カリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

クーペ

フォード

アメマガ2022年11月号

マスタング

マスタング マッハ1

バーキン

埼玉県

THRILL RIDES

現在マスタングのなかで、スーパーチャージャーを搭載しないNAエンジンではトップグレードとなるマッハ1。アメ車乗りには左ハンドル信者も多いが、埼玉県のカリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

THRILL RIDES


右ハンドルで乗れる、最強のマスタング・マッハ1

2021 FORD MUSTANG Mach1

スーパーチャージャーを搭載するシェルビーGT500がマスタングのトップグレードに君臨するが、NAエンジンでトップに立つハイパフォーマンスモデルが、21年に17年ぶりに限定復活したマスタング・マッハ1だ。

 

マッハ1は、消滅したGT350のインテークやオイルクーラーを採用するなどし、GTの460hpから480hpに拡大、専用グリル・フロントリップスポイラー・リアスポイラー等により、GTと比べダウンフォースは22%向上。また、GTよりも1インチアップした19インチホイール、ブレンボブレーキに加え、サスペンションも、GTパフォーマンスやGT500用を組み合わせ最適化されている。

そんなマッハ1だが、ディーラーが存在しない日本では正規販売もなく並行輸入になり、当然左ハンドルが基本。しかし埼玉県のカリフォルニアモーターズに在庫しているマッハ1は、右ハンドル仕様(UK)。

 

輸入車に乗るアイデンティティとして左ハンドルを望むユーザーは多いが、一方で「右ハンドルがあれば…」と悩むユーザーがいるのも確か。そういったユーザーの選択肢として、敢えてエコブーストではなく、UK限定生産のNAトップグレードの右ハンドル・マッハ1の導入を決めたのだ。

マッハ1専用グリル、フロントスポイラー、リアスポイラーが装着され、ダウンフォースはGTと比べて22%も向上。マフラーは、アクティブパフォーマンスデュアルマフラー。ボディカラーは特別限定色のファイタージェットグレーで、そこに初代マッハ1をオマージュしたデカールが、ボンネット&サイドに貼られている。

ホイールはGTより1インチアップの19インチでブレーキはブレンボ。タイヤはGT500と同様の、ミシュラン・パイロットスポーツ4(F255/4019・R275/40/19)。ショック、コイル、アーム類は、GTパフォーマンスとGT500から流用し強化されている。

エンジンはスタンダードV8モデルのGTと同型の5.0L V8。しかしGT350用のインテーク、オイルクーラーを採用しチューニングされている。それにより、最高出力はGTより20hpアップの480hpを発揮。ミッションはマッハ1用に再セッティングされた10AT。

右ハンドルが大きな特徴となる今回のマッハ1。オーストラリアから直輸入した限定生産モデルになる。インテリアのデザインはGTと基本的に共通で、マッハ1ロゴやアルミパーツが部分的に採用されている。


VIRKIN【バーキン】

TEL:048-971-9550
URL:https://virkin.jp/


カリフォルニアモーターズ【CALIFORNIA MOTORS】

TEL:048-954-9495
URL:https://california-motors.jp/


Photo&Text:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


数値じゃ語れない肌で感じるマッスルカーの大本命【1968 フォードマスタングGT】

1960年代後半はアメ車全般的に排気量が大きくなり、ビッグブロックを積んだモデルが続々とリリースされたマッスルカーの黄金時代。当時の大本命と言えば390ci(6.4ℓ)のビッグブロックエンジンではあるが、289ci(4.7ℓ)搭載の現車も実に味わい深いマッスルカーとして称賛されるべきモデルだ。

マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

エアサスでもゼロヨンは可能、でもヘネシーの速さは異次元!

「カスタムカーって、見るだけで実際には走れないんじゃない?」と、そんなイメージを多くの人が持っているのでは。そんな先入観を払拭するために、コーストモータリングがゼロヨンという方法で、その走りを大検証してみた!

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

マスタング・エコブーストを「LOW&WILD」をテーマにカスタム

2017 FORD MUSTANG

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。