やばいオーラを放ちまくるクライスラー300を乗るのは見目麗しいアメ車女子

セダン

クライスラー

アメ車女子のライフスタイル

SIC

アメ車女子

アメマガ2022年1月号

300

埼玉県

彼女たち流のアメ車との付き合い方
CHRYSLER 300

#アメ車女子のライフスタイル


CHRYSLER 300

見目麗しい女子が乗るのは、やばいオーラを放ちまくる300

免許を取得したばかりで、しかも左ハンドル、この状況に乗り出した当初はドキドキが止まらなかったと言うYuuunaさんだけど、人生初の愛車にアメ車を選択するという度胸は女性ならでは。そんな彼女の愛車はさらに独特なスタイルで強烈なオーラを漂わせる。

4歳の子供のママが選んだラグジュアリーセダン

待ち合わせ場所に現れた1台のクライスラー・300。駐車場にはほかにアメ車が駐まっていなかったわけではないのだが、独特なオーラを放つこのクルマがきっと今回取材させていただくオーナーさんであろうと確信した。ちなみに取材内容は、大好評企画である「アメマガ・ガール」。早速声を掛けると、愛車から颯爽と降り立ったユウナさん。身長が高くてスタイルも抜群な彼女だが、その後ろには小さな女の子の姿が。彼女は4歳の娘さんのママでもあった。

DSC_5464

それにしてもだ。前述したとおり、独特なオーラを放つ彼女の愛車はクライスラー・300。2012年モデルということで第2世代となる。購入したのは2020年の3月で「色々なアメ車を見たなかでファミリーカーとして使うには300が乗りやすいと思ってこのクルマにしました♪」と。やはり幼い子供を抱えるママとしては、見た目やスタイルを考慮しつつもできるだけ使い勝手の良いモデルとしてセレクトしている。

CHRYSLER 300

それに愛車はストックのままではなく個性的なアレンジがほどこされており、中でもクラシックグリルとボンネットマスコットを組み合わせたフロントフェイスのインパクトは強烈。クラシックグリルを装着した先代モデルは数多く目にしたが、この世代では目にすることが少なく、彼女も「同じグリルを付けている300を見たことがない」と誇らしげ。オンリーワン精神はアメ車乗りらしい。ちなみに、免許を取得した翌日から左ハンドルを運転することとなり、ハンドルとシートがとても近く、冷や汗や震えが止まらなかったのは今となっては良い思い出と振り返るユウナさん。

DSC_5449

生まれた時からアメ車に乗る娘さん。もちろん初めて覚えたクルマの名前はクライスラーであることは言わずもがな(笑)。最近はアメ車仲間と集まることも多くなり、クライスラー以外にもチャレンジャー、チャージャー、エスカレードなど、名前を覚えただけでなく見分けも完璧♪ 「そんな4歳の娘さんが大人になったら何に乗るのかが今から楽しみです!!」と優しいママの顔を覗かせていた。

DSC_5412 DSC_5416 DSC_5440 DSC_5434

第二世代になって柔和な印象を強めたにもかかわらず、そこをあえて崩すかのごとくクラシックグリルを装着し、さらにはボンネットマスコットまであしらったことで、はたから見たら確実に“ やべー奴が乗っていそう”な雰囲気を放ちまくりの300。ボトムスにはVOSSENを履かせ、車高調で絶妙な落とし具合に。インテリアにはヘッドレストモニター&ロックフォードのウーファーをインストール。

DSC_5454

owner : Yuuuna


THANKS:SHIAR'S INTERNATIONAL

TEL:048-929-2222
HP:https://www.sic-jp.com
PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。