静岡県掛川市に“リアルアメリカ”を感じる3店舗が並ぶ日本初の複合施設KUV

ガレージ

RAINBOW LINE ANTIQUES

KAKEGAWA USA VILLAGE

OLD MAX'S

アメ車と一緒に素敵なアメリカンライフ

MAX'S DINER

KUV

静岡県

アメマガ2020年5月号

RAINBOW LINE ANTIQUES
OLD MAX'S
MAX'S DINER

これが俺たちのAmerican Life アメ車と一緒に素敵なアメリカンライフ


RAINBOW LINE ANTIQUES / OLD MAX'S / MAX'S DINER

アメ車・ハーレー・アメリカ好きが集まる村を創る!30年前に思い描いた夢を実現

アメリカンダイナーで食事して、アンティークなガレージグッズを買って、超激レアなオールドハーレー& HOT RODモデルを見られる。そんなアメリカンライフ満喫デートが、1箇所で済んでしまう夢の施設「KUV」が2019年12月にオープン。これは間違いなく、アメ車オーナー必見のスポットだ!

大好きなものだけを扱う全てをカタチにしたエリア

東名高速道路・掛川インターチェンジからクルマで約10分。ここに2019年12月にオープンした「KUV(掛川・USA・ヴィレッジ)」がある。アメリカンダイナーの「マックスダイナー」、ガレージ什器(じゅうき)アンティークショップの「レインボーラインアンティークス」、オールドハーレー&HOT ROD販売・修理ショップの「オールドマックス」という、アメリカを存分に感じられるショップ達が、同じ敷地内に併設されているのがKUVだ。

194A0121 OLD MAX'S194A0303

KUVは、代表である村松さんが30年ほど前に思い描いたアメリカ文化を集約した「施設=村」を実現させたもので、ベースにあるのは60~70年代のアメリカの風景。30年も前から何度も本国を訪れていた村松さんは、古き良き時代のハーレーやHOT ROD、味わい深いガレージ什器に魅了され、過去にはアメ車ショップも立ち上げた。しかし本当にやりたいことはクルマ専門ショップではなく、大好きなハーレーも、そしてガレージ什器も扱うこと。いっそのこと、それらを扱う専門ショップの複合施設があれば面白いなぁ、そのときはダイナーも併設して…。そんな夢を思い描いて数十年。


その夢を実現したのがKUVである。多くの人が集まれるように60台の駐車場も備え、ツーリングやイベント開催も随時募集中。今後は施設裏側にBBQも可能なウッドデッキを設置する予定で、食のイベントも検討しているとか。 アメ車好き、アメリカ好きが集う夢の村「KUV」は、まさにアメリカンライフの理想郷だ。

RAINBOW LINE ANTIQUES【レインボーラインアンティークス】

194A0014 194A0018 194A0016 194A0043 194A0051 194A0061 194A0068

アンティークのガレージ什器やオールドハーレー、1931年フォード・モデルAロードスターといった希少な車両までもが並ぶレインボーラインアンティークス。モデルAを含む店内に飾られているアイテムのほとんどが販売商品だ。ガレージ什器は、車両仕入れでほぼ毎月訪れるアメリカで購入したもの。状態の良いHOT RODやハーレーはカリフォルニア州では少ないため、全米各地をツアーしながら買い付け、各地のフリーマーケットや個人のガレージから買い付けているとか。2階建ての店内には、それらのアイテムが所狭しと並んでいる。もちろん一品物なので、気になったら即買いが必須だ。

194A0342 194A0193 194A0192 194A0195

敷地内にある車両展示エリアには、1948年シボレー・サバーバン・パネルバン、1963年ダッジ・D100ピックアップトラック、1958年フォード・F100ピックアップトラックといったモデルが並ぶ。すべて販売車両で、ボディはヤれた状態を残し機関系はしっかり手が加えられている。一発始動!

OLD MAX'S【オールドマックス】 オールドハーレー& HOT RODメインだが一般アメ車の整備も対応

OLD MAX'S 194A0166

ヴィンテージハーレー&HOT RODの販売・修理を行なうオールドマックス。ファクトリー内には、ハーレー好きならヨダレが出る歴代のエンジンヘッドが並ぶ。一般的なアメ車の整備も受け付けていおり、3大メーカーテスター完備、認証工場指定設備完備と、万全な体制だ。

194A0218

KUV代表 村松さん KUV代表であり村長(?)である村松さん。HOT ROD業界ではその名は広く知られている、生粋のアメリカ通。


KUV【KAKEGAWA USA VILLAGE】 敷地内駐車場60台完備イベント開催も可能だ!

■MAX'S DINER【マックスダイナー】アメリカンダイナー

静岡県掛川市領家529-1
TEL:0537-64-6003

MAX'S DINER【マックスダイナー】


■RAINBOW LINE ANTIQUES【レインボーラインアンティークス】 ガレージ什器アンティークショールーム

静岡県掛川市領家528-1
TEL:0537-64-6002
営業時間:10:00 ~19:00(土日祝20:00)
定休日:木曜日

RAINBOW LINE ANTIQUES【レインボーラインアンティークス】


■OLD MAX'S【オールドマックス】
HOT ROD&ハーレー販売・修理

静岡県掛川市領家525-1
TEL:0537-64-6000

OLD MAX'S【オールドマックス】


Photo:古閑章郎
Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2020年 5月号掲載

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。