【F.A.S.T 1976y シボレーコルベット スティングレイ】絶妙なクビレがSEXYなC3

クーペ

ビンテージ

シボレー

足回り

チューニング

コルベット スティングレイ

大阪府

スティングレイ

アメリカンビンテージvol.01

F.A.S.T

Green Wood

コルベット

KONIコイルオーバー

C3コルベット

第一印象はその一言に尽きる程、絶妙なクビレがSEXYなC3。もともとロングノーズにタイトなウェストライン、ボリューミーなリアフォルムを持つ独特のラインが魅力的なC3。


1976y シボレーコルベット スティングレイ

1976y Chevrolet Corvette Stingray

グラマラスボディ。第一印象はその一言に尽きる程、絶妙なクビレがSEXYなC3 。もともとロングノーズにタイトなウェストライン、ボリューミーなリアフォルムを持つ独特のラインが魅力的なC3ではあるが、この大胆かつアグレッシブなフォルムはもはや別格の存在感を放っている。

これは1970年代当時、本国のメジャーチューナーズメーカーであるGreen Wood Corvetteがわずか30数台ほどしか製作しなかった中の1台であり、日本国内のみならず、世界的に見ても希少価値の高いモデルなのだ。

1976y シボレーコルベット スティングレイ

その超レアなC3 に魅了され、20年前から一生モノの相棒として乗り続けるのがFAST代表の大森氏。東大阪を拠点に古くから営業しており、旧車から現行モデルまで幅広いアメ車の病を治癒する名医だ。

このC3は大森氏自身の愛車としてはもちろん、FAST の持つポテンシャルをデモンストレーションする格好の素材として活躍している。Green Wood社によってブリスターフェンダー&リアハッチゲートに換装された現車をベースに、5点式ロールケージを追加して剛性を向上。

1976y シボレーコルベット スティングレイ

さらに既存の足回りを脱ぎ去り、5リンクサスペンション+KONIコイルオーバーに換装、70年代らしからぬ独立懸架サスペンション化を施す。また、Green woodオリジナルのTH350+Turboエンジンから、ハイパフォーマンスエンジンを数台積み替えた後に、行き着いたベストマッチングが、70年代当時の最強グレードエンジンLS6.454cid(7400㏄)。

ライトチューンを施し、圧倒的なパフォーマンスを確保。ATもTH350→TH400→4L60E(電子制御4AT)とステップアップし、STREET&STRIPを念頭に、ツーリングからドラッグレースまでシーンを問わず楽しめる一台へと仕上げた。制動力や冷却対策も抜かりなく、ブレーキはSSBC 4Potキャリパー&ローターに換装し、ラジエターは同社イチオシのRon Davis×ツイン電動ファンをセット。


1976y シボレーコルベット スティングレイ シート1976y シボレーコルベット スティングレイ 計器類
1976y シボレーコルベット スティングレイの造形的なボディのフォルム
1976y シボレーコルベット スティングレイの70年代当時の最強グレードエンジンLS6.454cid(7400㏄)
1976y シボレーコルベット スティングレイ
もはや20年間の歳月をかけて培ってきた経験と技術が、この一台に凝縮されていると言っても過言ではない。Green Wood CORVETTEの虜となった大森氏が一生手放すことはないと語る愛車は、今後もFASTの顔として永遠に進化し続けてゆく。


タイヤ痕を残して立ち去ったF.A.S.T 1976y シボレーコルベット スティングレイ

What's F.A.S.T?
大森氏が代表を務めるFASTは、車種を問わず軽度な整備から機関系、エンジン、ミッショントラブルなどの重整備など、オールマイティーにこなす東大阪の知る人ぞ知るプロショップ。

エアコンのガス補充やオイル交換はもちろん、消耗品から希少パーツの手配まで、どんな些細な相談にも乗ってくれる頼もしい存在だ。


同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&サテライトワゴン

ロードムービー等、様々な洋画で憧れを抱く名車 チャレンジャー&チャージャー

魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/Camaro IROC-Z/GMC Jimmy】


問合せ:F.A.S.T
HP:http://fast1976.jp/


Text & Photos|AMERICAN VINTAGECAR magazine
アメリカンカンビンテージ vol.01


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。