アゲてもサゲても似合うブリスターフェンダー

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

タンドラ CrewMax TRD OFFROAD

US TOYOTA US NISSAN TRUCK SUV

タンドラ

愛知県

ライオンハート

アメマガ2020年10月号

ハニーD

タンドラ CrewMax SR5

2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5
2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD

USフリークスたちがさらなる個性を求めて辿り着いた逆輸入トラック&SUV US TOYOTA / US NISSAN TRUCK & SUV


2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5
2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD

ダウンだけでなくアップも似合うHONEY Dの懐の広さ!

今でこそUSトヨタはごく当たり前の存在となったが、その存在を広く世に知らしめたショップの1つが、ライオンハートだ。今でも積極的に扱っており、ノーマルだけでなくカスタマイズも得意とする。

アゲてもサゲても似合うブリスターフェンダー

2015年のセマショーでお披露目された、HONEY Dのエアロパーツ。その存在を誇示するかのような、良い意味で後付け感丸出しのブリスターフェンダーは、片側だけで4インチワイド。元々巨大なタンドラではあるが、エアロパーツを追加した事で、全幅は圧巻の2.3m!となる。


本来はローダウンスタイル用のカスタマイズパーツとして企画されたアイテムではあるが、ライオンハートのユーザー層はダウンだけでなくリフトアップ派も数多く、それらのユーザーから「アゲのHONEY?Dが欲しい!」という要望が少なくない。そこで誕生したのがリフトアップ+HONEY Dという、本場アメリカでも見られない独特なスタイルが誕生したという訳だ。

2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5 / 2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD

ブラックの仕様は、これぞHONEY Dと呼ぶべきスタイルで、ビルシュタインショックなどに交換し、ローダウンも実施。対する白の仕様は実はノーマル車高で、スタビライザーをTRDの強化タイプに変更しており、スタイルだけでなく乗りやすさも配慮されていることが良くわかる。


既成概念に囚われず、独自のスタイルを作り上げるのは、ある意味カスタムの醍醐味でもある。ローダウンスタイルは確かに間違いのないスタイルだが、敢えてリフトアップをチョイスすることで、時代の先を行くのもアリだろう。


2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD

HONEY D×Lowdown 2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD ローダウン&ブリスターが魅せる大胆かつ圧倒的なボリューム感!

背の高いSUVやピックアップをローダウンすると、どうしても小さく見えてしまいがち。だが、その公式はHONEY Dには当てはまらない。

2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax TRD OFFROAD _N6I0588 _N6I0756 _N6I0634 _N6I0649

ノーマルでは前後のバンパーコーナーがメッキとなるが、これをボディとマッチペイントを実施。一体感を生み出すことで、スポーツトラック的な雰囲気を見事に引き出している。

_N6I0585_N6I0896

本文でも述べているが、ショックは前後共ビルシュタインに交換しており、併せてローダウンも実施。タイヤは35×12.5R20のMONSTA EXTREME MUDをチョイス。 ホイールはFUELのD538 MAVERICKを組み合わせ、クルマ全体でトータルコーディネイトを施し、バランス良くまとめている。


2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5

HONEY D×Lift up 2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5 リフトアップ+エアロパーツという今までにないスタイルを提案!

タンドラ用のオーバーフェンダーは各社からリリースされているが、いずれもオフロード色を強調したものばかり。そこでHONEY Dを組み合わせると、不思議なことに泥臭さは払拭されてドレッシーな雰囲気さえも漂ってくる。

2020 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5

車高はノーマルのままで、TRDの強化スタビライザーがさりげなく存在をアピール。

_N6I0826 _N6I0606 _N6I0611_N6I0696 _N6I0821

意外に思うかもしれないが、タイヤサイズはローダウン仕様と同じ35×12.5R20をセット。ホイールは同じくFUELで、骨太のスポークがワイルドさを演出するAVENGERをチョイス。 マッチペイントを各部に施し、フロントにはフロントスポイラーも追加。ノーマルののっぺりしたサイドにメリハリを与え、力強さも引き出してくれる。

_N6I0682 _N6I0686 _N6I0800

オーバーフェンダーは前後共4インチを装着。敢えてビス留めスタイルを採用する辺りは、日本車のカスタムにインスパイアされているのかも。オーバーフェンダーが追加されただけではあるが、サイドの印象が全く異なり、フロントマスクに負けない存在感を実現している。


Thanks:LION HEART【ライオンハート】

TEL:0586-67-1711
HP:https://www.lionheart2005.com
Photo: 浅井岳男
Text: 空野稜
アメ車マガジン 2020年 10月号掲載

×