ヘルキャットや392など様々な車両が借りられる!【LAX RENTACAR】

ショップ

ラグジ

岐阜県

LAXレンタカー

アメマガ2022年6月号

アメマガリコメンドショップ

レンタカーと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるだろう。一般的には低グレードで走れば十分なクルマを思い浮かべるかもしれない。そんな既成概念を壊し、アメ車の楽しさが体感できるラックスレンタカーを、あのラグジがスタートさせた。

ラグジ、レンタカー始めました。

アメマガリコメンドショップ


Lax Rent-A-Car

ヘルキャットや392など様々な車両が借りられる!

日本国内でアメ車をレンタルできるお店は、決して多くはない。なぜ今更…という気持ちでラグジに向かったが、着いた瞬間に想像を覆す光景が広がっていた。

 

そこに並んでいたのは、チャレンジャーやマスタング、さらにはJKラングラーやテスラのモデル3。一度は乗ってみたいと思う様なクルマたちばかり。島澤社長は「販売店で試乗しても、隣にお店の人が座っていたら思いっきり走れないですよね。その点レンタカーなら、自分の走りたいように走れます。自宅の車庫に入るのか? 普段走る道や通勤経路で問題はないか? 家族の反応はどうか? など、購入を想定したシミュレーションにも活用可能です」と語る。確かにヘルキャトを試乗できるお店はまずないし、テスラは一度使ってみないと、ライフスタイルに合っているか分からないもの。

 

レンタル料金は3時間から設定されており、ウィークリーやマンスリー利用の場合は割引もある。免許を取得して3年以上経過していることが条件で、他にもサーキットやオフロードコースは走行禁止。また、空ぶかしやホイールスピードもNGとなる。

 

とはいえ、一度は乗ってみたいけど手が出せず躊躇している人にとって、体感するまたとないチャンス! 季節や目的に合わせて、いつもと違うクルマでドライブするだけでもアメ車の楽しさを実感でき。もちろん、事故などの代車として利用可能なので、どうしてもアメ車でないといけない人の利用もウエルカムだそうだ。


DODGE CHALLENGER SRT HELLCATWIDEBODY

一番の目玉車両が、このヘルキャットワイド。流石に「わ」ナンバー登録された個体は、日本で1台だけかも。基本的にノーマル車両だが、もちろん黒い鍵だけでなく赤い鍵もレンタルしてもらえる。707hpを体感できると考えれば、決してレンタル代は高くないかも?


DODGE CHALLENGER SRT 392

NAのチャレンジャーで最大の排気量を誇る、6.4Lの392。リアディフューザーが装着されているが、基本的にこちらもノーマル車両。ちなみに全車ナノゾーンコートと呼ばれるウイルス除去を施しているので、安心して利用が可能。もちろん定期点検記録簿も付いている。


FORD MUSTANG EcoBoost Convertible

これからの季節に最適なのが、このマスタングコンバーチブル! ルーフの開閉はロックを解除し窓を開け、スイッチを押すだけ。わずか5秒程でフレッシュエアーを体感できるので、デートにピッタリ。いつもと違うクルマに乗りたいなら、コンバーチブルがオススメです。


FORD MUSTANG GT Fastback

1世代前だが、V8・5.0Lを搭載するマスタングGT。この車両にはエアサスが組み込まれており、マフラーもフローマスターを装着。カスタムしたいけど、その後の乗り味やサウンドを知りたい…という人に最適。ちなみに全車にいえるが、気に入ったなら購入することも可能だ。


Jeep WRANGLER UNLIMITED SPORT / TESLA MODEL 3

マッスルカーだけでなく、SUVやEVもラインナップ中。特にラングラーは3台用意されており、この他に2WDだがレネゲードも1台ある。ルーフラック付きが1台あり、アウトドアのトランポとして活躍すること間違いなし。時代を先取りしてEVに乗ってみたいけど、充電設備や使い方が不安という人は多いだろう。そんな人こそ、一度このモデル3を体感してみると良いだろう。


THANKS:LUXZ【ラグジ】

TEL:058-259-3922
HP:https://luxz.jp/
PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年6月号掲載

関連記事

RELATED


圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

空港から徒歩圏内の好立地、鹿児島県を代表する覇王ホイールズ!

自社オリジナルブランドのAMEMAG、オーダーメイド鍛造ホイールのHIGH FORGEDを手掛ける鹿児島県の覇王ホイールズ。クロスファイブを初めとする各種イベントでインパクトの強いオフロードビークルが並ぶ姿にカーショップと勘違いする人も続出!?

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

大量生産品ではない、唯一無二の仕様を提案【ヘブンスペース】

アメ車を買って自分だけのカスタムもしたい!そう考えるユーザーから支持され続けるお店、ヘブンスペース。まったく異なる仕様に仕上がった2台のC-1500は、同社の幅広い技術力が垣間見える。

2インチリフトアップでも37インチタイヤが装着可能【SCT-XWD】

ピックアップが好きだったことが嵩じて、四駆専門店を始めたSCT-XWDの六田社長。長年ラングラーのカスタムに取り組んできたが、JEEP+ピックアップというJTは、まさに格好の素材だと語る。

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。