二刀流の彼が愛用するトランポは、ルビコンステージから提供されたフォード・Eシリーズ!

バン

フォード

アメマガ2022年6月号

フォードで駆けろ

E150

E150XLT

ルビコンステージ

京都府

午年の彼が駆けるステージはトライアル、そしてハードエンデューロ。フラットダートはもちろん未開拓の地や過酷なコースまでを走破。まったく異なる競技をどちらも全力で挑み続ける二刀流の彼が愛用するトランポは、ルビコンステージから提供されたフォード・Eシリーズ!

世界一過酷と言われる、エルズベルグロデオに挑む!

フォードで駆けろ!輝きを放つブルーオーバル


HARD ENDURO TRIAL RIDER with FORD E-150 XLT

長距離遠征に車中泊も余裕でこなせる最高のトランポ!

フォード車と言えばマスタングにエクスプローラー、F-150に加え、最近話題のブロンコなどが挙げられる。しかしフルサイズバンに関しては、シェビーバンやラムバンのイメージが強いせいか、エコノラインやEシリーズは若干マニアックな選択肢だが、そのマニアックさがプラスに働いて個性や存在感は別格のオーラを放つ。とくにハイエースをトランポにするケースが圧倒的に多いオフロードバイク競技において、そのインパクトはかなりのものだそうで、E-150=藤原慎也のイメージはファンの間でも瞬く間に定着したそうだ。

トライアルライダーとして活動を始めた当初は7インチアップしたハイラックスのダブルキャブの荷台にバイクを乗せて各地を遠征していたが、2015年にハードエンデューロとの二刀流となったことで積載性に限界を感じてハイエースに変更。しかし以前愛用していたハイラックスに比べて個性は無くなり、誰もが当たり前にトランポとして使用するハイエースじゃやっぱり味気ないなと思っていた矢先、4輪オフロード界で活躍する京都のルビコンステージの東山氏からのサポートによって2年ほど前から愛用しているのがE-150なのだ。ちなみに東山氏との交流は、藤原さんの兄と東山氏が四駆競技を共に嗜む仲だったこともあって、藤原さんも必然的に距離感が縮まった。

 

トランポとしているE-150は2WDではあるが、リフトアップを施してトーヨー・オープンカントリーのM/Tをマウントしているため、パドックエリアまでの道中が雨でぬかるんでいたとしてもスタックすることなく安心して辿り着け、さらに横方向にワイドなフルサイズバンだけに、バイクを積んだままでもベッドスペースが確保できて遠征先での車中泊も快適だと話す。

そんな藤原さんのメイン競技は7歳から継続するトライアル競技、そして2015年からはハードエンデューロ競技にも挑戦。2014年に全日本トライアル選手権国際A級シリーズチャンピオンに輝き、翌年から日本最高峰国際A級スーパークラスライダーとして活躍しながらも、ハードエンデューロ界に挑み、2021年に開催されたG-NET全日本ハードエンデューロ選手権における特別選抜戦で優勝。どちらの競技においても日本のトップライダーとして君臨。そして2022年の6月には世界一過酷なハードエンデューロバイクイベント「レッドブル・エルズベルグロデオ」に挑戦する。かつて5名の日本人が果敢に挑むも完走したのはただ1人。日本人完走2人目を目指す。

奇しくもフォードブルーの青はボクシングでいう青コーナーの挑戦者。さらにフォードの象徴である荒野を駆け抜ける野生馬はまさにロデオ。魔よけの意味を持つ麻の葉、不二、不死、そして苗字の一部でもあり日本一の富士山にもかけた藤の花、さらには繁栄の意味をもたらす日本を代表する桜の模様を取り入れて、エルズベルグロデオ参戦のために製作された2020年モデルのGASGAS EC300と共にオーストリアへ遠征する藤原さんの完走を、アメ車マガジンとしても全力で祈願して応援したい!


FORD E-150 XLT

2002年型のE-150をベースにリフトアップを施し、265/75R16のオープンカントリーM/Tをセット。2WDらしからぬスタイリングで多少のオフロードも難なく走破。どこへ遠征に行っても辿りつける頼もしさと、広大なキャビンスペースはトランポとして抜群のパフォーマンス!

このモデルイヤーはオートクルーズが標準装備。速度を任意で設定してアクセルから足を話してステアリングを操作するだけで信号の無いハイウェイでは楽にドライブが可能。セカンドシートより後ろは広大なラゲッジスペースとなり、バイクを積み込んでも就寝スペースが余裕で確保できるところもフルサイズバンならではの魅力。


2020 GASGAS EC300

予選はハイスピードコースのフルフラットダートタイムアタックレースで、1500人の参加者から500人が決勝へ進める。一方で本線は鉄鉱山38kmを4時間で走破するコースとなり、毎年数人しか完走できない過酷を極めた難関コース。予選と本線でまったく異なるコースのため、タイヤやサスペンション、スプロケットなどを使い分けており、リンクボルトやアクスルシャフト、エンジンマウントボルトなどもスペシャルパーツを導入する。


【藤原慎也プロフィール】

1990年1月6日 兵庫県西脇市生まれ

2014年全日本トライアル選手権国際A級シリーズチャンピオン
2015年~日本最高峰国際A級スーパークラスライダーとして活躍中
2018年からトライアルバイクを多くの方に知って欲しい想いから、国際A級スーパークラスのライダーしか出場が許されない大会「City Trial Japan(シティ・トライアル・ジャパン)を毎年開催。
2015年からはハードエンデューロにも挑戦し、2021年G-NET 全日本ハードエンデューロ選手権 “特別選抜戦” という大会で見事、優勝。
2022年6月エルズベルグロデオにて日本人で2人目の完走に挑む。

メディア出演歴/
今夜くらべてみました( 日本テレビ)
笑ってコラえて!(日本テレビ)
今ちゃんの実は( 朝日放送テレビ) など。


RUBICON STAGE【ルビコンステージ】

TEL:075-748-1119
http://rubicon-stage.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年6月号掲載


関連記事

RELATED


F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

Jeepを意識したコンパクトSUVとして誕生したアーリーブロンコから派生しながらも、ブレイザー、ラムチャージャーに対抗するフルサイズSUVとなったブロンコⅡ。コレクタブルカーとなった初代に続いて、ブロンコⅡはフルサイズトラックに便乗して人気急上昇!

後悔のない人生を送るため、ずっと憧れていたマスタングの購入を決断。

たった一度の人生、後悔なく生きる。よく聞くことのある言葉だが、一度死を覚悟し生還した人の口から聞くと、その言葉の重みは全く違う。生存確率40%という大手術を乗り越えたTAKAさんは、後悔のない人生を送るため、ずっと憧れていたマスタングの購入を決断する。

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

正規ディーラーと同水準のアフターサービスを誇るFLCなら、安心のフォードライフを送ることが可能だ。

フォードが欲しい!でも正規販売店がないのは不安で、他ブランドにしよう…と決断するのはまだ早い。正規ディーラーと同水準のアフターサービスを誇るFLCなら、安心のフォードライフを送ることが可能だ。

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/05/23

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。