精悍なルックスの69年型マスタング、最初のマック1はコイツから

クーペ

フォード

アメマガ2022年4月号

THE VINTAGE

マスタング

マスタング mach 1

ハイパフォーマンスカーならではの精悍なスタイリングの美しさと、エコノミ
ーカーにも通じるフレンドリーな扱いやすさを兼ね備えるマスタング史上最
もバランスの良い初代マック1。このカッコ良さはライバルたちを黙らせる!

精悍なルックスの69年型、最初のマック1はコイツから

THE VINTAGE


1969 Ford Mustang Mach 1

パフォーマンスパッケージとして登場した「マック1」

マスタングといえば1964年のデビューより、6世代にわたり現在でもラインナップする最もポピュラーなアメリカ車。エコノミーカーのファルコンをベースにしながらも、スタイリッシュな外観と多彩なオプションシステムを導入し“ポニーカー”という魅力的で新しいセグメントを確立し、メインターゲットの若者からも絶大な支持を得て爆発的なセールスを記録している。

他社によるライバル車の出現によって、パフォーマンス競争が年々高まっていく中で、68年ではコブラジェット、シェルビーGT500KRなど7ℓ(428ci)のビッグブロックを搭載するようになる。エスカレートするパワー競争に対応すべく、それまでのGTを凌ぐパフォーマンス指向のオプションパッケージとして、新たにマック1が69年型でラインナップされた。最強のパフォーマンスに対応できる設計や、一見して分かるスタイリッシュなルックスは歴代マスタングにおける頂点的存在。国内では初代に人気が集中していることや、希少性が高いため69年型を目にする機会が少ない。

 

この個体は、オリジナルの状態にこだわりながらも、コレクションとしてではなく、ドライブを楽しむためことを希望する現オーナーのリクエストによって、アメリカでも活動するフォーティーエイトによって、現地にて探し出し国内にて新規登録したもの。

歴代マスタングの中でもアグレッシブなルックス

最大のライバル車であるカマロにパフォーマンスの面で対抗する上で、カマロZ-28同様にSCCAのトランザムレース参戦仕様としてBOSS 302を筆頭に、ドラッグレースで活躍できるビッグブロック搭載車にBOSS429をラインナップ。GTグレードのラインナップは最終年とし、引き継ぐ形で新たにマック1が導入されている。

69年よりスポーツルーフに名称変更したファストバックに限定し、フードにはピン&ケーブル、エアースクープ、チンスポイラー、リヤウイングがブラックアウトされ装備。歴代マスタングの中でもとりわけアグレッシブなイメージが強調されている。キャッチーなオプションカラー、“グラバーオレンジ”の車体色とブラックとのコントラストが69年型ならではの精悍なスタイリングを際立たせている。サイド&テールの「マック1」専用ストライプはブラックが主流なだけに、ゴールドの組み合わせが新鮮かつジェントルな印象。

 

オーナーは、60~70年代のマッスルカーが好みで、2011年型マスタングで初めてアメ車を所有、その後は69年型シボレー・シェベルに乗り換え。兄弟が70年型プリマス・クーダに乗っていた事もあり、当初は71年型のクーダを求めたが、現存数が少なすぎて巡り合わせのない中、候補であった69年型マック1の好条件な個体として現愛車を入手している。

フードピン付きのマットブラックフード、スクープ、リヤウイング、チンスポイラー(ディーラーオプション)、クロームポップオープンガスキャップ、クロームエキゾーストチップはマック1を象徴するアイテム。フロント側が若干高めの車高スタンスも含め、当時のオリジナル状態をキープする。

351と428では純粋なパワーや希少価値では428の方が上手。しかし、マスタングのキャラクターを活かしたハンドリングを含めた総合的なバランスの良さを求めるなら、スモールブロックによる軽量な351にして、パフォーマンスで不満のない4バレルが魅力的。現代の都心でも扱いやすく、比較的低めのファイナルによる瞬発性も味わえる。

左右対称のデザインが特徴的な“ツインコーブ”インストルメントパネル。助手席側の時計、ウッドトリム、シートのレッドストライプはマック1ならではの要素。純正オプションの2+2フォールドダウンリアシート。唯一社外品のステアリングはオリジナルに戻す予定。

マック1の標準としてコンペティションサスペンション、オプションの“トラクションロック” リミテッドスリップデフリアエンドを装備。リアエンドはメイクスの垣根を超えてHot Rodでは定番採用される9インチ。ホイールは定番のマグナムタイプ。タイヤは純正採用のバイアスに変わって、クーパーコブラのラジアルGT。サイズは純正と同等の255/70R-14。

マック1のエンジンは、主流の351ci(5.8ℓ)V8に2バレル/4バレル、ウィンザー/クリーブランドの仕様違いのほか、390c(i 6.4ℓ)、428c(i 7.0ℓ)ラムエアコブラジェット、スーパーコブラジェットまで、多彩なラインナップ。この個体は、351W4バレル仕様を搭載。トランスミッションは3速AT。


Photo&Text:石橋秀樹
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


「いつかビンテージのアメ車に乗りたい!」と選んだのは、1969年型のマスタング・ファストバックだ。

カッコイイ物や美しいものに心がときめくのは当たり前だが、それがファッション業界に身を置く人なら、なおさらだろう。ヘアサロンを営む市橋さんが選んだ初のアメ車は、1969年型のマスタング・ファストバックと言うのも納得だ。

ビンテージの醍醐味の一つは、コツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。

長い歴史を誇り、アメ車ビンテージの中でもポピュラーな存在と言っていいフォード・マスタング。フルレストアされたモデルも多く存在するが、ビンテージの醍醐味の一つは、自分でコツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。紹介する66年型マスタングは、そんな楽しみが残された一台だ。

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

左ハンドルのマニュアルを巧みに操るのが夢だった【1970 FORD MUSTANG MACH1】

ビンテージマッスルに魅せられし7人のカーマニアたち【バーニーズ】

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】