C8コルベット用の2WAYサブタンク式フルタップ車高調!

クーペ

シボレー

足回り

アメマガ2022年10月号

オールインポート

埼玉県

クラスリート

チャレンジャー用の2WAYサブタンク式車高調を皮切りに、走りを犠牲にしないエアサスなど、車高&走りを求めるユーザーから大きな支持を受けている「クラスリート」。そのクラスリートから新たに登場したのが、世界初となるC8コルベット用の2WAYサブタンク式フルタップ車高調だ。


車高・足回りの拘りがクラスリート

より低くを目的に、車高調整をするのは世界共通のカスタムスタイルで、ダウンサスに始まり、自在に車高をコントロールできるエアサス搭載は必須のアイテムだ。だが問題になるのが、低さを優先する故に犠牲となる走行性能。ベースがスポーツモデルともなれば、走りを取るか低さを取るかの究極の二択を迫られる。

そこで注目されるのが、車高調の存在。スポーツ走行ではお馴染みのパーツで、ミリ単位の車高調整により、重心が安定し車体のロールを抑え、操縦安定性が向上。エアサスほどタイムリーに車高調整はできないものの、走行性能を高めながら低さを実現できるとあって、車高・足回りに拘るショップはオリジナルで独自の車高調の開発を行なっている。

埼玉のオールインポートもその一つで、オリジナルブランド「クラスリート」を立ち上げ、チャレンジャー用などの2WAYサブタンク式車高調、エアサスでありながら走りを犠牲にしない2WAYパフォーマンスエアサスを登場させ、走りと低さを求めるユーザーから大きな支持を得ている。

そのノウハウを生かし、満を持して開発したのが、世界初のC8コルベット用の2WAYサブタンク式フルタップ車高調だ。アメリカンスーパーカーの代名詞であるコルベットという唯一無二のクルマは、安易に低さだけは求められない。大容量サブタンクを設置し、確かな乗り心地と安定した運動性能を追及。スポーツ走行からシティ走行までを考え、高強度、軽量化を実現し、低車高と共にコルベットの走りを最大限引き出すことに成功した。

走りに拘りコルベットに乗るオーナーならば、間違いなく注目に値する車高調。それが、日本の埼玉で生み出されたのである。

装着するホイールはワークのF20×9J、R21×12J。


CLATHLETE【クラスリート】

伸長時36 段減衰調整・圧縮時24 段減衰調整が可能。長く安定走行が可能な単筒式、フリクション低下を目的とした正立式強化ブッシュアッパー、大径ピストン44 ㎜を採用し、最適な圧側伸側の運動性能の安定化。アルミ削り出しUP マウントを採用し、シェルケースも同様にアルミ製で高強度、軽量化を維持。スポーツ走行からシティ走行まで考えた最適な規格オイル、ガスを採用し内部キャビテーションを抑制。スプリングはSAE規格の高耐久スチール製。

※ Fリフター車装着不可。Z51電子制御ダンパー装着車両はキャンセラーが必要。

CALTHLETE 2WAYフルタップ式車高調キット

キャンセラー付き/598,000円
キャンセラー無し/548,000円


ALLIMPORT【オールインポート】

TEL:048-959-9419
https://www.allimport.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈

アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

エアサス搭載のチャレンジャーヘルキャットでドリフトを楽しむ

2018 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT

交点数の多いクラシカルデザインのメッシ ュを特徴とするワークVS XV

2つのリムとディスクという、文字通り3つの部品から構成される3ピースホイール。サイズはもちろん色の自由度も極めて高く、まさにカスタム派のためのアイテムと言える。

マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD