希少なJeepにさらなる個性をプラス

SUV

ジープ

アメマガ2023年3月号

JLラングラー

ラングラー

Jeepに首ったけ

ラングラーアンリミテッドルビコン

Jeepに首ったけ


CADを駆使して創る自作デカール類が光る

JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON Sky One-Touch Power Top

トランスフォーマーのバンブルビーへの憧れか、「いつか黄色いクルマがほしいなー」と思っていたという佐藤さん。そして同時に、お子さんが大きくなったらJeepにも……。

 

「当時はアルファードに乗っていたんですが、日本でもJLが出る? 出ない? という時期でした。こりゃあもう、乗るしかない、って感じでした」

 

そして日本での発表と同時に、JLのオーダーを入れてしまったという。

 

「はじめはホワイトが確保しやすい、ってことでホワイトをオーダーしていたんですが、納車を待っている間にディーラーの方から“ルビコンの限定車(スカイワンタッチ)が出る”というお話があって。聞けばイエローの設定もあるっていうじゃないですか!」

 

もちろん、そちらにオーダー変更したのは言うまでもない。

さて佐藤さんのJeep、色や仕様の稀少さ(全国49台)もさることながら、カスタムの方向性もオリジナリティたっぷり。自分だけのアイデアを実際のカタチにした、そんなスタイルもマインドもカッコいいJeepなのだ。とりわけ目を引くのがステッカーやデカール類。すべて自分で、CADを駆使してデザイン。キャリアやロールケージ(風)の仕上げなど、参考になることばかりだ!

フロントバンパーはラギッドリッジのショートタイプ。グリルまわりにもデカールで独自のアレンジが施されていて、ほかにはない個性的な表情を創りあげている。

リアにはヒッチキャリアも装着して、バイクやアウトドアグッズなどを運べるようになっている。道具として使い倒すアクティブなイメージが、Jeepのキャラクターともマッチしている。

撮影時、サスペンションはコイルスペーサーで2インチアップ。ショックアブソーバーはルビコンの純正だが、ブラケットで2インチアップに対応。ただしすでに3.5インチアップのカスタムをオーダー済み。37インチタイヤをより生かせる仕様にする予定だ。

スカイトップを生かすため、ルーフキャリアはあえてJL専用品を選ばなかった。車高は上がってしまうが、サイドにサンドラダーなどを備えるアドベンチャラスなスタイルを作り上げている。趣味を満喫するためのパーツが各所に散りばめられている。

全国49台限定で販売されたルビコン・スカイワンタッチ・パワートップ。この開放感を生かすため、ルーフキャリアやライティングのカスタムも、よく考えられている。ちなみにキャリアへの荷物の積み降ろしも、ルーフトップから行なうそう。

ボディのあちこちに張られたデカールやステッカーは、すべて自分でデザイン、制作したもの。そのクオリティは高く、販売されていてもおかしくないほどの仕上がり。

「#jeepteamyellow」のメンバーでもある佐藤さん。とにかくクルマだけでなく、身の回りのものすべて“黄色”にこだわっているのだ。Jeepのホビーカーも、自分の愛車とまったく同じ仕様に!


佐藤綾太さん

トランスフォーマーに憧れ、黄色いJeepを“それ風”に仕上げてしまった佐藤さん。測量の仕事で培った技術を生かした緻密な自作パーツ&ステッカーの数々は、販売してほしいほど!


PHOTO:浅井岳男
TEXT:高坂義信
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


関連記事

RELATED


カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

快適で乗りやすいドッグファーストなジープラングラー

個性派を貫くマストな選択肢としてラッピングを推奨

ラッピングと聞くと派手な色目を採用した個性派と言ったイメージだったが、春素材や色味に加え、全面貼りか否かでもかなり印象が変わる。そんなラッピングカスタムの最前線をJKラングラーと共に紐解く。

求める性能やスタイルに合わせ、最適なカスタムメニューを提案する【TAKE-OFF】

カスタムだけでなく、国内をはじめ北米大陸やグアム島のオフロードレースに長年参加し、本場アメリカのオフロード文化を体験する中でジープの独自性を経験したテイクオフ。ゆえにラングラーのカスタムは得意中の得意で、多種多様なスタイルを提案中だ。

オフロードの走りを格上げするスペシャルカスタムでJLラングラーが劇的進化!

Jeepカスタムの老舗タイガーオートが贈るエクストリームマシン。Jeepラングラー アンリミテッド ルビコン(JL型)に40インチタイヤをインストールし、サスペンションからエクステルアまでしっかりと手を入れたスペシャルなクルマなのである。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】