ビンテージの醍醐味の一つは、コツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。

クーペ

ビンテージ

フォード

マスタング

THE VINTAGE

ガレージダイバン

東京都

アメマガ2022年4月号

長い歴史を誇り、アメ車ビンテージの中でもポピュラーな存在と言っていいフォード・マスタング。フルレストアされたモデルも多く存在するが、ビンテージの醍醐味の一つは、自分でコツコツ仕上げていく過程も楽しむこと。紹介する66年型マスタングは、そんな楽しみが残された一台だ。

オリジナルを自分の手で仕上げていく楽しみ

THE VINTAGE


1966 Ford Mustang

人気モデルだけにパーツは今もなお入手可能

アメ車の中で、もっとも名の知れたモデルであるフォード・マスタング。1964年に初代が誕生してから2022年の現在に至るまで、途切れることなく58年も継続していることからも、フォードにとってマスタングは絶対的な存在だ。

第6世代マスタングの販売・カスタムでは、関東トップクラスを誇るガレージダイバン。初代モデルを扱うのはかなり珍しいが、逆に言えば、店舗に並ぶときは注目に値するモデルということだ。現在ショールームに展示されているのは、66年型マスタング・クーペ。67年に若干のデザイン変更があったため、純粋なるファーストデザインといえる最後のモデルが66年型だ。

状態的には、純正時からオールペンされ、トップはハードトップ型のホワイトのレザートップ。社外パーツは装着されておらず、14インチホイールも純正のままを残す。インテリアもホワイトでコーディネートされた純正のままで、エンジンはオプションのV8 4.7Lを搭載。入庫後プラグ交換したのみだが、一発始動でスタートするなど調子も良好だ。

もちろん、安心して乗るためには消耗品の交換や、フロントドラムブレーキをディスク化するなどの強化も行ないたい。また、インテリアは経年劣化の部分も見受けられ、完璧を望むなら修復が必要だろう。内外装を完全に仕上げられた状態で乗るのもイイが、歴史あるモデルを、自分の代で仕上げていくこともビンテージの楽しみ方だ。

 

頼りになるのは、ガレージダイバンの本国からのパーツ輸入の高いレスポンスと、整備&カスタム力。すでに問い合わせがあるとのことで、気になる方は早めに連絡することをおススメする!

ボディカラーは純正ではくオールペンされたもの。メッキモールなども綺麗な状態を保ち、外装は56年前のクルマということを感じさせない。ブルーのボディにホワイトレザートップが抜群に映える。ホイールも純正の14インチは希少。フロントブレーキはドラム式であるため、制動力は物足りない。ディスクブレーキキットも存在するので、変更するというのも検討したい。

初代モデルのベーシックエンジンは2.8ℓ直6 だが、オプションとして4.7ℓV8 が設定され、撮影モデルはこのオリジナル4.7ℓを搭載する。初期の64 年モデルと比べ、66 年型の同型エンジンは改良され高いスペックを誇っている。

手直しされた部分も見られるが、基本的にはオリジナルのホワイトを基調とするインテリア。さすがに経年劣化によるダメージもあり、完璧な状態を求めるなら補修が必要だろう。ビンテージに乗るということは、仕上げていく過程も楽しめるかが重要だ。


GARAGE DAIBAN【ガレージダイバン】

TEL:03-5607-3344
HP:http://www.daiban.com/
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年4月号掲載

関連記事

RELATED


マスタング専門店とも言えるほど、多くのマスタングを販売するガレージダイバン

マスタング専門店とも言えるほど、多くのマスタングを販売するガレージダイバン。様々な世代やグレードを販売していくなかで、積極的に導入しているのがMT仕様。その理由はただひとつ。マスタングで走りを楽しむオーナーが増えているからだ。

「いつかビンテージのアメ車に乗りたい!」と選んだのは、1969年型のマスタング・ファストバックだ。

カッコイイ物や美しいものに心がときめくのは当たり前だが、それがファッション業界に身を置く人なら、なおさらだろう。ヘアサロンを営む市橋さんが選んだ初のアメ車は、1969年型のマスタング・ファストバックと言うのも納得だ。

精悍なルックスの69年型マスタング、最初のマック1はコイツから

ハイパフォーマンスカーならではの精悍なスタイリングの美しさと、エコノミ
ーカーにも通じるフレンドリーな扱いやすさを兼ね備えるマスタング史上最
もバランスの良い初代マック1。このカッコ良さはライバルたちを黙らせる!

関東のマスタングカスタムの雄、ダイバンがまたしても傑作を生み出した!

2015 FORD MUSTANG

オーナーのシボレー210はわざと錆を誇張したり、壊れていないところに手を加えたりしない

クルマとファッション、音楽は切っても切り離せない存在だ。音楽からクルマへ入る人もいれば、ファッションからクルマへ辿り着く人も。カーカルチャーはライフスタイルを映し出す鏡として大きな役割を担い、逆もまた然りである。

 
×