-フリースタイルで行こう- #09 オリジナルアウトローレーサー:ビッグレッド

コラム

アメマガ2021年1月号

フリースタイルで行こう

#09 オリジナルアウトローレーサー:ビッグレッド

-フリースタイルで行こう-


-フリースタイルで行こう-
#09 オリジナルアウトローレーサー:ビッグレッド

プロツーリングのアイコンであり、総合的に高い運動性能を持つ最速&最強のアウトローロードレーサーである伝説的なカマロのダイキャストモデルがリリースされた。ありとあらゆる走行イベントやレースに参戦し、実際のポテンシャルの高さを、四半世紀にわたって証明し続けているカリスマカーに迫ることにしよう!

アメ車のポテンシャル&素質の高さを証明する個体として世界中のアメ車ファンから支持されているビッグレッド

ホットロッド やマッスルカーのファンであれば、まず知っているであろう有名車、「ビッグレッド」の1/18スケールのダイキャストモデルがリリースされました! アメリカではかなり広い範囲で知られている伝説的な個体なのです。「プロツーリング」のアイコンであり、総合的に高い運動性能を持つ最速&最強のアウトローロードレーサー! ありとあらゆる走行イベントやレースに参戦し、実際のポテンシャルの高さを、四半世紀にわたって証明し続けているのです。

IMG_7176

D・ゴットリーブと息子のRJによって1987年に構築。ストックカーの手法を用いて、チューブフレームを導入しながらも、ボディは全てスチール製の69年型カマロのストック状態を保持しているのがポイント!それまでのマッスルカーにおけるモディファイといえば、ドラッグレースがメインだったため、NHRAにおけるストックボディ車最強である、プロストックをストリートカーに落とし込んだ「プロストリート」がとにかく人気。

 

マッスルカーというネーミングに現れているように、総合的な運動性能よりも、一直線での短距離でのタイム(速さ)に特化した、マッシブなパワーとF:スキニー&R:ファットなタイヤの組み合わせが特徴。そんな中で「ビッグレッド」は、4輪ともにワイドトレッドなタイヤのセットアップ、大系ローターのハイパワーブレーキ、そして、BBS製のホイールを装着したロードレース的アプローチが特徴。

 

1990年のロード&トラック誌が企画したスピードチャレンジでは、ツインターボのテスタロッサやACコブラなどのスーパーマシンたちを打ち負かして時速203マイル(326km/h)の最高速をマーク。クラッシックな箱型クーペのスチールボディ車にして、有数のスーパーカーを凌ぐ速さのストリートカーとして、一気に有名車となったのでした。

 

そうしたGTカー的なアプローチから、プロストリートに対して、プロツーリングという新たなスタイルが確立。以降「ビッグレッド」のフォロワー的なプロツーリングがマッスルカーにおけるメインストリームとなった次第。ビッグレッドを知った90年代初頭の時点では、クラッシックなアメ車にBBSホイールの装着が新鮮!という程度の印象でしたが、その目的と実際の実力を知れば知るほど、好みを超越してリスペクトなのです!69年型カマロのカッコ良さや、クラッシックなアメ車のポテンシャル&素質の高さを証明する個体として、世界中のアメ車ファンから支持されているのです。この個体の存在を知らない方は、ネット上の動画なをチェックするべきですよ!

OIPG8QP4EZOOIPMAGW8Y4C

ストリートカーの頂点として世界的に有名な個体。ネバダ州の318号線の140kmの距離で行なわれる公道レースでは、ストックのスチールボディ車ながら、平均速度199mph(320km/h) で走破!!ボンネビルソルトフラッツでのスピードトライアルでは、なんと258.6mph(415km/h) をマーク!!!そのほか、ヒルクライムなど、様々なロードレースに参戦。アクシデントで炎上したこともあったが、約30年に渡って活動し続けている点でもリスペクトなのです!

1/18 scale gmp:BIG RED 1969 CHEVROLET CAMARO

IMG_7156 IMG_7122 IMG_7158 IMG_7161 IMG_7166IMG_7172IMG_7171 IMG_7163IMG_7164IMG_7169

かつてハイクオリティダイキャストモデルをリリースしていたgmp 社だが、現在はグリーンライト社の一ブランドとして展開。そのgmpから世界限定1050個でリリースされたビッグレッド:1969カマロ。ダイキャストモデルならではの重厚感と重量感を持ち、誰が見てもカッコイイと思えるハイディテール。伝説的マシンの細部まで再現された超オススメモデルだ。価格は2万円前後と高額だが、その価値は十分にあるぞ!

www.greenlightcollectibles.com

★石橋秀樹 アメリカンホビーショップ「ホットワイヤー」の店主であり、フリーペーパー「イグナイト」の編集人、そしてアメ車マガジンでもライターを行なうなど、アメリカンカルチャーに関する偉人(変人)である。人生は肩ひじはらずに「フリースタイル」なのが信条。

アメ車マガジン 2021年 1月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。