Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

SUV

フォード

アメマガ2022年6月号

ブロンコ

フォードで駆けろ

ブロンコⅡ

Jeepを意識したコンパクトSUVとして誕生したアーリーブロンコから派生しながらも、ブレイザー、ラムチャージャーに対抗するフルサイズSUVとなったブロンコⅡ。コレクタブルカーとなった初代に続いて、ブロンコⅡはフルサイズトラックに便乗して人気急上昇!

本来のSUVとして「カジュアル」に使えるフルサイズのブロンコが熱い

フォードで駆けろ!輝きを放つブルーオーバル


Fシリーズトラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目の的

1986 FORD BRONCOⅡ

近年のアウトドアブームの影響で、使用目的に関係なく、スタイルとしてSUV全体がトレンドとなっている。また、クラシックなモデルも全般的に人気が高まっている中で、アーリーブロンコはコレクタブルカーとしてかなりのハイバリューで流通する始末。そんな動向の中で、フルサイズSUVとなったブロンコⅡの魅力も再認識されている。SUV人気に加えて、スクエアなフォルムが特徴の70~90年代のフルサイズトラックが爆発的に人気のため、Fシリーズ・トラックと兄弟関係にあるブロンコⅡが注目されている。

GM車は社外パーツが充実しており、拡張性が高くカスタムのベースとしてとりわけ人気だが、フォード車は特有のツイン・トラクションビーム式サスがローダウンには不向き。少数派のMoparは、そもそもが希少で、ファンがマニアックなところに、近年では一般的にも人気が高まっているため、バリューが高騰。そんなわけでブロンコⅡは、今ならギリギリ本来のSUVとしてカジュアルに使うことができる存在。

 

この個体はサーフィンが趣味のオーナーの愛機として数年前にアメリカから輸入。使用目的、状態、コストのバランスが取れた魅力的なもの。サーフィンは1年を通してコンスタントに楽しんでいるため、ボードなどは常に搭載された状態で、日常使用でも活躍中。モデルのキャラクターや立ち位置に見合う使用状況がこのクルマの魅力を際立たせている。

規格の角形ライト&格子グリルというデザインは同年の他社モデルたちも共通ながら、彫りの深い顔つきが特徴的。スクエアながらもフロント周りやルーフを抑えたデザインにより、引き締まった印象。同世代のK5ブレイザー同様に、ハーフキャブ状態で白い部分のルーフは脱着式。

外観同様にスクエアーを基調にしながらも立体感のあるデザインが魅力的、連装するインジケーターによるモダンなイメージと、ウッドの化粧板などの落ち着いた配色とのコンビネーションから時代性が感じられる。

フロントは特徴的なツイン・トラクションビーム。ダナ44アクスル+コイルスプリング。リアはフォード9+リーフスプリング。ホイールはスチールながらも軽量なARバセットタイプ。この個体の装着タイヤはBF Goodrich Mud Terrain T/A 31×10.5R15LT。

エンジンは300ci(4.9ℓ)の直6、302ci(4.9ℓ)、351ci(5.8ℓ)、351Windsor の3種のV8でラインナップ。トランスミッションは、2種の速マニュアルと、3速C6・ATと4速AOD。この個体はリフレッシュした302ci+C6の組み合わせ。


PHOTO & TEXT:石橋秀樹

アメ車マガジン 2022年6月号掲載


関連記事

RELATED


正規ディーラーと同水準のアフターサービスを誇るFLCなら、安心のフォードライフを送ることが可能だ。

フォードが欲しい!でも正規販売店がないのは不安で、他ブランドにしよう…と決断するのはまだ早い。正規ディーラーと同水準のアフターサービスを誇るFLCなら、安心のフォードライフを送ることが可能だ。

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

歯車的なメッシュデザインを別体感の強いフォルムで構築【KMC KM545 TREK】

スタイルヨシ、乗ってヨシの アメリカン4×4の優等生【フォードブロンコワゴン】

6世代目として初代のデザインをオマージュして復活するなど、何かと注目度の高いブロンコ。中でもこの「初代」は、近年コレクタブルカーとして注目度が高まっているが、このワゴンはアップグレードを施して通勤からショップのサービスカーまでオールマイティに活躍!

フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニア

フォードには上級ブランドのリンカーンがあることは知られているが、中級ブランドのマーキュリーがあることも忘れてはいけない。日本ではマイナー存在だが、本国では普通に見かける一般的なブランドだ。フォード・エクスプローラーと兄弟車であり、上級なインテリアが特徴のマウンテニアを紹介しよう。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429