多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメマガ2022年7月号

アストロ

ピットインアクツ

埼玉県

GM CARNIVAL

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

GM CARNIVAL-やっぱりGM系がいい-


'02 CHEVROLET ASTRO

ストレスを感じずのんびり走る最高の相棒

「桜が咲く頃になると、なんだか新しいクルマが欲しくなるんですよ(笑)」。そんな冗談が冗談に聞こえない程、角田さんのアメ車経歴は圧巻だ。XJチェロキー、JKラングラー、グランドチェロキーSRT、C5コルベット、チャレンジャー・スキャットパック、YJラングラー、シルバラード(現在も所有)。「基本好きになるのは四駆です。コルベットやチャレンジャーも乗りましたが、車高が低いクルマはすぐ飽きちゃって、すぐに手放しました」。

そんな数々のアメ車に乗る中で、角田さんの頭から離れなかったクルマが、以外にもアストロだ。「昔のブームの時、乗りたくても乗れなかったんですよ。その憧れがずっとあって、クルマを入れ替える度にアストロを探したんですけど、条件に合うのが無くて…」。

 

しかし2021年10月、ようやく条件に合う車両を見つけ即決購入。ディーラー車だったが、本国仕様にするためサイドパネルを外し、バセットホイール、オールテレーンタイヤを装着し四駆スタイルを追及。さらにその姿を本格的にするため、訪れたのが埼玉のピットインアクツ。「知人がショップに通っているのを知り、一緒に訪れたら、そこはアストロパーツの宝庫(笑)。アストロを買ったら絶対に来ようと決めてました」。

 

理想の姿にすべく依頼したのは、F3インチ、R4インチのリフトアップ、ワンオフサイド出しマフラー、本国仕様リアバンパー移植、そして純正台座を活かしたレカロシートの装着だ。「アストロは、ボディサイズも丁度良いし運転でストレスも感じない。のんびり走る愛車として、最高の相棒だと思います。久々に長く乗るクルマかもしれませんね」。そう語る角田さんの目の前には、満開の桜が咲く。新しいクルマが欲しい病は、どうやら何事もなさそうだ。

車両はディーラー車だが、本国仕様にするためサイドパネルを外し、本国仕様リアバンパー、サイドミラーを移植。ホイールはバセットの15インチで、BFグッドリッチ・オールテレーンタイヤを組み合わせる。トーションキーでフロント3インチ、ロングシャックル、ヘルパースプリングでリア4インチアップ。マフラーは、オリジナルサイド出しテールエンドにフローマスター40を組み込む。

ピットインアクツに止まっていたアストロにレカロシートが装着されているのを見て、同じくレカロシート装着を依頼。純正台座を利用しているため、前後のスライドも可能だ。

OWNER: 角田さん

XJチェロキーを皮切りに、数々のアメ車に乗ってきた角田さん。愛車はいずれもカスタムを施してきたが、純正デザインを大きく崩すカスタムをしないのがポリシー。愛車は常に2台持ちで、最長で5年所有。現在の愛車はアストロの他にシルバラードを所有。買い替えのタイミングは、桜の咲く頃と、同じクルマを街で見かけて気持ちが萎えた時だと言う。


Thanks:PIT IN AKUTSU【ピットインアクツ】

TEL:048-421-1865
http://www.pitin-akutsu.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年7月号掲載


関連記事

RELATED


父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

護送車をテーマにメイクしたピットインアクツのシボレーアストロ

護送車をテーマに CHEVROLET ASTRO

絶対に浮気なんてしませんよ! 嫌いになる理由がないですから!20年間アストロに乗り続けています!

どんなに大好きなクルマでも、長年乗っていればマンネリして違うクルマに乗りたい誘惑があるものだが、YOSHIさんは20年間アストロ一筋だ!

ピットインアクツは、オーナーの要望に答えてワンオフパーツを次々と製作する!

どんなオーダーでも無理とは言わない職人魂!
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる
OWNER:プーさんに似てるよさん

人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!【ピットインアクツ】

人気上昇中の旧マスクをベースにポップなカラーリングを施して、どこか愛くるしいスタイルに変化させた。旧マスクファン必見です!

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】