広大な敷地の中には様々なSUVを展示中!【エムズモート】

ショップ

アメマガ2022年10月号

全国ショップキャラバン

ショップキャラバン北海道

エムズモート

アメマガリコメンドショップ

2022年でちょうど、創業10年目を迎えたエムズモート。様々なアメ車がある中でも、やはり北海道はSUVの人気、重要性が極めて高い。そんな背景もあって、SUVの販売・カスタムを提案中だ

ショップキャラバン北海道


2022年でオープン10周年を迎えたSUVを得意とするお店

札幌と苫小牧を結ぶR36。ここには非常に多くのクルマ屋さんが立ち並んでおり、ある意味R36を流せばお目当のクルマが見つかるのでは? と思ってしまうほど。そんな自動車関連のお店が密集しているのも札幌市街地から北広島ICぐらいまでの間だが、そこからさらに千歳方面に走り続けると、進行方向左手にエムズモートが見えてくる。

 

かつては黒い外観がトレードマークだったが、取材時はウッド調の明るい雰囲気に改装中。代表の三上氏は大のアメ車好きで、中でもSUVが一番好きとのこと。かつてアーリーブロンコを購入したかったがとても手が出せる金額でなく、やむなく国産の4WDを購入。だが様々なクルマに携わった経験を活かすことで、豊富なアイテムの中から最適なカスタムを提案できるようになったそうだ。

「今でも国産のSUVを取り扱うこともありますが、やはりラングラーのアンリミテッドの存在は大きいですね。今までとはユーザー層がまったく異なりますし、JKラングラーの盛り上がりがあったからJLラングラーは一気に広まったように思いますね。ちなみに今回3台のラングラーオーナーさんに声を掛けさせてもらいましたが、皆さん初めてジープに乗った人ばかりで、クルマの使い方も千差万別ですね。そのため、一人一人のオーナーさんに最適となるスタイルを提案させていただいています」とのこと。

 

ちなみに目下店舗の改装中だが、その隣では自社の整備工場&塗装ブースに加え、ショールームを製作中。非常に広々としたスペースとなっており、メンテナンスや車検、さらにはカスタムのオーダーもワンストップで、迅速に対応してくれることだろう。SUVを購入しカスタムも考えているなら、一度相談してみよう。

お店の店頭には、アメ車、USトヨタ、国産車などを豊富に展示中。ノーマル車両をベースにカスタムを行うことも可能なので、気になる色のクルマがあったら要チェックだ。ちなみに2台のアーリーブロンコは三上さんの長年の夢で、ようやく最近手に入れたそうだ。おそらく販売してくれることはないと思うが、本気で欲しいという人は、その熱意を伝えて相談してみては如何だろうか?

アメリカンな雰囲気が漂う、エムズモートの店内。量販店ではまず見られない、様々なタイヤホイールを展示中。ちなみに三上氏はシャケ釣りとスノーモービルにどハマり中で、一緒に遊んでくれる人を絶賛募集中。アメ車を買ってアウトドアライフを充実させたいと思っているなら、ぜひエムズモートに足を運んで欲しい。きっと今までとは違うライフスタイルを体験できるだろう。


M'S MO-TO OWNER'S FILE エムズモートに集う愉快な仲間たち!

'19 JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON
オレンジのルビコンを店頭で見つけて即購入!

M'S MO-TO OWNER'S 山根俊哉さん

かつてはアストロやK1500に乗っており、前からJL が気になっていた山根さん。このスタイルからは想像できないが、当初は20インチホイールなどを考えていたそうだが、ソロキャンなどを楽しむと聞いて三上氏がこの仕様を提案。サスペンションはMOPAR純正のオプションでFOXをセット。スタイルも乗り味も大満足とのこと。

'21 JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON
なるべくオリジナルの形を崩さずにカスタム!

