憧れの300オーナーに!惚れたクルマに一途な想い。

セダン

アメマガガールズ

クライスラー

アメマガ2018年10月号

300

アメマガガール

アメ車女子

近所で見かけた300に惚れて購入に至った理由は、なんといってもこのフェイスデザインだ。


[vc_row][vc_column][vc_column_text]アメマガではアメ車に乗る『#アメ車女子』たちを事あるごとに応援しているが、今回も2017年に引き続いてアメマガガールスペシャルを展開。アメ車に乗るステキな女性たちをドど~んと紹介しちゃいます!![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]AMEMAG GIRL Beauty Ridez 彼女たち流のアメ車との付き合い方 #アメ車女子のライフスタイル 08 CHRYSLER 300 T-CHAN[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]ダウンサス、大径ホイール、ラッピングの、派手すぎない上品カスタムでクライスラー300を乗りこなすてぃーちゃんさんは、助産師さん。近所で見かけた300に惚れて購入に至った理由は、なんといってもこのフェイスデザインだ。 _HMP9122[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]300を気に入りつつも次はナビゲーターかな 助産師という専門職であるてぃーちゃんさんは、しばらく軽自動車に乗っていたのだが、実家の近くに停まっていた、あるクルマが気になっていたという。そのクルマがクライスラー・300だ。どことなくクラシックなデザインで、他の人とかぶらない希少性にピンと来たのだ。 そうして彼女が300を購入したのは4年ほど前のこと。国産コンパクトカーに乗る夫からは「好きなクルマに乗ればいいよ」と理解を得られたようだが、無粋なことを言えば、旦那さんのクルマと比べて半分以下の燃費性能。しかし彼女は気にせず通勤を含めた普段のアシに300を愛用中だ。職場では「大きいクルマに乗っている人」と認識されているそうで、珍しがられてか「乗せて~」と言われることもしばしば。 300は、彼女にとって初めての左ハンドルでもあるのだが、そこは度胸も座っているのだろう。「すぐ慣れると思って」と、アメ車であることに抵抗はまったくなかったと振り返る。生命の現場で働く女性はやっぱり強い。 クルマのカスタムは、実は軽自動車の時代からやっていたことだという。詳しく聞けば、どうやら妹さんも同様にカーカスタムを愛好しているらしく、それを見て影響を受けたようだ。スマホで妹さんのクルマを見せてもらったが、なかなかに、こってりとしたカスタム具合だった(笑)。 購入から数年が経った今でも、お気に入りのポイントは「フェイスデザイン」と即答する、てぃーちゃんさん。敢えて難点を挙げるなら、狭い道が通りにくいボディサイズ。よりによってカーナビが狭い道を案内したりして…。 実は、300購入時にリンカーン・ナビゲーターも気になる存在だったようで、いまだにナビゲーターにも乗りたい気持ちがくすぶっている様子。300オーナーとして4年が経つ今も「いつになるか分からないけど、次はナビゲーターかな」とニッコリ。300より大きいクルマだけど、旦那様もきっと許してくれますよね? _HMP9030_HMP9032[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]カスタムの方向性はD.A.Dギャルソンが基軸らしく、ダッシュボード上でさりげなく主張。他にはマフラー、ダウンサス、ラッピング、22インチホイール。ラッピングはアーバンシティカモフラに似たテイストの模様が描かれており、ルーフからトランク上まで走る。ホイールは当初24インチだったが「こすっちゃうのが怖くてサイズダウンしました」と語る。 _HMP9036 _HMP9038 _HMP9040[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]300を気に入ったポイントはフェイスデザイン。「クラシックっぽいデザインが好き」なようだ。軽自動車からの乗り換えで、初の輸入車&左ハンドルだったが「乗ったら慣れるでしょ」と、思い切って購入する男気を持つ。 _HMP9059 _HMP9087 _HMP9068[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Photo&Text:加藤山往[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年 10月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C HITA ☆ アメマガガール

当初はアバウトに「かっこいいクルマに乗りたい」と考えていただけだったのが、今や男子顔負け、いやそれ以上にカスタムに邁進。その勢いは一向に冷める気配がない。

ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C & USトヨタシエナ YUUYA ☆ アメマガガール

免許を取って、最初のクルマはUSモデルのアコードクーペ。そこから何台もアメ車を乗り継ぎ、今ではアメ車なしの生活は考えられないと語るユウヤさん。目的や用途に応じて2台の愛車を使い分ける。

惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MAYUMI ☆ アメマガガール

それまでアメ車にまったく興味がなく「アメ車なんてありえんやろう」とさえ思っていた彼女を振り向かせたニクイ奴。そいつは300C。アイデンティティである大きなグリルが彼女の気持ちを動かした。

彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー!

元トラックドライバーだけどセダンの運転は苦手(笑)

日本でもっともクライスラー300Cを愛するアメ車女子

彼女たち流のアメ車との付き合い方
CHRYSLER 300C / HemI姫さん

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×