【フォードF150】圧倒的な人気を誇るラプタースタイル、マスクだけでなくボディもアレンジ!

ピックアップトラック

フォード

EXTREME AMERICAN

オフロード

ライオンハート

6インチリフトアップ

リフトアップ

ラフカントリ―

アメマガ2020年12月号

FUEL

F-150

愛知県

オーバーフェンダー

2008 FORD F150

EXTREME AMERICAN


2008 FORD F150

FORD自らが、オフロードを走るためにチューニングを施したラプター。そのスタイルに憧れるユーザーは多いが、ちょっと現実的ではない。そこでライオンハートでは、F150をベースにプレランナー仕様へとアレンジした、カスタムモデルを絶賛販売中だ。

まるでダートを疾走するレーシングマシンのよう

同じF150シリーズとは思えないほど、圧倒的にカッコいいラプター。スタイリングだけでなく、オフロード性能を徹底的に追求しており、ボディをワイド化する事で、スタンダードモデルをはるかに凌ぐサスペンションストローク量を確保しており、オフロードを走ってこそその真価を発揮できる。だが正直言ってラプターは、日本で乗るにはオーバースペックすぎる内容で、そのポテンシャルを発揮できるシチュエーションは、ほとんどないと言っていい。


そうは言ってもラプターの方が断然カッコいいのは誰もが認めるところ。また旧モデルになったとはいえ、まだまだ車両価格は高値をキープしている。そこで様々なアメ車をプロデュースするライオンハートでは、ラプターを彷彿とさせるオフロードスタイルにカスタムしたF150を提案中だ。

2008 FORD F150 2008 FORD F150

ベース車両は2WDのXLTで、フロントマスクをラプター仕様に変更。前後のフェンダーは丸ごとFRP製に交換し、ワイド化するだけでなく後付けのオーバーフェンダーを装着した様に見えるデザインを採用。ラフカントリーのキットで6インチリフトアップを行い、40インチという圧巻のタイヤサイズに変更し、バハを疾走するオフロードマシンと思えるような様相へと大胆なアレンジを実施。


他の誰ともカブらないクルマに乗りたいと多くのアメ車ユーザーは口をそろえるが、このF150ならそんな希望を叶える事が可能。このクルマを乗りこなすには、ドラテクよりも注目度に耐えられる、強いハートが必要かも知れない。

_N6I8221_N6I8234

フロントマスクはヘッドライトやグリルをラプター風に変更。バンパーはADD製で、オフロード色を強調する。フロントフェンダーはボンネット一体型になっており、まるでレースカーのカウルの様に上から被せる形状。

FRP製のアイテムは、全てリバティウォークのフルボディキットをチョイス。ラプターを彷彿とさせる形状を採用しつつ、細かなラインも作り込む。塗装で別パーツに見せるのもアリだ。

ホイールはFUEL・D608をチョイス ヨコハマジオランダーX-MT

ホイールはFUEL・D608をチョイス。タイヤはファッション性だけでなく高いグリップ能力も実現する、ヨコハマ・ジオランダーX-MT。40×13.5R17という、桁違いのサイズを装着する。

_N6I8298 _N6I8384

サスペンションは、ラフカントリーのキットを組み込み、6インチリフトアップ。フロントはメンバーダウンとコイルスペーサーを使用。リヤショックはラフカントリーのロングストロークをセット。


LION HEART【ライオンハート】

TEL:0586-67-1711
URL:https://www.lionheart2005.com
写真:浅井岳男
文:空野稜
アメ車マガジン 2020年 12月号掲載

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]