Super Beeをベースに唯我独尊のスタイルを貫く

セダン

ダッジ

アメマガ2023年1月号

CS BASE CUSTOMS

チャージャー

大阪府

チャージャーSRT8スーパービー

10㎝ワイドフォルムにフロント10J、リア11Jのディープリム。社外マッスルフードにバンパーボリューム加工で、ナチュラルな造形を崩さないままにモパーマッスルカスタムを施す進化系!その独創的なスタイリングと拘りに迫る。


エントリーユーザーの気持ちを酌んで製作!

DODGE CHARGER

1or8ミーティングやクロスファイブ、そして本誌イベントのamZにも参加したダッジ・チャージャーSRT8スーパービー。チャージャーの中でもひと際目立つ存在なので記憶に残っているが、今回取材するまで一般ユーザーさんの車両だと思っていた。

 

だが話をしてみると、イベント参戦時におけるカテゴリーの話やオーディオが納得いっていないとか、いろいろ検討してみたものの既成製品では自分が納得できるデザインのホイールが存在しないとか、もうコアなカスタムの話題が尽きないのもそのはずで、チャージャーのオーナーである高橋氏は大阪府和泉市でシーエスベースカスタムズを営む。

そんな彼の愛車はというと、インナーフェンダーの鉄板には納得いくまで幾度となく微調整した痕跡が残り、極め付けは10cmワイド化で履かせられる理想のマッチング、そしてリムデザインを自らがデザイン、その勢いはとどまることを知らずデザインオーダー専門の鍛造メーカー「Famous Forged」を立ち上げた。

 

本物のユーザー目線として獲た経験値とアワード受賞の実績を基に、コアなカスタムフリークたちのサポートを担える有力なショップの誕生は、カスタムカルチャー全体の底上げにつながる。

ワイドボディ化に伴いフロント&リアフェンダーが10cmワイド化されたチャージャー。横方向のみバルクアップするとバランスが悪くなるため、社外マッスルボンネットへ変更して前後バンパーもワイドボディに合わせてワイド加工を施す。シルバーリーフによる立体感の視覚的強調や、シザーズドアによるインパクトも特筆物だ。

CS BASE CUSTOMSがプロデュースするデザインオーダー専門の鍛造メーカーFamous Forged。リムのデザインから現車の様にワイド化に伴う最適なマッチングまでフルオーダーが可能だ。

エクステリアのイエローを刺し色にブラック基調のレザーインテリアはスーパービーの刺繍をあしらって張り替え、トランクカスタムオーディオ部分はロックフォードのウーファー& アンプにミッドスピーカー、ホーンドライバーをインストール。ヘッドユニットはFamousオーディオをチョイス。


CS BASE CUSTOMS

TEL:080-5335-7427
https://csbase-customs.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年1月号掲載


関連記事

RELATED


高校生の時に一目ぼれしたチャージャーが愛機

吊るしのままでも十分にインパクトのあるアメ車。しかし、乗り始めるとそのままでは満足できなくなり、手を染め始める。これはアメ車に乗る者の性で仕方のないこと。唯一無二を求めてひたすら走り続ける。一種の麻薬みたいなものがカスタムで、その沼には男女関係なくハマってしまうのだ。

チャレンジャー用をチャージャーで着こなすテーラーメイドが肝

Soul of Mopar DODGE CHARGER WIDEBODY CUSTOM

ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシン

400hpを越すクルマなんてレースだけの世界のことだと思っていたのが嘘のように、今やその倍の数値を出力するカタログモデルが販売されている。だがそれに満足することなくモアパワーを求める人がいればそれに応える人もいて、ヘネシーパフォーマンスにチューニングを依頼して1000hpを叩き出すマシンが日本へと姿を現した!

遂にこの時が来た…チャレンジャー&チャージャー2024年で生産終了!

世界的な脱ガソリン車の流れには逆らえず、2024年にダッジ・チャレンジャー、チャージャーの生産が中止になると発表された。半導体不足、円安に加えて生産中止ということも重なり、今後は新車の争奪戦が始まる…かもしれない。今のうちに、日本で買える新車購入の検討するのもありだろう。埼玉のオールインポートに、そんな大注目の新車チャレンジャー&チャレンジャーが並んでいる。

エアサスでもゼロヨンは可能、でもヘネシーの速さは異次元!

「カスタムカーって、見るだけで実際には走れないんじゃない?」と、そんなイメージを多くの人が持っているのでは。そんな先入観を払拭するために、コーストモータリングがゼロヨンという方法で、その走りを大検証してみた!

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】