ーフリースタイルで行こうー ♯20セダンデリバリーに萌えてしまう理由。

コラム

アメマガ2021年12月号

フリースタイルで行こう

♯20セダンデリバリーに萌えてしまう理由。

-フリースタイルで行こう-


-フリースタイルで行こう- ♯20セダンデリバリーに萌えてしまう理由。

2ドア・セダンのシルエットのままでパネルバンというミクスチャーなボディスタイルの「セダンデリバリー」。ユーロなシューティングブレークとは違って、特徴的な横開きのリアゲートがカジュアルでアメリカン!だから妙に萌えてしまうのです。

パネルバンというカジュアルさがいかにもアメリカ的でセダンデリバリーってなんとも素敵なのです!

アメ車を象徴するボディスタイルといえば、なんといってもピックアップトラック。働くクルマでありながらも、パワフルなV8エンジンによって走りのパフォーマンスをカジュアルに楽しめるキャラクターを持ち合わせているのがポイント。


また、近年になって人気が沸騰し続けるビンテージマッスルは、平均的なファミリーセダンをベースにメーカー純正ホットロッドとして走りのポテンシャルを高めたいかにもアメリカンな仕様。


そんなわけで、アメリカ依存症の自分としては、これまでにマッスルカーをメインにピックアップトラックも含めてアメ車を乗り継いでいます。そして現在はホットロッドやドラッグレースでの象徴的な存在でもある41年型ウィリスのピックアップが愛車。

3

アメリカでも希少なモデルながら、手頃な状態を運良く入手できたのは本当にラッキーなことだし、段階を踏んで理想的な状態に進化させたので大満足しています。


いろんな意味でいわゆる上がりクルマのようにも思えるのですが、ストリートロッドとして走りのパフォーマンスを追求すると軽量なロードスターが究極となるでしょう。それこそ上がりクルマとしてとっておくとしても、アメリカらしさという点で「セダンデリバリー」は憧れの存在なのです。


戦前のフォード車を基準にすると、トラックはコマーシャル(商業)、セダンやクーペはパッセンジャー(乗用車)とそれぞれ異なるグリルで差別化されていたのですが、セダンデリバリーはあくまでもセダンなのでパッセンジャー。一見したシルエットは2ドアセダンと共通。それでいてクォーターガラス部はパネル状態で、リアゲートはリアガラス部も含めた縦長の1枚扉による横開き式なのがポイント。

4

コマーシャルとしてのパネルトラックの場合は、そもそもルーフが高く、リアのオーバーハングも長く、リアゲートは観音式の2枚扉。2ドアセダンの2ndシート部分をラゲッジスペースにしているので、乗車定員は2人。 ユーロのシューティングブレークに通じるスタイルにも思えるますが、パネルバンというカジュアルさがいかにもアメリカ的で素敵なのです! 実用性としては微妙なだけに、どの年式もそもそもの出荷台数が少なかっただけに、なかなかお目にかかれないほど希少な存在。

それでもアメリカのダイキャストやモデルキットにはちょいちょいラインアップされているので、その魅力を刷り込まれてしまうのです…。

1931 Ford Model A Panel Delivery Truck?1/18 Signature Models

IMG_1014 IMG_0969IMG_0965IMG_1012

1/18ビッグスケールならではのサイズによるドシッとしたボリューム感がナイス。ホットロッドの仕様も欲しいところです。1/18スケールではなぜかセダンデリバリーのラインナップはこの31と40年型ぐらい…。

1934 Ford Sedan Delivery / Hot Wheels

IMG_1001

下のオレンジのホットウィールとは別キャストによるチョップトップなフォルムが特徴の34SD。ちなみに、このキャストの流用版と思われる同等のセダンもラインナップされている。

1934 Ford Sedan Delivery 2004 Larry Wood's 35th Anniversary Set

IMG_0985

実車よりも縦長なフォルムなうえ、車高も高めでイケてないふりしながらも、細かなプレスラインもきっちり表現されてらしさ全開で魅力大なのは流石ホットウィール!!!

