カプリスセダンを同時に2台所有する生粋のマニア

セダン

ビンテージ

シボレー

AMERICAN VINTAGE

カプリス

アメマガ2023年4月号

カプリスクラシック

オールオート

大阪府

ダイハードを筆頭に、80年代後半から90年代初頭にかけての洋画に度々登場するカプリスセダン。スクエアなフェイス周りと重厚なクロームバンパー、そしてアメ車らしさが全身から感じ取れるフルサイズセダン特有の存在感に魅了されたオールオートの伊東さん。クルマ屋さんでありながらも、生粋のアメ車好きと知られる彼が惚れこむ、その魅力について話を伺ってきた。

AMERICAN VINTAGE


親父と観るのが日課の日曜洋画劇場で度々登場した劇中車に惚れた

'89 CHEVROLET CAPRICE CLASSIC

40代オーバーの読者からすれば、この顔のカプリスを見て日曜洋画劇場って流れがピンとくると思う。何しろその当時、劇中のカーチェイスや銃撃戦でダイナミックな走りを見せていたポリスカーのベースがこのカプリスセダンだったからだ。

 

88年に公開されたブルース・ウィルス主演のダイハードや、94年に公開されたキアヌリーブス主演のスピードを筆頭に、ポリスカーからタクシーまで町や郊外を走る名脇役車両的な存在として、そのキャラクターに魅せられた人も意外と多いはず。そんなマニアックなクルマこそ、一番心に刺さると惚れ込んだマニアなオーナーが今回紹介する伊東さん。若かりし頃に親父が大好きだった洋画を一緒に見ていたところ、主役が操るメインカーよりもソッチ系に憧れを抱いたのがカプリスセダンマニアの始まりだ。

大阪の西成区でオールオートというクルマ屋さんを経営する彼だが、商売関係なくずっと探し求め、最初に手に入れたのは創業間もない20代前半の頃で、当時ディーラー車も存在していたカプリスセダンを手に入れたものの「どうしても欲しい!」というお客さんの熱意に根負けし販売。その際に「一番高く買い取るからもし売ることがあれば声をかけて」と念を押したものの戻ってはこなかった。

 

そこから四半世紀の時が過ぎ、50代となって再びあの頃の思い出を呼び覚ますべく89年型のカプリスセダンを探すも中々巡り合えず、何とか見つけて購入した水色のカプリスはミッションが微妙で手の掛かる個体。そのドナーカーとして部品取りを探すつもりで色々とリサーチするも、モデルイヤーや個体の珍しさも相まってお目当ての代物は出てこない。

しかし、諦めかけていた矢先に沖縄限定の物件情報誌でお目当てのカプリスセダンが出ていることを知って即問い合わせた。現車確認もなく即決で購入に踏み切ったのが紹介するカプリスだ。部品取りのつもりが想像以上のクリーンコンディションだったこともあって2台揃って所有することを決意。水色の整備は東大阪市の名医ファーストの手によってミッションオーバーホールやエンジンメンテナンスを敢行。1台を部品取りにと考えていたところ、2台とも普段乗りできる快適なカプリスセダンに仕上がったところで、一台は屋内保管しながら、数カ月サイクルで水色とブラウンのどちらも堪能するのが至福の時。

 

年々コンディションの良い個体は希少となるだけに、販売車両として物件情報にアップはしているものの、本当に好きな人にしか売る気はないという癖もまた、マニアならでは。クルマ屋さんだけど売らない在庫なんて中々珍しいパターンだけど、どうしてもカプリスセダンが欲しいって方はその熱意をぶつけてみる価値はあるかもしれない。ただし手放す時は相談することが約束だ。

91年以降フルモデルチェンジを受けて丸みを帯びた雰囲気へ一新。そして80年代中盤より以前は旧車としての雰囲気を色濃く感じさせるビンテージ感満載のカプリスセダン。89年モデルはほんの10年位前まではビンテージと呼ぶにはまだ早い存在で、良くも悪くも中途半端な年代のアメ車だった。しかし30年以上の時を経た現在、立派なビンテージモデルとしてその魅力が再認識され始めている。

1980年に5.0ℓ(305)エンジンの搭載が始まり、インジェクター化された初年度モデルの89年モデル。ちなみにポリスカーは5.7ℓが搭載されて150ℓの大型燃料タンク化されているらしい。昨今のセダンの様なシャキッと感ではなく、あくまでもゆったりと大らかに走らせるフルサイズセダン的な走りは、年々希少価値が高まっておりポストビンテージの大本命だ。

ナビやバックモニターはすぐに取り外して純正に戻せる様に即席インストールとなっており、純正オーディオももちろんストック。ステアリングは25年ほど前にC-1500に装着していたバドニックで、ボスは同社スタッフがカプリス用に加工してセット。

昭和の香りがするフカフカのベンチシートはフロント&リアともに快適。2ドアクーペの方が人気でカッコいいのは承知の上だが、伊東さんは実用性重視でリアルな日常使いを考慮した4枚ドアの方が好み。

細かい部分ではあるが、スイッチ類やスカッフプレートなどのオリジナルパーツが欠品なく綺麗な状態で残っている点も特筆物。万が一劣化したり欠けたりしたとしても、こうしたパーツが本国では未だに手に入るところがアメリカンビンテージの良いところだ。


THANKS:ALL AUTO
TEL:06-6643-8877


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年4月号掲載

関連記事

RELATED


一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

プロツーリングほど手を加えず “ちょうど良い塩梅”で乗るべき名車【エルカミーノ】

最新のエンジンや足回り、ブレーキシステムでパリッと仕上がったビンテージマッスルはもちろんカッコいい。でもエルカミーノのキャラクターにはカジュアルに乗りやすく、適度にパフォーマンスを向上させて乗るくらいがちょうど良いのではと思う。そんなコンセプトで着々と製作しているF.A.S.Tの69エルカミーノをPick up!

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ヴィンテージTシャツを運ぶクルマとして最適な“映えるVAN”【greatLAnd】

ここ最近#VANLIFEのハッシュタグと共に人気を博すフルサイズバン。なかでも80年代以前のモデルは旧車としての味が濃厚になってきており、価格も高騰中。40年近く前のUSED CARが国産ミニバンの新車よりも高いなんて現象も珍しくない。ある意味、それはプレミアの付いた貴重なヴィンテージTシャツに通じるものがある。点と点が結びつく様なクルマとオーナーのマッチングもまた、VAN LIFEの醍醐味だ。

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE