ワーク CRAG T-GRABICをジープに、機能×美の融合により誕生した独創的なホイール。

SUV

ジープ

アメマガ2020年7月号

ラングラー

WORK

ラングラーアンリミテッド

JEEP WHEELS

JEEP

ラフカントリー

AWESOME JEEP

WORK CRAG T-GRABIC

JLラングラー

WORK CRAG T-GRABIC

AWESOME JEEP 4WDの原点として存在し頂点としての実力を融合する「ジープ」


WORK CRAG T-GRABIC

アンリミテッドの快適性をスポイルすることなく頑強さを強調!

スポーティな車両のカスタムシーンに欠かせないホイールを数多く手掛けるWORKだが、本格的な4WD車向けにもラインナップを展開しており、ここに紹介するJLラングラー・アンリミテッドに合わせたCRAG T‐GRABIC(クラッグ ティーグラビック)などは、その代表モデルの1つである。

 

CRAG T‐GRABICは、Baja1000やアジアXCラリーなど、モータースポーツから得られた革新的な技術と、シティーユースを華麗に彩るデザインの妙が見事に融合した逸品。頼もしい性能とコンペティションシーンを彷彿させるデザインで他の追随を許さない。

WORK CRAG T-GRABIC、マットカーボンカットリム(MGMRC)

それゆえ、ラングラーなどオフロードを積極的に走るような車両と非常に良いマッチングを示すのだが、実は街乗りをメインとするスタイルとも実に見事なフィッティングを楽しませてくれる。ホイールリムは流行のビードロック風とし、ディスク面には中心部分と外側部分でホール数の異なる「ダブルギアスポークデザイン」を取り入れた。この立体的かつ独創的なデザインには、走りをしっかりアシストする機能が盛り込まれている。タイヤと接する部分は極力膨らみを抑え小石などが挟まりにくく、また、タイヤのサイドウォールを保護する効果がある。ダブルギアスポークデザインには、鍛造となんら遜色のない高い強度を持たせている。

 

ドレスアップ効果が高く、ラングラーの激しい走りに対しても、それをしっかり担保できる十分な機能で応えるCRAG T‐GRABICは、数あるホイールのなかでも希有な存在なのである。

WORK CRAG T-GRABIC、マットカーボンカットリム(MGMRC)WORK CRAG T-GRABIC、マットカーボンカットリム(MGMRC)WORK CRAG T-GRABIC、マットカーボンカットリム(MGMRC)

ディスク面はイン側とアウト側開口部数を変え、二重に重なる歯車のような独創的なデザインとなる「ダブルギアスポークデザイン」を採用。リムには、フランジピアスボルトとビードロックリングをデザインするとともに、センター部はディープコーン化して軽量化と立体的な造形美の演出効果に貢献。なお、前後共に8㎜ワイドのホイールスペーサーを使用する。

MODIFY POINT

ベース車両は国内仕様のサハラ。フロントバンパーをUSモデルのルビコン用に変更し、ラフカントリーのサスペンションキットで4インチのリフトアップを実施。マフラーはワーコーポレーションのCROSSで、サイドステップはスミッティビルドをチョイス。ノーマルのフリーダムトップも開閉可能だが、遥かに簡単なBESTOPのSUNRIDERに変更。MOPER純正部品でハイマウントブレーキランプを上に移設。目玉部分にLED を追加する。

WORK CRAG T-GRABIC、JLラングラーアンリミテッド _N6I0635_N6I0897 _N6I0812_N6I0779 _N6I0762_N6I0912 _N6I0676_N6I0654

撮影車両協力:CAR SHOP NEXT(TEL:0743-64-4008) 装着カラー:マットカーボンカットリム マッチングサイズ:17×7.0J インセット+38/5H-127 マッチングタイヤ:YOKOHAMA ジオランダーM/T(35×12.50R17LT)


SPECIFICATIONS
WORK CRAG T-GRABIC

SIZE:17×7WORKINSET:38 HOLE-P.C.D:5H-127 ■カラー:マットカーボンカットリム(MGMRC)アッシュドチタンカットリム(AHGRC) ■構造:鋳造1ピース ■規格:JWL-P(800KG)、JWL-T(955KG) ■付属品:センターキャップ、エアバルブ

WORK CRAG T-GRABIC、マットカーボンカットリム(MGMRC)
マットカーボンカットリム(MGMRC)

WORK CRAG T-GRABIC、アッシュドチタンカットリム(AHGRC)
アッシュドチタンカットリム(AHGRC)


WORK【ワーク】

所在地:〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
URL:https://www.work-wheels.co.jp
★ Photo:浅井岳男
★ Text:空野稜、清野央
アメ車マガジン 2020年 7月号掲載

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]