ガッツリカスタムしたくて、レネゲードからTJラングラーに変更

SUV

ジープ

アメマガ2022年9月号

断然JEEP派

ラングラー

TJラングラー

クアート

岐阜県

フォージアート

ジープなら色々なカスタムができると思い込んでいたが、実はそうじゃなかったと語る北出さん。そんな彼がカスタム欲を満たすために選んだ愛車は、3ドアしか販売されていないTJラングラーだ。

断然JEEP派


他の誰とも違う個性の塊、そんな仕様を目指します!

JEEP WRANGLER

「オンロードだけでなく、色々なラフロードを走ってみたい」。そんな想いでジープ・レネゲードを購入した北出さん。走ること以外にカスタムも行いたかったそうだ。「でも最初に結論を言うと、ジープブランドであってもラングラーとレネゲードではまったくの別物でした。一番痛感したのはカスタムの幅広さが段違いでしたね。一応レネゲードはもっともオフロード性能を重視したトレイルホークだったんですが、実際中身はアメ車というより欧州車で、思っていたのと違いましたね」と北出さんは振り返る。

そこでレネゲードから乗り換えたのがTJラングラー。JKやJLだとありふれているし、ありきたりなオフロード仕様でなく、敢えて都会に似合うスタイルでクアートにカスタムを依頼。基本的にお任せ仕様だったそうだが、北出さんが唯一リクエストしたのは「中途半端ではなく、個性の塊にして欲しい!」ということだった。

 

そんな期待に応えるべく、クアートの酒向社長はフォージアートの22インチホイールをチョイス。ボディ各部をブラックに変更し、リムのスポークや中心部分にゴールドをあしらうことで、足もとの存在感を際立たせている。もちろんロックナットはトゥルースパイクで、既存のTJとはまったく異なる方向性を実現したと言えるだろう。

 

流行りでなく、個性を主張するためにTJを選ぶ北出さん。その姿からは、「本当にTJが好き」という感情が溢れ出していた。

前後のバンパーは、HOOKE RORD の金属製に変更。ヘッドライトはLED に換装し、メッキグリルも追加。ベースはサハラでサウンドバーが装備されているがスピーカーをKICKER に変更。重低音が頭上から降り注いで来るあたりはありきたりではないカスタムと言えるだろう。

オーバーフェンダーはノーマルのままで、ボディ色に合わせてブラックにマッチペイントを実施。サスペンションはノーマルのままだが、3インチのボディリフトを行い、フォージアートの22インチに、。ATタイヤを組み合わせる。

JEEP OWNER'S FILE : Yoshiaki Kitade


THANKS:QUARTT FAB

TEL:0583-81-9167
http://quartt.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2022年9月号掲載


関連記事

RELATED


構想10年の大改造!15インチボディフレームストレッチ【TJ ラングラー】

オフロードの難関コースに挑むため、徐々に愛車TJラングラーの装備を充実させていった鶴山さん。しかしそれでもクリアできないコースと遭遇し、思いついたのが、何とホイールベースの拡張だ。構想10年作業期間2年という大プロジェクトを経て、遂に15インチボディ&フレームストレッチが完成した。

機能重視のXJチェロキーか走りを追求するTJラングラーか

JEEPが欲しいけど、今の価格じゃ手が届かない。そんな悩みを抱える人にオススメしたいのが、TJラングラーやXJチェロキー。20年の年月が経過するが、むしろ今の流行りのスタイルと言える。

普段乗りも快適な本格派4×4!JLラングラー1台あれば旧車道楽も安心

コルベットC3と共に登場してくれているERIさん。実は旦那さんと共にハーレーやビンテージカーを複数台所有するマニア。そんな夫婦が唯一気負いせず、気楽に乗ってどこへでも走らせるメインシューズがJLラングラーだ。

求める性能やスタイルに合わせ、最適なカスタムメニューを提案する【TAKE-OFF】

カスタムだけでなく、国内をはじめ北米大陸やグアム島のオフロードレースに長年参加し、本場アメリカのオフロード文化を体験する中でジープの独自性を経験したテイクオフ。ゆえにラングラーのカスタムは得意中の得意で、多種多様なスタイルを提案中だ。

ラングラーユーザーの思いを具現化する1台をヒルトップが仕上げた。

タフなイメージのするアメ車といえば、ラングラー以外にもピックアップトラックなど、数多くのモデルがある。しかし、どんな悪路をもいとわず駆け抜けるラングラーこそタフさが問われる。ストックのままでも高いポテンシャルを秘めるが、さらなる高みを求め強靭なシルエットを創造。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。