ジープらしいスタイルを強調しつつ、保安基準を満たす安心感も魅力

SUV

ジープ

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

エルフォード

埼玉県

ラングラー

ラングラーアンリミテッドサハラ

JLラングラー

デビュー当初は否定的な意見が少なくなかったラングラーの4ドア。だがそれまでのイメージを払拭し、新たなユーザーを開拓したJKラングラー。そのヒットをさらに確実なものとしたJLラングラーを、今や見かけない日はない。

断然JEEP派


得意のFRPアイテムでシンプルかつスタイリッシュに仕上げる!

2021 JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA

1941年の登場以来、80年以上に渡り4WDの代名詞として君臨するジープシリーズ。その中でも直系モデルに当たるラングラーは、リアルオフローダーに愛され続けている。かつては「マニアのためのクルマ」というイメージが定着しており、スポーツカーのような趣味性が強く、ファミリーカーとは対極にあったと言えるだろう。その印象は一般ユーザーだけでなくカスタマイズのプロも同様に感じており、ローダウンやエアロスタイルというカスタムスタイルのパイオニアとして知られるエルフォードにとって、無縁と言ってもいい存在だった。

だがラングラーの4ドアが登場し、アウトドアブームが再来。今では街でラングラーを見かけない日はない!と言えるほど、広く一般的なクルマとして認知されている。そこでエルフォードでは、これまで様々な車種で培ったエアロパーツの技術をフルに活かし、ジープ用のFRPパーツをリリース。

 

もちろんジープらしさは損なわず、アグレッシブさやワイルドなスタイルを強調。過激なカスタムに憧れるユーザーは多いかもしれないが、さりげなくノーマルとは異なるという個性を求めるユーザーに最適と言えるだろう。

 

すべてのアイテムが保安基準に適合しており、マフラーは4ドアだけでなく2ドア用も絶賛発売中。スタイルだけでなく、機能性や順法精神なども重視した、まさに「オトナのためのカスタマイズアイテム」と言えるだろう。

FRPでありながら、まるでスチールバンパーのような逞しさを実現したエクストリームバンパー。純正フォグが移植可能で、中央のスキッドパネルは脱着可能。バンパー上部にはダミーフックを備えるが、運転席側には専用の牽引フックも設定。スチールバンパーのような回頭性の悪化も感じることはない。

センターと左右にダクトが設けられたFRP 製の軽量ボンネット。軽いだけでなく、エンジンルーム内の熱をしっかり逃がす効果がある。また雨水がエンジンにかからないよう、2重構造を採用している。

スペアタイヤレスにし、リアビューをスッキリと見せるスムージングパネル。ハイマウントバックランプはリアウインドーの内側に移設し、安全性を確保。左右4本出しのウルトラパフォーマンスマフラーはリアビューにスポーティさを追加。専用のサイレンサープレートはガードの役割も果たす。

サイドシルガードとステップが一体になったような、チューブタイプのステップを装着。フロントとリアでボディとの距離を個別に調整できるので、自分や家族の体格に合わせてセット可能だ。

フロントウインドーの上には、LEDのルーフマーカーランプをセット。ルーフの脱着機能をスポイルせず、コンパクトなサイズとすることで、様々なルーフラックも装着可能。ほかにはない個性を演出できる。

エルフォードが、長年に渡りリリースするブラッドストック。最大の特徴は、三次元加工された独特なオーバル形状の丸穴を採用している点で、ディッシュにもスポークにも見せることが可能。また、放熱性にも優れる利点もある。デモカーに装着するグロスブラック/ポリッシュリムは立体感を強調でき、足もとに程よいアクセントを与えることが可能だ。

25mm9ワイドのオーバーフェンダーは、ボディとのマッチングを考慮したデザインを採用。ヘッドライトの移設や構造変更が不要で、手軽に1サイズ大きなタイヤを装着することが可能だ。

アルミ削り出しのビレットシフターに交換。ブラックとシルバーのカラーリングがメカニカルな雰囲気を醸し出す。エクステリアだけでなく、インテリアもジープの武骨さをさらに強調することができる。


ELFORD【エルフォード】

TEL:048-966-3551 
https://www.elford.co.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


普段乗りも快適な本格派4×4!JLラングラー1台あれば旧車道楽も安心

コルベットC3と共に登場してくれているERIさん。実は旦那さんと共にハーレーやビンテージカーを複数台所有するマニア。そんな夫婦が唯一気負いせず、気楽に乗ってどこへでも走らせるメインシューズがJLラングラーだ。

オフロードの走りを格上げするスペシャルカスタムでJLラングラーが劇的進化!

Jeepカスタムの老舗タイガーオートが贈るエクストリームマシン。Jeepラングラー アンリミテッド ルビコン(JL型)に40インチタイヤをインストールし、サスペンションからエクステルアまでしっかりと手を入れたスペシャルなクルマなのである。

求める性能やスタイルに合わせ、最適なカスタムメニューを提案する【TAKE-OFF】

カスタムだけでなく、国内をはじめ北米大陸やグアム島のオフロードレースに長年参加し、本場アメリカのオフロード文化を体験する中でジープの独自性を経験したテイクオフ。ゆえにラングラーのカスタムは得意中の得意で、多種多様なスタイルを提案中だ。

ラングラーユーザーの思いを具現化する1台をヒルトップが仕上げた。

タフなイメージのするアメ車といえば、ラングラー以外にもピックアップトラックなど、数多くのモデルがある。しかし、どんな悪路をもいとわず駆け抜けるラングラーこそタフさが問われる。ストックのままでも高いポテンシャルを秘めるが、さらなる高みを求め強靭なシルエットを創造。

ローダウン&エアロパーツというスタイルを築き上げたエルフォード

JL WRANGLER UNLIMITED SAHARA
JL WRANGLER RUBICON

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2