【13年型チャレンジャー・SRT】刺激を求めたオーナーの要望で製作されたモデル

クーペ

ダッジ

アメマガ2022年5月号

チャレンジャー

チャレンジャーSRT

エクスカーズ

岡山県

MOPAR LOVE

LBワークス

ヴォッセン

XYZ車高調

本国アメリカでは今、前期型チャレンジャーSRTの価値が高騰しているという。そんな話題(?)の2013年型チャレンジャーSRTをベースに、モパーオーナーが続々と集まるエクスカーズがカスタムに着手。

本国で価値が高まる前期型チャレンジャーSRT 今後カスタムで注目される!?

MOPAR LOVE!!! 愛して止まないモパーの魅力


2013 Dodge Challenger SRT

モパー専門店並みに続々とオーナーが終結

チャレンジャー、チャージャー、300など、モパーカスタムで中国四国を中心に多くのオーナーが訪れる岡山県のエクスカーズ。ショップとしてはモパーをメインに扱う思惑は無いようだが、刺激的なモデルを作ったことによって、それに触発されたオーナーが数珠繋ぎで訪れるようになり、代表の藤原さん曰く「気が付けばモパーだらけ」になっている。紹介する13年型チャレンジャー・SRTもまた、刺激を求めたオーナーの要望で製作されたモデルだ。

特徴あるボディカラーは、現行チャレンジャーに設定されているシナモンスティックでオールペンされ、前期型チャレンジャーのボディを輝かせる。カスタムの一番のポイントは、日本が誇るボディキットのLBワークス・フロントリップスポイラー、オーバーフェンダー、トランクスポイラーだ。ボディ同色にする方法もあるが、艶やありブラックにペイントして変化を大胆に主張している。

 

拡大されたオーバーフェンダーに対し、装着するホイールはヴォッセン・VWS-2・20インチ(F11J・R12J)。走りを犠牲にしないインチ設定で、XYZ車高調によってローダウン。マフラーは刺激が強めのストレートに変更されている。

 

今や希少モデルとされる前期型チャレンジャーSRT。それをベースとしたカスタムは今後さらに注目が集まっていくだろう。

ボディカラーは現行モデルに設定されているシナモンスティックでオールペン。フロントリップスポイラー、トランクスポイラー、オーバーフェンダーはLBワークスボディキットで、艶やありブラックでペイントされている。

ただでさえ迫力あるSRTサウンドだが、ストレートに変更することで刺激的なサウンドを奏でる。

ビス留めデザイン、ボリュームある張り出しが特徴のLBワークスオーバーフェンダー。このボリュームに合わせるホイールは、ヴォッセン・VWS-2・20インチ(F20×11J・R20×12J)。足回りにはXYZ 車高調を組み込んでローダウンされている。


Thanks:EXCARS【エクスカーズ】

TEL:0867-34-1020
HP:https://excars-st.com
PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年5月号掲載

関連記事

RELATED


ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入

頭文字Dに影響を受けて初めての愛車はホンダ・S2000。そして今度は、ワイルドスピードを見て初のアメ車となるダッジ・チャレンジャーを購入した青木さん。漫画や映画に出てくるクルマを、実際に乗ることが青木さん流の楽しみ方だ。

アメリカンカルチャーが好きな父の影響で、初めての愛車としてチャレンジャーを購入!

「愛車はアメ車以外考えていなかった」、「国産車、ハイブリッド車には乗りたくない」など、アメ車に対する愛が強い山崎さん。それは全て、アメリカンカルチャーが好きな父の影響。初めての愛車としてチャレンジャーを購入したが、一つだけ大きな後悔もあるようだ。

様々なチャレンジャーのカスタムを提案し続けるラグジ

日本だけでなく、世界中のチャレンジャーオーナーが注目する、ラグジのエッジカスタムズ。2021年秋に初のフルバンパーモデル「Fシリーズ」が登場したが、今回はさらにそれを進化させた、今最も新しいFシリーズのデモカーを紹介しよう。

モパーマッスルと言えばチャレンジャー。中でもシェイカーフードは欠かせない存在。

現行モデルのモパーマッスルと言えばチャレンジャー。中でもシェイカーフードはそのルーツを辿る上で欠かせない存在。ハイインパクトカラーもまたモパーの魅力。そんな伝統を随所に継承する一台がコチラ!

アメ車をカスタムするのとはまた違った個性でライバルと差を付けるのもありだ。

2020y Dodge Charger GT
2020y Dodge Challenger
2020y Chrysler 300S

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。