アメ車特有の魅力といえば、なんといってもホットなV8エンジンによる圧倒的なパフォーマンス!

クーペ

シボレー

アメマガ2022年6月号

カマロ

アメ車に乗れば人生バラ色

車種に関係なく、V8エンジンのポテンシャルをダイレクトに味わうべくマニュアルミッション車にこだわってチョイス。マッスルカーの価格が高騰する中で極めて希少なマニュアル車は低予算ではほぼ絶望的だったが、奇跡の1台に遭遇!

スティックカーだからこそのマッスルカーを操る喜び!!

アメ車に乗れば人生バラ色


1970y CHEVROLET CAMARO

MTの走りを堪能するためエルカミーノからカマロに

アメ車特有の魅力といえば、なんといってもホットなV8エンジンによる圧倒的なパフォーマンス! そのパフォーマンスに特化したのがいわゆるマッスルカー。

 

総合的な運動性能を備えるスポーツカーに対して、ドラッグレースのような一定の条件で最大限の効果を発揮するマッシブな仕様なのがポイント。エンジンの馬力だけで判断すると平均で400hp程度なので、近年のスポーツモデルと比べると、むしろ低めに感じるかもしれない。しかし、スーパースポーツをも凌ぐリッチなトルクと、ショートストロークやハイカムなどによる大排気量らしからぬレスポンスの良さで瞬時に発生するパワー感は、実際にドライブしないと理解できない恐怖レベルの挙動だったりする。

ただし、せっかくホットなエンジンであっても、ノンスリップデフ不採用だったり、ファイナルレシオがハイギアでは、アグレッショブどころかむしろフレンドリー。そして、トランスミッションは圧倒的な割合でATだが、トルクがあればあるほど、マニュアルミッションではそのパワーがダイレクトに伝達される。この体感の差は想像以上で、500hpのAT車よりも300hpのマニュアル車の方がパンチのある挙動を体感できる。その分エンジンブレーキがキツいため、OD無しでは高速は不向きなのが難点。

 

それでもマニュアル車に乗るべく、70年型エルカミーノを手放してアメリカでの物件をネットでサーチ! 輸送コストは抑えられるけど、マニュアル率は低い西海岸で探す中、奇跡的に好条件の70年型カマロを発見できたのだ!

車種や細かな仕様にはこだわらず、マニュアル車の物件を日々くまなくサーチ。底予算なうえ、バリューはどんどん高騰する中、まともに乗れる状態のクルマを見つけるのはかなり厳しい。購入に先立って手放したエルカミーノもそうだったが、ルックス的には多少の凹みもやれた状態でも構わないが、後々困らないように機関はしっかりしていることは重要。現車確認から輸入~登録に関しては、ボンネビル参戦がライフワークでアメリカにもガレージを確保するフォーティエイト渡邉社長にお任せ。オーナーのユウスケさんは、渡邉社長がボンネビル参戦する上で、クルーとして同行する仲なのだ。

 

執念深いサーチの甲斐あって、辿り着いたのはまさかのカマロ!人気モデルなうえ、70~73年のセカンド初期においては最も軽量かつバリューの高い70年型!

 

それだけに、実際の状態が心配されたが、塗装や内装に年式相応のダメージはあるものの機関は良好。現地での長距離移動も自走で難なくクリア。国内で登録するまでには、キャブレターを新調し一般的な整備をした程度。350エンジンはハイカムが投入されてホットな仕様。マニュアルミッションはストックのマンシー製4速。LSDが組み込まれたリアエンドのファイナルギアはクイックな3.73:1。

 

実際の走りも、その仕様に準じたマッシブなポテンシャルをダイレクトに味わえて実に楽しい!車重の軽さや、エンジンのレスポンスの良さを常に体感できるのはスティックカーならではの大きな魅力だ。快適装備はなくとも、マッスルなポテンシャルを存分に楽しめるストリートカーとして本人満足度MAXなのだ!

ボディは凹み、錆、腐りがほとんどないストレートな状態。純正色のペイントはあちこちにダメージはあるものの、年式的にもルックス的にも不満のないレベル。サイドミラーはチープな社外品に変更されているものの、全体的にストックを保持している。スポイラー類を装備しないスタンダード状態がシルエットの美しさを際立たせている。

エンジンは最もポピュラーな350ci。詳細なスペックは不明だが、ハイカムが組まれフィーリングが良い。点火系のアップグレード、インテークやヘダースのアレンジも定番的ながら、パワーとレスポンスがバランス良く発揮されている。トランスミッションは純正採用のマンシー製4速マニュアル。

5スポークスタイルのホイールは、純正のZ-28ラリーホイール。70年代初期のシェビーマッスルを象徴するベストマッチなデザイン。タイヤはフロント:BFG Radial TA P235/60R15、リアはHoosier Quick Time P275/60D15。10ボルトのリアエンドにはLSD&3.73のファイナルギアが組まれている。

車体色と同等のライトブラウン系のインテリアがなんとも70'sアメリカンで素敵! 別体ヘッドレストで高さの低い70年型特有のシートはルックス的にスッキリしている。シフターは純正採用のHurst 製。ハンドルは往年の白玉に変更。

アメリカで探したクルマなだけに、当初は国内発送する前に、カリフォルニアの草ドラッグレースに参戦するつもりだったが、諸々の事情で断念。そんなわけで、日本国内のドラッグレースに参戦。体感としては抜群に気持ち良いマニュアルミッションも、ドラッグレースではATより不利。スティックでのドラッグレースあるあるで、思い通りの走りができず深みにはまる…!

ルックスよりもドライブする楽しさを追求してマニュアトランスミッションありきでアメリカの物件を日々サーチ! その執念深さと幸運で70 年型カマロを射止めたユウスケさん。ドラッグレースにも積極的に参戦し、マニュアルの難しさも痛感しつつ、スティックカーならではのダイレクト感とストリートカーしてのバランスの良さに大満足!!

 

平均的な現代のスポーツカーを凌ぐクイックなダッシュをダイレクトに味わえるのはスティックカーならでは! 往年のリンケージ式シフターによる大きなシフト動作も、マッスルカーならではの醍醐味としてプラスに作用!! クラッチは現代車ではあり得ないほどの重さだし、ブレーキにもサーボは無く、エアコンなどの快適装備がなくても、ドライブの楽しさは最高。現在でも通用するサスペンション、ハンドリングの良さは、流石2nd カマロといったところ!!

owner:YUSUKE


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2022年6月号掲載


関連記事

RELATED


究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

WORKも認める品質に加え豊富なバリエーションを展開【EKROW WXW C1M】

愛車の個性を引き出すために、必要不可欠なアイテムと言えばアルミホイールが最有力候補。国産ホイールメーカーの雄、WORKでは自社製品以外も扱っており、それがここで紹介するEKROWだ。

ザク・グリーンに似合うマフラーを手に入れる【シボレーカマロ】

ノーマルで購入した念願のカマロ。ドライブで視線を感じることに快感を覚え、もっともっと注目を浴びるために着手したのがカスタムだ。大胆に変化を遂げたカマロだが、オーナーさんは更なる快感を得るためにジェットシティを訪れる。

目立つスポーティなクルマでカマロを選ぶが、今ではアメ車の魅力を満喫中

他人と被らないという理由でアメ車を選ぶ人は多いが、今回紹介するオーナーさんもその1人。パーツをただ追加するのでなくアレンジも施している。

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!