ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

アメマガ2023年4月号

クラフトスクエア

大阪府

インパラワゴン

AMERICAN VINTAGE

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

AMERICAN VINTAGE


オリジナルの良さを残しつつ快適仕様へとアップデート

'62 CHEVROLET IMPALA WAGON

若い頃にC-1500やカプリスワゴンに乗っていたと言うHSさん。アメ車黄金期のメジャーモデルを謳歌してきた彼が、年齢を重ねて再びアメ車に乗りたいと思い良い個体がないか物色。そんな時にクラフトスクエアの井上氏と出会い、色々と話をする中で「旧車のワゴンが良いのでは?」なんて話になって、この62年型インパラワゴンを手に入れたと話す。

 

クーペやセダンとは異なるリアゲート部分の造型はモデルイヤーが古くなればなるほどアーティスティック。パネルラインからテールレンズのレイアウト、そしてクロームバンパーへのアプローチまで細部にわたって精巧な作りは、かつて愛用していたカプリスワゴンとは異なり実に味わい深い。中でもダッシュ上に備わるオートロニックアイヘッドライトシステムの後継であるガイドマティックは、ロービームとハイビームのライトを1秒間同時点灯。一般的にはエレクトリックアイと呼ばれる当時のディーラーオプション品で、こうしたレアなアイテムが残っている点も特筆物だ。

半世紀を超えて60年の時を経たクルマだけにすべてがオリジナルで絶好調とはいかないが、手が加わった個体が多い中でここまでオリジナルコンディションを残しているインパラワゴンは珍しく、オーナーの意思を尊重してできるだけその良さを残しつつも快適に乗れる仕様へとアップデートしていくプランを提案するクラフトスクエアの井上氏。

エンジンは整備やメンテナンスの行き渡った4.6ℓの283を搭載。できるだけ当時らしい雰囲気を損なわない様に、ホイールはクレーガーのS/S14インチにホワイトリボンよりもクラシカルなホワイトウォールタイヤをマウント。また、クルクルと手動で回して開閉するリアゲートガラスやフルフラットのラゲッジスペース、そして後ろ向きに座る最後部座席の個性。セダンやクーペでは味わえないワゴンならではの魅力を挙げていけばきりがない。

ちなみに、偶然ヴィンテージエアの取り付けで入庫していたことがキッカケで撮影する機会に恵まれたが、普段はカーショーやミーティングに参加するよりも、どちらかといえば郊外の景観の綺麗な場所でドライブしてはお気に入りのスポットにクルマを停めて、フロントウィンドーが切り取る美しい景色を眺めてリフレッシュ。そんなライフスタイルを謳歌しているそうだ。

インパラワゴンのキャラクターにマッチした粋な乗りこなしは、まさに酸いも甘いも嗅ぎ分けた大人の嗜みである。年々価格が高騰して良い個体が激減する中で良い個体と巡り合えたことも何かの縁。これからも末永くビンテージライフを楽しみ、第2の青春を謳歌して行って欲しい。

ダッシュボード上のエレクトリックアイと同様、こちらもレアなディーラーオプション品として当時物をグッドコンディションで維持するバンパーステップ。ステップ部分はもちろん前後バンパーからサイドモールのクローム部分まで錆びやくすみのないクリーンコンディションは、60年以上の時を経たとは思えない美しさ。

搭載するエンジンは283cuinの4.6ℓ。メンテナンスや整備が行き届いているおかげで快調そのものだ。今後はヴィンテージエアの追加を筆頭に、オリジナルの良さを残しつつも普段乗りで不便を感じない様、快適ドライブ仕様へとアップデートしていく予定だ。

ダッシュ部分が長く大きなモニターディスプレイが標準装備のイマドキのクルマとは一線を画すアンティーク家具でレイアウトされた様なインテリア。ふかふかのレザーベンチに腰を掛けて、細くて大きなステアリングを握り、アナログメーターのアバウトな針の動きを眺めながらゆったりと走らせることもある意味贅沢の極みだ。

半世紀以上前のモデルなのに、折り畳んだ時の継ぎ目まで考慮された構造のおかげで、セカンド、サードシートの完全フルフラットを実現するラゲッジスペース。アウトドアギアも思う存分積めて車中泊だって余裕の広大なスペースは実に夢がある。個人的には後ろ向きのサードシートに腰を掛けてゲート開放でピクニック!なんて妄想が膨らんだ。


OWNER:H.S さん


THANKS:CRAFT SQUARE
TEL:072-360-1230
HP:http://www.craft-square.com


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年4月号掲載


関連記事

RELATED


一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

カスタムだけでは留まらないジェットシティのカマロ愛

広島のジェットシティが得意とするのがシボレー・カマロ。個性的なカスタムばかりにスポットが浴びるが、高度なレストア技術も見逃せない。本国に密かに69カマロをストックしており、新車同然の状態に仕上げることも可能。

【C2コルベット】斬新で独創的なフォルムは半世紀の時を経ても色褪せない

1963年モデルから1967年までのわずか5年間のみリリースされたコルベットC2。スティングレイ(アカエイ)のサブネームが採用され、当時のアメ車とは一線を画す近未来的で独創的なボディラインは、アグレッシブな中に精巧で繊細な芸術的な印象すらもたらす。そのオリジナルの個性を可能な限り後世に残した個体がココに!

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

カジュアルか、アダルトな路線か、カーズなら欲しいクルマがある!【東海カーズ】

色々なアメ車を乗り尽くした人も、これからアメ車に乗ろうと思う人も、やっぱり気になるのは現代車にはない味があるビンテージアメリカン。でも、比べられるほど台数はないし、お気に入りのクルマを待っているうちに価格は絶賛高騰中!でも愛知の東海カーズなら驚くほど多くの在庫があるので、見比べて選ぶことが可能だ!

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!