-フリースタイルで行こう- #30 ケバさ漂う70's アメリカンのアイコン

コラム

アメマガ2022年12月号

フリースタイルで行こう

#30 ケバさ漂う70's アメリカンのアイコン

-フリースタイルで行こう-


-フリースタイルで行こう-
#30 ケバさ漂う70's アメリカンのアイコン

ブラックボディにゴールドの火の鳥をあしらったカラースキムは、ラグジュアリーにして「ケバさ」が漂う70'sアメリカンのアイコン。今回はポンティアック・ファイヤーバードに代表されるフードデカール車をフィーチャーするぞ!

ブラックのボディにデカデカとあしらわれたゴールドの火の鳥、グラフィックのインパクトの高いビジュアルがアメリカらしい

往年のアメ車の魅力というと、何はなくとも大排気量V8エンジンによるパフォーマンス。メジャーで平均的な中型車に搭載したマッスルパッケージは、同時期のヨーロッパ製のスーパーカーよりもパワフルにも関わらず、価格帯にしろメンテナンス面でもフレンドリーなのがアメリカ的で最高。しかしながら、排気ガス規制の制定によって、70年型を頂点に衰退してしまったのでした…。

 

そんなわけで、マッスル系統のモデル達は、それまでのハイパフォーマンスからラグジュアリー指向にシフトチェンジ。クルマとしての基本的な部分はそのままで、エンジン出力が低下しただけでは全く魅力が無いので、快適装備を充実させながら、内外装で分かりやすくアピールするあたりがまたアメリカ的で愛せます。

 

その代表的な存在なのが、お馴染みの「ファイヤーバード」。カマロの兄弟車としてポンティアックを代表する人気モデル。最上級版のTrans-Amはとりわけ人気が高く、特に日本国内ではファイヤーバードのグレードとしてではなく〝トランザム〟がモデル名だと思っている人もいるほど象徴的な存在。

 

その人気のきっかっけとなっているのは、パフォーマンスありきの初代よりも、『トランザム7000(Smokey and the Bandit)』の劇中車として登場する角形4灯式が採用された1977年型のトランザム。何はなくともブラックのボディにデカデカとあしらわれたゴールドの火の鳥グラフィックによるインパクトの高いビジュアルがポイント。当時としてはメチャクチャにイケてるアメリカンなトレンドとなったのでした。

 

ファイヤーバードを象徴するその黒/金のカラースキム自体は、第二世代初期の時点で採用されていたものの、マイナーチェンジを受けた77年型の方が、そのスタイリングとマッチして素敵です。

 

それと同時に、当時のモーター系トレンドにおいて黒ベースに金のカラースキムや、フードにファイヤーバード風のグラフィックというスタイルが一大トレンドとなっていました。

 

同じGMの78年型エルカミーノの〝Black Night〟は完全にトランザムのパクリといったデザインだったり、他社ではマスタングⅡの〝King Cobra〟、ジープではCJ-7やチェロキーにおける〝Golden Eagle〟をはじめ、とにかく同等のカラースキムが日本車、ヨーロッパ車、レースカーからカスタムカー、それに連動したモデルカーやダイキャストまで、一般的に浸透するほどの大人気でした。

 

歴代ファイヤーバードにおいて自分のファイバリットは74年型なのですが、純正の黒/金カラースキムという点では79年型が好み。当時10代だった自分としては、おっかないお兄さんが好むスタイルというイメージでしたが、時代を反映するトレンドの一つとして今こそ魅力を感じてしまいます!

 

とはいえ、現在ではワールドワイドなコレクタブルカーで手が届かないので、デスクトップで楽しんでいる感じ♪

ファイヤーバードがつくったフードデカールのトレンドにマスタングやジープもパクった?!

1/18 GREENLiGHT
1978 FORD MUSTANG Ⅱ KING COBRA

パワーダウンを余儀なくされた第二世代マスタング。パフォーマンスが下がった分、見た目のインパクト増を目指して登場した「キングコブラ」。グリーンライト社が1/18スケールダイキャストとしてモデル化。各部開閉機構あり。

1/18 MODEL CAR GROUP
1978 Jeep CJ-7

70年代になるとジープも派手なアピアランスとしたグレードが目立つようになった。こちらのゴールデンイーグルをはじめ、ラレードやレネゲードなど、それぞれに個性的なディテールとなっていた。1/18スケールダイキャストでは、ドイツのメーカーのMCG(モデルカーグループ)がゴールデンイーグルをはじめ3つのグレードのCJ-7をリリース。開閉ギミックはオミットされているが、リーズナブルプライスが魅力。

1/18 ERTL
1973 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM

往年のアーテルが展開していたアメリカンマッスルシリーズの73年型トランザム。こちらは通常仕様とは異なり「カスタムエディション」としてブラックボディにゴールドデカール&ホイールとなっている。カラーもイカすが、車高スタンスなどもナイスなダイヤストだ。

1/18 ROAD Signature
1979 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM

こちらは香港のヤトミン社がロードシグネチャーブランドからリリースしたビッグマスクの79年型トランザム。ボンネットおよび左右ドアは開閉するが、なぜかトランクは開閉しない…。ディテールは何だかおしい感じなのだが、雰囲気を楽しみたいかな。

1/18 Smokey and the Bandit 1 & 2

映画「トランザム7000」の劇中車。手前は1作目のイーグルマスクでアーテル製。奥はグリーンライト製の2作目のビッグマスク。どちらもファン垂涎のマストアイテムだぞ!

1/18 ACME
1967 PONTIAC FIREBIRD

初代ファイヤーバードには69年になるまでトランザムグレードは存在せず、トランザムスペシャルカラーは本来存在していない。こちらのACME製ダイヤストは、1stファイヤーバードロゴを使用しブラック&ゴールドで「バンディット」をオマージュした仕様なのだ。

1/18 auto world
1977 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM

もっともブラック&ゴールドが似合うイーグルマスクのトランザム。アーテルが以前モデル化したものをオートワールドがリファインしてリリースしたダイキャストモデル。ブラックボディに対してタンのインテリアがいかにもアメ車的なグッドなのです。

1/18 GREENLiGHT
1988 PONTIAC FIREBIRD TRANS AM GTA

グリーンライトからリリースされた3rdジェネレーション88年型トランザムGTA。2ndファイヤーバードのフードデカールをあしらった特別仕様。これはなかなか入手困難!


★石橋秀樹:アメリカンホビーショップ「ホットワイヤー」の店主であり、フリーペーパー「イグナイト」の編集人、そしてアメ車マガジンでもライターを行なうなど、アメカルに関する偉人(変人)である。人生は肩ひじはらずに「フリースタイル」なのが信条。


アメ車マガジン 2022年12月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]