トレイルボス×Z71のコンビネーション 最強のオフロードマシンをチョイス!

ピックアップトラック

シボレー

トレイルボス

シボレー名岐

ウイングオート

シルバラードLT

シルバラード

アメマガ2021年3月号

AMERICAN PICKUP TRUCK with JET SKI RIDER
2019 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS Z71


2019 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS Z71

ジェット最優先のライフスタイルなのでピックアップ以外の選択肢はないですね!

建設関係の会社を経営しつつ、ジェットスキープロライダーとして活躍する船戸さん。「ジェットの大会に参戦するために仕事を頑張れる!」と豪語するが、船戸さんの活躍に欠かせないのが、マシンをトランポするピックアップトラック。まさに「No Pick UP No LIFE!」を地でいくそのライフスタイルを、ご紹介しよう!

2019 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS Z71

25歳の頃に友人に誘われてジェットスキーを始めた船戸さん。単なるレジャーではなくレースに参加していたこともあって、船戸さんものめり込み様々な大会に参加。着実にレベルアップを果たし、今ではプロライダーとしても活躍中で、2019年には毎年年末にタイ・パタヤで開催されるジェットスキーのワールドカップにも出場。速さを競うプロ・ランナバウトGPに参戦し、その腕前はまさにワールドクラスだ。

2019 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS Z71

そんな船戸さんのジェットスキーライフを支える相棒は、やはりピックアップトラック。ジェットスキーをトランポするために必要不可欠なクルマと言えるだろう。最初に選んだ愛車はアバランチで、次にタンドラをチョイス。車検のタイミングと友人から譲って欲しいと言われるが「ピックアップがなくちゃジェットに出かけられない!」と言うことで、新たなクルマを探すことになったそうだ。実は船戸さんとウイングオートの中野氏は高校時代からの友人であり、常日頃からクルマの良きアドバイザーとして頼りにしている関係なので、今回も迷うことなく相談。すると中野氏は「こんなのがあるよ?」と提案してくれたのが、シルバラード・LTトレイルボスZ71だ。


実はシルバラードを最初から指名した訳ではなく、船戸さんがウイングオートを訪れた際に、たまたまワインレッドのシルバラードが入庫。それを見た瞬間「俺もこれがイイ!」と即決!アメリカから取り寄せてもらうことになったが、黒/白/シルバーはありきたりなので、人とは違う色でRed Hotを選んだそうだ。

2019 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS Z71

ご存知の方も多いと思うが、ジェットスキーを降ろす際に、車高が低いとクルマが水没してしまうことがある。そこでノーマルの状態でリフトアップされているオフロード向けのグレード「トレイルボス」をチョイス。ほかのグレードはボディ同色バンパーとなるが、トレイルボスはバンパーとグリルがすべてブラックアウトされているのが外観上の特徴。これにランチョのショックやリアのLSD、ヒルディセントコントロール、赤い牽引フックといったオフロードシーンで頼もしいZ71パッケージも追加しており、まさにシルバラードの中で最強のオフロードモデルと言っても過言ではない。


ちなみにトーイングが当たり前なアメリカンピックアップには、電磁ブレーキやトーイングヒッチはもちろん標準装備。バックカメラにはクローズアップ機能やトレーラーの進む軌跡を表示できるようになっており、一昔前よりも遥かに扱いやすくなっているのがポイント。今後の予定としては、ジェットスキー用のカスタマイズパーツを製作するクレージーハウスに、シルバラードのオーバーフェンダーを依頼しようと計画中とのこと。今でも十分個性的だが、今以上にオリジナルなスタイルへと進化を遂げる予定だそうだ。

_N6I0279 _N6I0149_N6I0181

エクステリアはシボレーの純正オプションを装備。金属製のステップ兼サイドシルガードも、Z71パッケージに含まれる。スポーツバーはウェットスーツなどを干すことも可能なので、中野氏から「便利だし、カッコいいから付いてて損はないよ!」と提案されたもの。

_N6I0356 _N6I0337_N6I0481 _N6I0324

トレイルボスを選択すると、ノーマルより約1.5インチリフトアップ。これにZ71を加えると、ランチョのショックやグッドイヤーのデュラトラック(275/65R18)などの装備が追加され、パフォーマンスを引き出す。ラゲッジは汚れを気にせずガシガシ使い倒している。

_N6I0270_N6I0259

エンジンは5.3LのV8ガソリンを搭載。Z71の装備に含まれるが、オフロードなどで砂埃などをしっかり取り除く高効率のエアフィルターが標準装備される。一般的なエアクリーナーケースは中が見えないが、敢えてクリアとすることで、さりげなくハイパフォーマンスをアピールしている。

_N6I0241 _N6I0245 _N6I0254 _N6I0341

大型のセンターコンソールが設けられ、乗車定員は5名。トーイングシステムが標準装備されており、本文でも述べたがカメラには拡大機能も備わるので、トレーラーを繋ぐ際に有用と言える。

繧「繝。繝ェ繧ォ霈ク蜃コ譎・IMG-9179

日本に正規輸入されていないが、アメリカ本国には魅力的なクルマが数多く発売されている。今回のシルバラードのように、ウイングオートでは車両探しから輸入、さらには国内で登録できるように改善も実施可能なので、個性的なアメ車が欲しい人は一度相談してみよう。

SEA-DOO FUNATO SPECIAL

SEA-DOOのTシリーズをベースにしているが、ハル(船体)などはカーボン製でフルカスタムを施して230kgまで軽量化。搭載エンジンは1630ccのターボで、500psを発揮。最高速は140km/hにも達するそうだ。

_N6I0474


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)

TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 3月号掲載

関連記事

RELATED


伝統と革新を追求したオールニューの新型シルバラード

2020y CHEVROLET SILVERADO LT Trail Boss

愛車はカスタムトラックのシルバラード。「アイランドスタイルを極めたい」と、目を輝かせる。

アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!!

#アメ車女子のライフスタイル 06
ハワイに寄せていきたいアイランドスタイル

女心をつかむ大迫力!2018年シボレー・シルバラード1500ハイカントリーが持つ魅力をレビュー

2018年型シボレー・シルバラード1500ハイカントリーのレビューを紹介。伝統的なアメリカ車のスピリットと現代的な快適性が見事に融合した車両をピックアップ!大きなサイズにもかかわらず、印象的な走行性能とスムーズで快適な乗り心地や内装や先進的な安全装備についても解説。

2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country

試乗車で体験してほしい、アメ車は「意外と乗りやすい」

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール MANAMI
LINCOLN MARK LT

シンプルながらもワイルドなストリートリフトスタイルを具現化させたシルバラード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
CHEVROLET SILVERADO

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。