JLラングラーの走行性能を損なわない総合的なスタイルアップ【エルフォード】

SUV

ジープ

ラングラー

JLラングラー

AWESOME JEEP

埼玉県

ラングラーアンリミテッド

アメマガ2020年7月号

エルフォード

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED

AWESOME JEEP 4WDの原点として存在し頂点としての実力を融合する「ジープ」


JEEP JL WRANGLER UNLIMITED ELFORD-OFFROAD

スタイルはアグレッシブにハイセンスに車重は軽く

ワイルドでアグレッシブなスタイルは好きだが、ハードなオフロード走行はしない…。TJ以前のジープ乗りには信じられないかも知れないが、JK&JLオーナーのほとんどがそうだろう。そんなイマドキのアーバンオフローダーをターゲットにしたオリジナルパーツが、エルフォードから続々発売中だ。

走行性能を損なわない総合的なスタイルアップ

エアロパーツやボディパーツといった、ハイクオリティなFRP製品をリリースし続ける「エルフォード」。これまでは国産4WDをメインターゲットにしていたが、JLラングラーの登場に合わせてオリジナルパーツのリリースを遂に開始した。

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED

これまでにエルフォードでは、25mmワイドフェンダーや車検適合マフラーを発売。いずれも好調な売れ行きとなっており、それに続くアイテムとしてリアスムージングパネル、サイドステップ、さらにルーフマーカーといったパーツが続々と登場。サイドステップは極太のチューブを採用し、JLの逞しい雰囲気を更に強調。もちろんスタイルだけでなく、後席へのアクセスを考慮しており、ステップの後方を下げることでファミリーユーザーの使い勝手も重視している。またルーフマーカーは、アメリカンな雰囲気を強調しつつスリムなデザインを採用。JEEPのカスタムによく見られるLEDライトバーを追加しても、干渉しないようになっている。 他にもデモカーにはエクストリームフロントバンパーやエアロボンネットの試作品を装着しているが、これらはよりスタイリッシュにアレンジされる予定。


ジャパンクオリティと、日本の保安基準に準拠した形状。更にはユーザーに配慮した機能と、まさに三拍子揃った内容。日本でカスタムJEEPを乗るにはマストアイテムだと言えるだろう。

_N6I4355

スチールバンパーのワイルドさを演出するが、実は素材はFRPで軽さも重視。デモカーにはルビコン純正フックを装着。

_N6I4463

ハマーを彷彿とさせる、コンパクトなルーフマーカーをAピラー上にセット。スリムなデザインだが、存在感は抜群。ライトバーやルーフラックと干渉しないサイズもGOOD。

_N6I4362

太いパイプを採用し、ワイルドさを高めてくれるチューブステップ。リフトアップ車には欠かせないアイテムで、リアドア部分を低くすることで女性や子供の乗降性を向上。横方向へのスライド機構を備えており、前後別々に調整できるので、ボディに並行にしたり前側だけ狭めたり、任意の位置にセット可能だ。

_N6I4522

デモカーのリヤバンパーは、US仕様に変更。国内仕様で標準装備されるリヤフォグが使えなくなるので、バンパー中央に配線を追加。

_N6I4624

スタイリングだけでなく、軽さも考慮したFRP製のボンネットも発売予定。日本仕様とは異なり、US仕様のボンネット形状に準拠。非常に荒々しい雰囲気を醸し出す。

_N6I4396

35インチタイヤに変更し、エルフォードのブラッドストック1ピース(8J×17 +35)を組み合わせる。タイヤサイズが豊富な17インチはこの1ピースのみ設定しており、JEEP用のカラーはマットブラックのみとなる。

_N6I4382_N6I4496

オリジナルのコイルスプリングを装着し、前後とも30mmのリフトアップを実施。車高をアップする事で、ノーマルよりも2サイズ大きなタイヤサイズをチョイスすることが可能。デモカーは35インチのKM3をセットする。

_N6I4429

純正フェンダーに追加する25mmワイドなオーバーフェンダーを追加。ロービームの移設が不要なギリギリのサイズがポイント。

_N6I4527

背面タイヤをレスにし、FRP製のスムージングパネルを装着。純正のハイマウントブレーキランプがなくなるので、リヤウインドウに新たにブレーキランプを設置。保安基準を満たすのはもちろんのことだが、JEEPの使い方を考え防水、防塵性にも配慮している。

_N6I4513

スクエアな形状がさり気なく存在感を演出するタイプX マフラー。保安基準に適合しており、日本仕様/US純正バンパーのどちらにも対応する。

_N6I4642

シフトレバー&トランスファレバーは、エルフォードのガングリップタイプに変更。クロームの加飾がインパネとマッチする。

_N6I4648

キズや汚れ、更にはファッション性も考慮して、レザー製のスマートキーケースも発売中。グリルをイメージしたエンボスや、カモフラ柄がJEEPの世界観と見事にマッチする。


PARTS LIST

エクストリームフロントバンパー オーバーフェンダー(25mm) チューブステップ リアスムージングパネル ビレットシフターセット 30mmアップコイル ルーフマーカーランプ マフラー タイプX スマートキーケース BFグッドリッチ KM3(35×12. 5R17) ブラッドストック1ピース(8.0J×17、+35)

Special Thanks:ELFORD【エルフォード】

TEL:048-966-3551
URL:http://www.meiwa-net.com
Photo:浅井岳男
Text:空野 稜
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載

最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger