ラングラーを主軸にあらゆるJeepカスタムも請け負うショップ「ジョイント」

SUV

ジープ

JOINT

静岡県

ラングラー

Jeepといつまでも

JKラングラー

ラングラーアンリミテッドスポーツ

アメマガ2022年1月号

Jeep JK Wrangler Unlimited Sport

ジープといつまでも!~Stand by me forever~


Jeep JK Wrangler Unlimited Sport

米国のオフローダーたちが、愛する洒脱なパーツ選び

静岡県三島市に店を構える4×4プロショップ「ジョイント」。ラングラーを主軸にあらゆるJeepカスタムも請け負うところであり、本格的なオフロードカスタムに関しては高い定評を得ている。

 

このJKラングラーアンリミテッドのオーナーであるO氏が、オフロード走行における技術の向上とともに、より走破性を高めるモディファイを行ないたいという要望に応える形でジョイントが手助けを行なっている。

 

元々そのスタイリングに魅了されて購入したというO氏のJKラングラーアンリミテッドは、ジョイントのオフロード走行会に参加したことから、カスタムの方向性は走破性を重視したものとなる。

 

かつては35インチだったタイヤは現在40インチへと大径化し、かつしなやかでよく動く足により、ロックセクションも走破できるJKへと進化。これと同時に、ジョイントも新たなパーツやその装着方法などを熟考するなど、ユーザーのみならずジョイントの技術力向上にも一役買っているというJKなのである。

Jeep JK Wrangler Unlimited Sport

オーナーのドライビングスキルの向上と同時に進化を遂げているわけだが、その過程で大きな機転となったのがKINGのコイルオーバーキットの採用だ。これを装着したことにより、よりハードなロックセクションなども走破可能な足回りへと進化を遂げたのだが、それを可能にするまでにはインストール技術とセッティングというジョイントならではのノウハウが注ぎ込まれているからこそ。

 

例えば、このショックアブソーバーを装着するためには、正確なマウトン装着が必須であり、かつタイロッドやホイーシングの強化、調整式のロングアームを使うといったことも実施している。実はコイルスプリグンの選択からして、ジョイントならではの知識が持ち込まれているなど、現在も進化し続けている1台なのだ。

7M2A0276 7M2A0393

ホーシングは前後ともG2へと変更し、ファイナルダウンと前後エアロッカーを装備。ROCKHARDのアンダーガード類も装着済みだ。サスペンションはシナジーMFGのロングアームキットがベース。これにロッククローラー&テラフレックスのアーム&ロッド類を使用している。コイルオーバー式を採用したスプリングはEVOで、KINGのショックアブソーバー&バンプストップを使う。ハイステアキットなどの補正パーツも装着されており、その乗り味はロックセクションであっても驚くほどしなやかによく動くセッティングとなっている。

7M2A0246 7M2A0249

オフ走行で外す必要がなく、装着したままでよく伸びよく縮む足を提供するROCKJOCKのアンチロック。「付けるところが無かった」ということでナックル上部に装着したKCランプは、ロックライトとしても使用。

7M2A0291 7M2A0389

ルーフやピラー回りだけでなく、フロントシートの後方までも回り込み、剰員保護とボディの補強というふたつの役目を担うROCK HARD SPORT CAGE。ジョイントのビードロックホイールにミッキートンプソンのBAJA PRO XSという組み合わせ。タイヤサイズは40インチ×13.5! 空気圧の低圧時にはリアルビードロックホイールが効果的な働きをする。


JOINT【ジョイント】

TEL:055-984-4919
URL:http://www.joint-offroad.com
アメ車マガジン 2022年 1月号掲載

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

×