マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

クーペ

フォード

足回り

アメマガ2023年11月号

ジョイベース

埼玉県

マスタング

AMERICAN SPORTS

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

AMERICAN SPORTS


足回りに徹底的に拘るジョイベース。オリジナル車高調登場!

JOY-BASE
https://www.joy-base.co.jp

STサスペンションをメーカーオーダーで改良

「マスタングこそドリフトに最適なクルマ」として、並み居る国産車に交じりドリフト走行会に参戦するジョイベース。ドライバーは、数々のドリフト走行会で受賞歴のある代表の大谷氏。そのドリフトで得た経験から、マスタングをより「ぶん回す」ためのドリフトイージーナックルを開発するなど、足回りに対する拘りはとにかく強い。

そんなジョイベースが、新たな足回りパーツを開発。それが「STコイルオーバーキット・ジョイベーススペック」だ。「ドリフトなどスポーツ走行を楽しむ中で、ユーザーから街乗りでも楽しく走りたいという意見も多く、既製品の車高調を幾つか試したんですが納得できるものがなく、だったら自分で開発してしまおうと」。

基本構造は、レース業界で長い歴史と実績を誇るKWからリリースされているSTサスペンション・XTAで、ジョイベースがメーカーに依頼して独自に改良。「STのマスタング用の既製品でも十分なレベルなんですが、僕の好みとしては、もう少しダウン量やバネレートに硬さが欲しかった。1年掛けて既製品を装着してサーキットを走ったり、街乗りでのテストも何度も行いました」。

 

完成したジョイベーススペックは、走行シーンに合わせてストリート/スポーツ/レーシングという3タイプを設定し、街乗りから本気のスポーツ走行も楽しめるラインナップとなっている。

STコイルオーバーキット・ジョイベーススペック
ST COILOVERKIT JOY-BASE SPECK

適合:06~13y フォード・マスタング ※オーバーホール、部品交換可能

STコイルオーバーキット・ジョイベーススペックは、KWのSTサスペンション・XTAがベースとなる。KWは高い耐久性や品質の高さが有名だが、昨今主流の全長調整式(フルタップ)ではなく、ネジ式に拘るのも特徴で、ネジ式ならではの専用設計となり、車種毎にテストを重ねダンパーのセッティングとバネレートを設定し最適な走行性能を導き出すのも他メーカーとの大きな違い。

ジョイベース大谷氏は長年のスポーツ走行の経験から、「サスは伸び側の減衰力が重要」との思いが強く、KW STサスペンションが持つ伸び側減衰力調整・ストローク量が大きいことも、同製品を基本ベースとして選んだ理由。それをさらに、走行シーンに合わせてダウン量、バネレートに変更改良し、3タイプのモデルを設定したのがジョイベーススペックだ。コイルにジョイベースのロゴが入る。

走行シーンに合わせて選べる3タイプを設定

「街乗りをもっと楽しく走りたい」

ストリートスペック ¥363,000(税込)

既製品のSTサスペンション・XTAのダウン量が前:20-40、後:15-35mmに対し、R:25-50mmとなるストリートスペック(前側は同)。より低くを実現しながら、街乗りもストレスなく走行することが可能。

「ドライブやワインディングを楽しみたい」

スポーツスペック ¥378,000(税込)

STサスペンション・XTAよりも前後バネレートを硬く設定したスポーツスペック。高速走行、ワインディングで左右のロールを抑え安定感が増す。サーキットなどスポーツ走行でも威力を発揮し十分楽しむことができる。

「サーキットなどスポーツ走行を本気で楽しみたい」

レーシングスペック ¥388,000(税込)

サーキット走行でテストを重ねた、本気でスポーツ走行に挑むユーザー向けのレーシングスペック。スポーツスペックよりも前側バネレートを硬くし、後側は直巻きスプリングに変更。タイムアタックの他、ドリフトでも大きな効果を体感できる。

ジョイベースでは、ジョイベーススペックを体感してもらうべく試乗車両を用意する。装着しているのはストリートスペック。

ドリフト業界でも話題のシェルビーGT500

バリバリの国産ドリ車が集まるドリフト走行会で、ジョイベースの大谷氏がハンドルを握るシェルビー・GT500が全開ドリフトする姿は、どの会場でも大きな歓声を受ける。ジョイベースでは定期的にドリフト走行会やサーキット走行会も開催しており、本気オーナーはもちろん、初心者オーナーにもテクニックを伝授しているぞ。


JOY-BASE【ジョイベース】

所在地:埼玉県さいたま市見沼区片柳844-2
TEL:048-812-4176
営業時間:10:00 ~19:00
定休日:不定休
HP: https://www.joy-base.co.jp


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

交点数の多いクラシカルデザインのメッシ ュを特徴とするワークVS XV

2つのリムとディスクという、文字通り3つの部品から構成される3ピースホイール。サイズはもちろん色の自由度も極めて高く、まさにカスタム派のためのアイテムと言える。

僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

せっかく乗るのなら、踏めるマッスルはいかが?【ガレージトップスピード】

マスタングに乗りたい! 走りを楽しみたい人のために6MTのレアな個体がベースその中でも断然シェルビーに憧れるけれど、こんなじゃじゃ馬を乗りこなせるのか? そう考える人は少なくはない様で、トップスピードではエコブーストをベースに、GT500ルックを提案中だ。

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!