【ワークグノーシスCVS】エレガンスとスポーティの融合 2ピースの高い自由度も魅力的

クーペ

シボレー

ホイール

アメマガ2023年4月号

WORK

ワーク

デフレックス

カマロ

カマロSS

ワークグノーシス

グノーシスCVS

カスタムの第一歩にして、もっとも重要な存在となるのがタイヤ&ホイール。目指すスタイルが異なる様に求める内容も人それぞれだが、ほかの人とカブりたくないなら、2ピースの自由度の高さに着目すべきだ。


WORK GNOSIS CVS
CHEVROLET CAMARO SS

国内外を問わず、様々なジャンルのクルマをカスタムし続ける、DefLexs AUTO CUSTOM DESIGN。これまで様々なクルマを手掛けてきたが、意外にもアメ車をメイクしたことはなかったとか。そこで、スタイリングのカッコ良さからカマロをチョイス。今までにない新たなカスタムを探求するために製作したのが、このデモカーという訳だ。

 

サスペンションはD2 JAPANの車高調に変更し、ノーマルよりも約35mmのロワリングを実施。エアロパーツは社外エアロをチョイスしてスポーティな雰囲気をより一層強調している。一般的に走りを意識したスタイルの場合、どうしても強度を優先し、1ピースを選びがちだ。

だが、せっかくカスタムするのなら、自分だけの「ONLY ONE」を目指したいもの。そこでDefLexsでは、WORKのGNOSIS CVSをチョイス。このGNOSIS CVSの最大の特徴は、コンケイブ形状が生み出す優美さと、『ひねり』と呼ばれる独創的なスポーク形状にある。一般的なスポークデザインのホイールは直線的な形状であるが、このCVSはセンターハブを中心にディスク面が回転するかの様なデザインを採用していることで、スポーティ派はもちろん、ドレスアップ性を重視したい人の理想を叶えてくれる。しかも2ピース構造を採用するので、インセットの選択肢は非常に多く、その上リム/ディスク/ピアスボルトの色を自由に組み合わせることが可能なので、世界に1セットだけの、自分だけの仕様を創り出すことも決して不可能ではない。

 

装着できるサイズをただ組み合わせるのではなく、自分の装着したいジャストサイズが選び出せる。これこそが真のカスタマイズであり、誰もが思い描くその願望をWORKなら具現化できると断言しよう。

前後バンパーやリアウイング、サイドスカートは社外エアロを装着。ダウン量は35mmとし、スタイルと実用性のバランスにも配慮。マフラーはMBRPに変更しており、独特なV8サウンドを、より一層体感できる仕様となっている。

コンケイブ形状やスポークのひねりが妖艶な雰囲気を演出する。フロントは10J、リアは11Jで、ディスクカラーはオプションのブラック。これにブラックアルマイトリムを組み合わせ、ピアスボルトやエアバルブもブラックをセット。まさに統一感と言う言葉が最適。


カラー:マットシルバー / コンポジットバフブラッシュド / バフフィニッシュ / マットブラック / ブラッシュド


株式会社デフレックス
所在地:〒194-0003 東京都町田市小川2-35-16
TEL:042-706-8777


株式会社ワーク
所在地:〒577-0016 大阪府東大阪市長田西4-1-13
TEL:06-6746-2859(西日本コールセンター)
TEL:052-777-4512(中日本コールセンター)
TEL:048-688-7555(東日本コールセンター)
URL:https://www.work-wheels.co.jp


Photo:浅井岳男
Text:空野稜
アメ車マガジン 2023年4月号掲載


関連記事

RELATED


究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

WORKも認める品質に加え豊富なバリエーションを展開【EKROW WXW C1M】

愛車の個性を引き出すために、必要不可欠なアイテムと言えばアルミホイールが最有力候補。国産ホイールメーカーの雄、WORKでは自社製品以外も扱っており、それがここで紹介するEKROWだ。

オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存在感の高さが魅力的な1台。

「魅せる」ことにとにかくこだわって全面武装

【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

やっぱりカマロが大好き!その中でも69カマロが1番かな?

アメ車専門店の中でも、とくにビンテージを豊富に取り揃える東海カーズ。代表の細井さんはプライベートでも複数台所有するほどカマロが大好き。なので今回も、今まで紹介していない個体の登場だ。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger