、ピアスボルトが相反する力強さや逞しさもアピール。一言では言い表せない複雑な味わいを感じさせる。リム部分には、レーザーカットでEDGE デザインのロゴがあしらわれる。 ※装着のセンターキャップはWORK EMOTIONオプション品ではありません。センターキャップについてはお問合せください。

装着ホイール:WORK EMOTION CR 3P
装着ホイールカラー:キャンディレッド×グロスブラックリム
マッチングサイズ(F):20×11.0J インセット74/5H-115
マッチングサイズ(F):20×12.5J インセット93/5H-115
マッチングタイヤ:NITTO INVO(F:285/30ZR20 R:345/25ZR20)


_N6I8697 _N6I8713 _N6I8736 _N6I8777 _N6I8875 _N6I8796

オートサロン2020出展前に撮影を敢行したため、出展ver.とは若干仕様が異なる。リップスポイラーやサイドステップはオーバーフェンダーとのマッチングを優先し独自のラインを形成。ボンネットにはグラインダータトゥが施され、妖艶な雰囲気が、より一層際立たされている。

_N6I8767

ノーマルのSRTと比較するとフロントは80mm/リアは120mmも拡大されており、もはやチャレンジャーSという別のクルマへ進化している。2つの円を組みわせた、非常に複雑なデザインを採用。エレガントかつスポーティなオーラを纏う。


WORK【株式会社ワーク】

所在地:〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
URL:https://www.work-wheels.co.jp


PRODUCED by LUXZ

所在地:〒500-8228 岐阜県岐阜市長森本町2-1-4
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp


PHOTO ★浅井岳男
TEXT ★空野稜
アメ車マガジン 2020年 3月号掲載


最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】