新車のV8タンドラに乗れる最後のチャンスかもしれない

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

タンドラ

フューエル・オフロード

アメマガ2021年11月号

今こそ乗りたい「逆輸入車」

オーバーフェンダー

ライオンハート

タンドラ1794エディション

愛知県

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

今こそ乗りたい「逆輸入車」-Now is the time to ride Reimport cars-


2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

かつて猫も杓子も逆輸入車を扱っていた時期があった。そういったブームに左右されず、アメ車はもちろん、USトヨタも扱うライオンハートは、その名の通りユーザーサイドに立った、フレンドリーなお店だ。

大排気量でしか味わえない独特のフィーリングがある

アメ車はもとより、USトヨタにもダウンサイジングの波は押し寄せている。ランクル200と共通のラダーフレームを採用するタンドラには、V8・5.7?のガソリンエンジンが搭載されているが、後継車のランクル300にV8が設定されないことから、次期タンドラにV8が設定される可能性は低いと考えるべきだろう。

 

そう考えると、にわかに脚光を浴びるのが、現行型のタンドラ。しかもライオンハートには、2021年モデルの1794エディションの新車を在庫しており、比較的ライトだがスタイリッシュにアレンジ済みだ。ライオンハートの小山内社長は「当社がタンドラを始めたのはやや後発ですが、約10年間のノウハウを積み重ねた結果がこのスタイルですね。

2021 TOYOTA TUNDRA 1794 Edition

やりすぎず、それでいて地味ではないスタイルで、ちょうど良いと皆さんに思ってもらえるスタイルだと思っています。また高年式の逆輸入車の場合、マフラーの交換をしにくいのですが、それもクリア。TRDのマフラーを装着したまま車検にも適合しています」と語る。

 

ただ新車を並べるだけでなく、誰もが気にいるパッケージモデルを販売するのがライオンハートの魅力。カスタム費用も車両と一括のローンとなっているのでリーズナブルなのも嬉しいポイント。もちろんここから更に好みのパーツを追加することも可能だ。 自動車の電動化が急速に進みつつある今、V8エンジンに乗れるラストチャンスを見逃すな!

_W9I4137 _W9I4210

もしかすると、トヨタ最後のV8となるかもしれない3UR 型V8・5.7Lガソリンエンジンを搭載。マフラーはTRDで、もちろん車検に適合。両側からマフラーエンドが見えるのが特徴的。

_W9I4239_W9I4053

クロームのサイドステップや、純正の折りたたみ式トノカバーも装備。乗降性や荷物の保護など、スタイルだけでなく使う人の立場に立った、機能性を重視したカスタムも施す。

_W9I4236 _W9I4129

片側約30mmワイドのオーバーフェンダーを追加し、モンスタタイヤのエクストリームマッド(35×12. 5R20)を装着。ホイールはFUEL OFFROADのMAVERICK D536をセット。ちなみにオーバーフェンダーの後端に膨らみを設け、スプラッシュガード的な役割も備えている。

_W9I4090

フロントにはコイルスペーサーを、リアにはブロックを追加し、約3インチのリフトアップを実施。これにより、ノーマルよりも大きなタイヤを装着可能としている。

_W9I4157 _W9I4163 _W9I4171 _W9I4250

トップグレードの1794エディションは、レザーとウッド調のインテリアが特徴。作業車的な雰囲気は微塵も感じられず、どちらかと言うと高級車に近い印象を受ける。6speedのフロアシフトを採用している関係で、フロントシートはセパレートタイプを採用。そのため、乗車定員は5名となっている。駆動方式は、ダイヤル切り替え式のパートタイム4WDとなる。


LION HEART【ライオンハート】

TEL:0586-67-1711
HP:https://www.lionheart2005.com/
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2021年 11月号掲載

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。