【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

クーペ

シボレー

ホイール

アメマガ2023年11月号

オールインポート

WORK

コルベット

C8コルベット

埼玉県

ワークジースト

ワークジーストST2

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

AMERICAN SPORTS


WORK ZEAST ST2×CHEVROLET CORVETTE

アメ車にはアメリカンブランドのパーツが似合う。確かに我々日本人にはない感覚やセンスを持ち合わせており、非常に斬新なデザインを施した物が多い。もちろん特殊なP.C.Dを採用することもあり、なかなか国産のホイールメーカーは、ビジネスとして手を出しにくいと言えるだろう。

だが、そもそも愛車をカスタマイズする行為はマイノリティであるし、ある意味マニアの要望に応えることも重要だと考え、オーダー数は少数でもユーザーの痒いところに手が届く製品を提供し続けてくれているのがWORK。

今回C8コルベットに装着したZEAST ST2(ジースト エスティーツー)はまさにそれで、2ピース構造を採用。ディスクとリムが別パーツで構成されているのでまったく異なる色の組み合わせが可能。ブロンズカラーのリムなどの色目がタイヤと一体化する様なトーンにすることでブラッシュドのスポーク部分を際立たせている。

フロントの20インチはセミコンケイブ、リアの21インチはミドルコンケイブデザインを採用。C8の筋肉質なフォルムとマッチし、鋭利な刃の様な様相を呈している。強さの中にも美しさがある。ZEAST ST2にはそんな2面性も持ち合わせていると言えるだろう。

ハイパフォーマンスカーの強大なトルクをしっかり受け止める強靭さを実現しつつ、可能な限り軽量化も実現。単色で一体感を追求するのもアリだが、デモカーの様に異なる色(ブラッシュドディスク/ブロンズアルマイトリム(ショップ特注カラー)、オプション:レーザータトゥー)を組み合わせ、存在感を主張するのもアリ。リム、ディスクのそれぞれにレーザータトゥも施し、唯一無の個性も主張。

■SIZE
フロント:9.0J×20 +35
リア:12.0J×21 +50


株式会社ワーク
所在地:〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
https://www.work-wheels.co.jp


株式会社オールインポート
所在地:〒341-0012 埼玉県三郷市半田 1063-2
TEL:048-959-9419
https://www.allimport.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!