1940 Ford Pickup Neet Streeter ,A-OK

IMG_0992

理想とする37年型SDのリリースがなかったので、36年型クーペをベースに頑張ってカスタム!同様に40年型をピックアップからSDにアレンジ。A-OKこと28年型のSDは、自作デカールと社外ホイールよるアレンジで、HOT WIREのショップカーを表現。

1931 Ford Model A Panel AURORA AFX HO-slot car

IMG_0994

アーリーA(1928~1929)とデュース(1932)のはざまでデザイン的に微妙な31年型ながらも、モデリングの素晴らしさで魅力炸裂のAFX!!

A-OK / Hot Wheels

IMG_0998

“A-OK”のネーミングでリリースされたアーリーAセダンデリバリーのストリートロッド。スタイリングも素晴らしいし、70's Hot Rodのトレンドが反映されたカラーリングも最高!

1940 Ford Sedan Delivery Racing Champions 1:64 Hot Rod Collectibles

IMG_0980

下の2台とは別キャスティングでラインナップ。バンパーを装着した状態でボディのシルエットもストックながら、フードからスクープが突き出たHOTな仕様。

1940 Ford Sedan Delivery Racing Champions 1:64 Hot Rod Collectibles

IMG_0988

表面積の広いパネルは様々なバリエーションでリリースされる中、こちらは実車のトレンドを反映させたシリーズ。わずかにチョップしたシャープシルエットが特徴。1/25でもラインナップ。

1933 Ford Delivery?Johnny Lightning

IMG_0984

激しいチョップトップで一見するとシャープなシルエットながら、グリルの傾斜角度やリア部の微妙な逆反り感がいまいちだったり…。

'32 Ford Delivery/Hot Wheels

IMG_0996

デュースのセダンデリバリーとしてレイト80'sにリリース。当時の実車ホットロッドのトレンドとの絶妙なシンクロっぷりは、リアルなホットロッダーであるチーフデザイナー、ラリー・ウッド氏の仕業ゆえ。

Haulin' Horses Hot Wheels Revvers Series

IMG_0989

73年にりりーされた全車オリジナルデザインによるゴム動力走行の激レアシリーズ。T型をスーパーモダンにアレンジしたスタイリングの素晴らしさは今こそ評価できる秀作!! 実車で欲しい!!!

1940 Ford Sedan Delivery/AMT 1:25 kit 1926 Ford T Delivery/Revell 1:25 kit

IMG_0972

フレンドリーなマスクとパネル部分がクォーターガラスの面影が全くないスムースなデザインになるのがポイント。実車でも比較的多く見かけるポピュラーな存在なだけに、最も多くモデル化されている。26年型T Deliveryもいいカンジなのです。

1932 Ford Delivery / ERTL 1:25 Pete & Jakes

IMG_0977 IMG_0976

オーダーでパネル部に会社名を入れる事ができるノベルティ製品の貯金箱。ベース車は王道のデュース。造りは微妙だけど、伝説的なショップPete & Jakesアイテムとしてお宝。

1937 Ford Sedan Delivery Spec Cast 1:25 / Motorcraft Racing Champions 1:24 /custom paint

IMG_0979

ティアドロップなライトと美しく尻窄みするフェンダーが魅力的な37年型。Motorcraft仕様はノベルティ品。RCのダイキャストはルーフのカーブが微妙だったので自分で削ってグリーンで再塗装したカスタム。

Chrysler Panel Cruiser Matchbox Superfast

IMG_0982

現代版ファットフェンダーとして誕生したPTクルーザーのパネルバージョン。リアゲートは流石に横開きではないけど、ちゃんと2ドア化されているので、最も欲しい足クルマとしてお気に入り。

★石橋秀樹 アメリカンホビーショップ「ホットワイヤー」の店主であり、フリーペーパー「イグナイト」の編集人、そしてアメ車マガジンでもライターを行なうなど、アメリカンカルチャーに関する偉人(変人)である。人生は肩ひじはらずに「フリースタイル」なのが信条。


アメ車マガジン 2021年 12月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×