ワンタッチで抜群の開放感、ジープらしさを際立たせる

SUV

ジープ

JLラングラー

RINEI

ラングラーアンリミテッドスポーツ

Jeepといつまでも

ラングラー

アメマガ2022年1月号

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED SPORT

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


JEEP JL WRANGLER UNLIMITED SPORT

ワンタッチで抜群の開放感、Jeepらしさを際立たせる

Jeepがマニア向けだった頃からメンテナンスやカスタムに取り組んできたリンエイが、JLをベースに開放感に溢れ、カジュアルに乗れるラングラーを打ち出した。

ラゲッジ部分までも広がるオープントップエリア

日本のJeepカスタムにおける老舗のプロショップがリンエイ。そのメニューは本格的なクロカンカスタムからドレスアップ重視のものまで、幅広いニーズに応えてくれるところだ。 そのリンエイの最新のデモカーがイエローのJLラングラー・アンリミテッド。このデモカーの最大の特長は、電動のソフトトップが与えられていることだ。アンリミテッドのルーフはFRPトップが標準で、それは前席上部のみ、または後席&ラゲッジ上部を取り外すことができる。

JEEP JL WRANGLER UNLIMITED SPORT

ただし、それには労力と時間を要する。よって電動キャンバストップのスカイワンタッチパワートップやアフターの手動式ソフトトップなどがリリースされてきたが、今回リンエイが装着したものは、フロントウインドー上部のロックを外した後にスイッチを押すだけで、ルーフ全体を後端へ折りたたむMYTOPの電動ソフトトップ。


撮影時は雨あがり直後。そのタイミングですかさずフルオープンを試みると、空は曇天ながら気分は一気に晴れやかになる。この手軽さと開放感は、これまでのどのラングラーよりも優秀と思わせるもの。オープンカーとしては一般的な開閉方法だが、ことラングラーの場合は画期的なシステムだ。いつでも気軽にフルオープンが楽しめ、瞬時に閉じることもできる。オープンエア好きなら、ぜひ装着したいアイテムだ。


このほか、リンエイオリジナルの3インチアップキットとチューブフェンダー、AEVの5ホールデザインアルミ、前後バンパー、ルーフマーカー&サイドマーカーの追加といったカスタムを施し、スタイリッシュなJLへとブラッシュアップさせている。

3M7A6730 3M7A6791

フロントバンパーはエルフォードのエクストリームバンパーで、オプションのアンダーパネルとナンバープレートマウントも追加している。ルビコンバンパーをモチーフとしたこれはFRP 製とすることで軽量化にも貢献しているバンパーだ。リアバンパーは左右にレスキューフックが備わるスチール製のDV8。フロントのFRP製に対しリアは堅牢なスチール製で、いざという場合にも安心のフック付き。また前後ともノーマルのパークセンサーに対応している。

3M7A6815 3M7A6819 3M7A6820 3M7A6821 3M7A6822 3M7A6825

MYTOPの電動幌(ブラックカラー)。開閉時はフロント上部のロックを解除する必要があるが、そのほかはスイッチを押すだけ。ラゲッジまで完全なフルオープンが簡単かつ短時間に行うことができる。オープンとクローズの独立したスイッチをコラム下に装着している。

3M7A6755 3M7A6748

ルーフトップにはエルフォードのルーフマーカーランプをインストール。これはJLラングラー専用設計のFRP製で、バツグンのフィット感が得られることが特長。また3M製両面テープでの固定としているので、ボディ加工などは一切必要ない点も嬉しいポイントだ。フロントフェンダー後部にはLEDサイドマーカーを装着。ドアを開けると明るく足もとを照らしてくれる優れもの。

3M7A67433M7A6746 3M7A6739

前後フェンダーにはリンエイオリジナルのチューブフェンダーを装着。ホイール&タイヤは、リンエイが正規輸入代理店となっているAEVのSAVGRE Ⅱ(17×8.5J+25)とBFグッドリッチのM/T KM3(35×12.50R17LT)。

3M7A6799

マフラーはマグナフローの左右2本出し。ブラックフィニッシュでデザイン性に優れるだけでなく、高めの位置にセットされるため、オフロード走行時にもヒットしにくいタイプである。

3M7A68043M7A6770

足回りはリンエイオリジナルの3インチアップキットを前後にインストール。ショックアブソーバーはビルシュタイン製。これにラテラルロッドなどの補正パーツも備わっている。オフロードではよく動き、オンロードは優れた高速安定性が得られるキットである。


RINEI【リンエイ】

TEL:03-3785-2258
https://www.rinei.co.jp
PHOTO:清野央
TEXT:マーク清原
アメ車マガジン 2022年1月号掲載

最新記事


2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

ランキング


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】