M'S MO-TO OWNER'S 木村智愛さん

一見すると、MOPARの金属バンパーに変更しただけ? と思ってしまうが、ラフカントリーのキットで2.5インチリフトアップし、ワーコーポレーションのフェンダースペーサーでワイド化を実施。タイヤとホイールはFUELをチョイス。さりげないこだわりで、マフラーはジェップセンだが、目立たないように、敢えてブラックのテールを選ぶほど。

'20 JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON
乗って初めての冬でジープの恩恵を実感

M'S MO-TO OWNER'S m.t さん

直前までLX570に乗っていたのだが、乗っていても完成されすぎていて楽しくない。それに対してJLはクルマを操っている感覚が非常に楽しく、煩くて水が入るしキシミ音もするが、本当のクルマの魅力を実感したとか。また、昨シーズンの大雪でも走れないところはなく、周りからも羨望の眼差しが。「ちょっとオフロード走行に目覚めるかも…」と話してくれた。

'19 FORD F-150 RAPTOR
2012年のアメマガを見てアメ車にハマりました

M'S MO-TO OWNER'S S.Nさん

まったくアメ車に興味がなかったのに、ある日見かけたアメマガのトラック特集。それを見たことでラプターを購入したS.N さん。どうせならもっとも尖った仕様にしたい! ということでフルカスタムのラプターを購入。奥様に聞くと「仕事一筋だったし、ラプターの話をすると本当に楽しそうなので…」ということでOKしたそう。何だか涙が出そうなイイ話だなぁ。

'15 TOYOTA TUNDRA TRD Pro -HONEY D-
SEMAショーに出展されていたあの車両です!

M'S MO-TO OWNER'S 勝木翔太さん

アメマガの誌面にも登場したことのあるハニーD。本来は三上氏が乗ろうとしていたそうだが、勝木さんに「壊れないアメ車に 乗りたい!」と言われて譲ったとか。ベースはTRD Proで、ある意味ベース車両と真逆のスタイルにアレンジされているところが面白い。


M’s Mo-to【エムズモート】

住所:北海道北広島市輪厚中央4丁目2-1
電話:011-807-7207 
営業時間:10:00-19:30(平日)/ 10:00-19:00(土日・祝日)
定休日:火曜日

https://www.ms-moto.co.jp/


お薦めスポット
常連さん&読者限定のスペシャルラーメン!

三上氏がほぼ毎日食べているのがコチラ。お店の目の前ということもあり「スタンプカードを誰よりも多くもってます!」と自負するほど。常連さんにしか提供されないスペシャルラーメンは非常に濃厚。

北海道らーめん 奥原流 久楽 北広島店
住所★北海道北広島市輪厚中央5丁目3-13
電話★ 011-807-8285
営業時間★ 11:00 ~23:00
定休日★年中無休


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


四半世紀の実績をもとに魅力的なクルマを輸入!【トミーモータース】

18歳の時に企業し、すでに20年以上自動車販売のキャリアを積むトミーモータースの上村代表。国内外の様々なSUVの販売を行うが、実は大のビンテージアメリカン好きでもある。

【グランドワゴニア / ラングラールビコン】392ciのV8を搭載する、正反対なキャラクター!

ここ数年、アメ車にもエンジンのダウンサイジング化の波が押し寄せている。だが、そんな時代の流れに抗うかのように登場した、ラングラールビコン392とグランドワゴニア。エンジンこそ同じだが、まったく異なる2台を紹介しよう。

全国的に見ても珍しい、アメ車のメンテ専門店【ガレージブレイブ】

全国津々浦々にアメ車専門店があり、そのほとんどの店舗は「車両販売」と「カスタム」が主たる業務だろう。それに対しガレージブレイブは、メンテナンスに特化した変わったお店と言える。

北のアメ車オーナーを長きに渡りサポートする【オートシーン】

北海道の中心、札幌。その札幌には数多くの自動車販売店が軒を連ねているが、多くは主要幹線道路沿いにある。それに対しオートシーンは、札幌の中心にほど近い、閑静な住宅街にある。

ギーク以外は進入不可!?普通でないアメ車専門店【ダイレクトイグニッション】

アメ車屋さんと言うと、ひと癖、いやふた癖ありそうで一見さんは中々入りづらいといったイメージが昔からあるけれど、まさにダイレクトイグニッションは超癖強めのショップ。覚悟して侵入すべし!

 

最新記事


2024/04/24

17インチのサイズ感で“ビンテージ”な装いを色濃く表現

セダン

クライスラー

ホイール

PCD100の5穴、センターハブ57.1mmのPTクルーザー。社外ホイールも多少はリリースされているが、満足するデザインのホイールが存在しない。ワンオフでデザインできる鍛造ホイールメーカー「FAMOUS FORGED」なら、狙い通りのボトムスが叶う!

2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]