ラングラーユーザーの思いを具現化する1台をヒルトップが仕上げた。

SUV

ジープ

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

JLラングラー

ラングラー

ラングラーアンリミテッドスポーツ

ヒルトップ

東京都

タフなイメージのするアメ車といえば、ラングラー以外にもピックアップトラックなど、数多くのモデルがある。しかし、どんな悪路をもいとわず駆け抜けるラングラーこそタフさが問われる。ストックのままでも高いポテンシャルを秘めるが、さらなる高みを求め強靭なシルエットを創造。

“タフでなければ生きていけない”名台詞のごときハードな装い

断然JEEP派


褐色の大地を駆ける逞しい仕上がり

2021 JEEP WRANGLER UNLIMITED SPORT

ここに取り上げるラングラーを製作したのは、東京都八王子に店舗を構える「ヒルトップ」。国籍を問わず、四駆であればどんなクルマをも逞しきフォルムへと造り上げることに定評がある。代表の木村氏とは長年の付き合いで、姉妹誌の取材ではお世話になっているのだが、本誌では今回初めて取り上げることとなった次第。

今や人気実力ともにマーケットで高く支持されているラングラーだが、そのままでは画一的で物足りなさを感じている人も少なくない。やはり四駆モデルとしての硬派な部分を強く押し出したくなるのが心情だろう。そんなラングラーユーザーの思いを具現化する1台をヒルトップが仕上げた。

スポーツグレードをベースに、そのボディには屈強なボディパーツを纏わせる。ファブフォースのスチール製ウインチバンパーにオーバーフェンダー、さらにルーフ前方部にはKCのLEDライトを8灯装備して、逞しさに抜かりなしといったフォルム。

 

そして、このスタイルを形成する一番の肝は足回り。ヒルトップでは主にオリジナルセッティングを施したKINGやICONのサスペンションキットを用いることが多いが、今回はJKSのキットを用いてハイト化。これにより40インチ外径タイヤの装着を可能とし、ボディと足回りの両面から硬派に仕上げられていることが見て取れる。

フロントバンパーはオーバーフェンダーと統一してFAB FOURS のLIFESTYLE WINCH BUMPERを装着するとともに、ルーフにはKCの8灯LEDライトバーを装着。リアにはエルフォードのスムージングパネルキットをあしらいスッキリとした装いに。

サスペンションはJKS MANUFACTURING のリフトアップキットをインストールしてハイト化。フロント&リアガスショックはFOX 2. 0パフォーマンスシリーズが組み合わされ、あらゆる地形で優れた乗り心地を実現するように設計されているのが特長。

ノーマルフェンダーでも40インチ外径タイヤを容易にかわすことができるが、FAB FOURSのLIGHT FENDER SYSTEM&MODULAR REAR FENDER SYSTEMを組み合わせることで強靭さをプラスする。

タイヤはYOKOHAMA・GEOLANDAR X-MT(40×13.50R17LT)。これに組み合わせたホイールはICON Alloys・COMPRESSION(17×8.5J)。


HILL TOP【ヒルトップ】

TEL:042-646-8868
https://www.4x4hilltop.com/


PHOTO&TEXT:編集部

アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


普段乗りも快適な本格派4×4!JLラングラー1台あれば旧車道楽も安心

コルベットC3と共に登場してくれているERIさん。実は旦那さんと共にハーレーやビンテージカーを複数台所有するマニア。そんな夫婦が唯一気負いせず、気楽に乗ってどこへでも走らせるメインシューズがJLラングラーだ。

求める性能やスタイルに合わせ、最適なカスタムメニューを提案する【TAKE-OFF】

カスタムだけでなく、国内をはじめ北米大陸やグアム島のオフロードレースに長年参加し、本場アメリカのオフロード文化を体験する中でジープの独自性を経験したテイクオフ。ゆえにラングラーのカスタムは得意中の得意で、多種多様なスタイルを提案中だ。

ジープらしいスタイルを強調しつつ、保安基準を満たす安心感も魅力

デビュー当初は否定的な意見が少なくなかったラングラーの4ドア。だがそれまでのイメージを払拭し、新たなユーザーを開拓したJKラングラー。そのヒットをさらに確実なものとしたJLラングラーを、今や見かけない日はない。

オフロードの走りを格上げするスペシャルカスタムでJLラングラーが劇的進化!

Jeepカスタムの老舗タイガーオートが贈るエクストリームマシン。Jeepラングラー アンリミテッド ルビコン(JL型)に40インチタイヤをインストールし、サスペンションからエクステルアまでしっかりと手を入れたスペシャルなクルマなのである。

構想10年の大改造!15インチボディフレームストレッチ【TJ ラングラー】

オフロードの難関コースに挑むため、徐々に愛車TJラングラーの装備を充実させていった鶴山さん。しかしそれでもクリアできないコースと遭遇し、思いついたのが、何とホイールベースの拡張だ。構想10年作業期間2年という大プロジェクトを経て、遂に15インチボディ&フレームストレッチが完成した。

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger