GMC シエラ1500 AT4Xは、オンロードだけでなくオフロード性能も追求したモデル

ピックアップトラック

アメマガ2023年6月号

スカイオート

埼玉県

シエラ1500

シエラ1500AT4X

やっぱりGMが最高

様々なブランドを展開するGMグループ。日本ではキャデラックとシボレーが圧倒的な知名度を誇る。それに対しGMCは些か地味な印象を感じるが、加飾を排し、クルマの機能を追求したブランドと言える。

質実剛健を絵に描いたようなタフネスさが最大の魅力!

やっぱりGMが最高


派手さには欠けるものの重厚さや信頼感を追求する

'22 GMC SIERRA 1500 AT4X

スカイオート【SKY AUTO】
https://www.skyauto.co.jp/

日本国内で、シボレーとキャデラックの正規ディーラーは展開するが、会社名であり1番のメインブランドと言えるGMCは、前者の影に隠れるようなポジションと言える。もっとも、ビュイックにおいてはさらに知名度が下がり、アメ車に精通した人以外は知らないかも…。中には「エンブレムが違うだけで、中身は同じでしょ!?」と思う人もいるだろうが、それは半分正解で、半分は誤りだと言えるだろう。

 

今回のGM特集の中で、シルバラードのZR2も紹介しているが、ここで紹介するスカイオートのシエラAT4Xは、まさに兄弟車で、GMCブランドバージョンと言えるものだ。

 

シルバラードはシボレーらしく、メタリックブルーの鮮やかなボディカラーを採用。それに対しシエラは、メタリックが配合されているが落ち着いたサンドベージュ。フロントマスクはグリルの厚みが大きく、重厚な雰囲気を醸し出しており、さながらビッグダディのような頼もしさすら感じさせる。

ここで紹介するシエラAT4Xは、オンロードだけでなくオフロード性能も追求したモデルで、前後バンパーはボディ同色に塗装を施されているものの、金属製なのでオフロードで少々ヒットさせても凹むようなことはない強靭さが魅力と言える。また足回りのダンパーにはマルチマティックDDSVショックを採用しており、ウォッシュボードのような路面を走行しても車体が跳ねるようなことはなく、瞬時に衝撃を吸収してくれるので、大げさではなく、どこへでも行ける仕様と言えるだろう。

 

テールゲートは、通常の開閉方式だけでなく、小さな開口部を設けたマルチフレックスゲートを採用。中央部分はステップとして使用できるが、ここを展開するとさらにオプションのキッカーサウンドシステムが出現! スマートフォンやMP3プレイヤーを接続することで、お気に入りのサウンドを楽しむことができる。アウトドアシーンで重宝されるピックアップならではの仕掛け。

確かにシボレーと比べると、ちょっと落ち着きすぎな印象はある。ハイパフォーマンスを強調し、とにかく目立ちたいと言う人にはシルバラードを好むだろうし、シボレーというブランドを考えると適切とも言える。それに対しシエラは、都会よりもアウトドアやグリーンフィールドが最適と言える。高性能を徒ら2に主張せず、それでいて本気を出せば6.2ℓの圧倒的な走りを味わうことも可能だ。

 

もちろん、クルマに求める物は人それぞれで、何が正解だと決めつけることはできない。でも、能ある鷹は…ではないが、落ち着いた佇まいを感じさせるシエラは、大人が乗るに相応しいフルサイズピックアップであることは、間違いないだろう。

ヘッドライトはLEDを採用。横スリットタイプのグリルの中央には、もちろんGMCのロゴを配置。エンジンフード先端のパーツはカモフラ柄の様な塗装となっている。なお、前後バンパーは金属製を採用。

マルチフレックスゲートは、これからのスタンダードとなりそうな画期的なシステム。バンパーの両端にはステップを設けており、ベッドへの乗り込みも考慮。またオプションのサウンドシステムも装備する。

6.2ℓV8エンジンを搭載。エンジン本体ははかなり奥まった位置に配置されており、フロントサスよりも後方とすることで、フロントミッドシップ的なハンドリングを実現する。高性能を無闇に主張せず、フェンダー部分でさり気なくアピールする。

グッドイヤーのラングラー・デュラトラック(275/65R18)を標準で装着。大きなタイヤを装着することで、オフロードでのクリアランスをしっかり確保しており、金属バンパーやショックは、決して伊達ではない。

リザーバータンク付きショックの様な形状のマルチマティックDDSVショック。この部分に3つのバルブが内蔵されており、衝撃を即座に収集する。リアシャックルの付き方も特徴的で、サスペンションの伸び側のストロークを重視した構造となっている。

インパネ中央には大きなモニターを配置し、360度カメラで周囲の状況を把握。エンジンスタートボタンは大きく、手袋をしていても操作しやすい。携帯のワイヤレス充電器も装備する。

AT4Xのロゴがあしらわれた、専用シート。リアシートは、装備座面だけを跳ね上げることも可能。駆動の切り替えはダイヤル式で、ローレンジも装備する。


スカイオート【SkyAuto】

所在地:埼玉県越谷市南荻島708-1
TEL:048-976-1235
URL: https://www.skyauto.co.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年6月号掲載


関連記事

RELATED


強烈なインパクトを放つシエラとシルバラードをロックオン!

2020 GMC SIERRA
2019 CHEVROLET SILVERADO

【ジープ グラディエーター】遊びに使うことに特化した、ある意味スーパーカー

JLラングラーが空前のヒットを続けており、それに続けとばかりに日本で正規発売されるJTグラディエイター。ただボディを伸ばしただけはない本気度が感じられるモデルだ。

アメ車らしさを堅持しつつも、先進的なテクノロジーも満載

SUVもトラックも、ボディ形状が違うだけで中身はほぼ同じ…。確かに一昔前まではそうだったが、今ではまったくのベツモノ。それぞれのニーズに合わせ専用設計され、細分化を実施。その上で、シボレーのブランドに相応しい、スポーティ性も盛り込んだが、このタホとシルバラードだ。

【GMC シエラ AT4 / CHEVY シルバラード ハイカントリー】圧倒的な存在感のフルサイズピック

2019 GMC SIERRA AT4
2018 CHEVY SILVERADO 1500 High Country

流行りに左右されないのがハマーH2の最大の魅力

生産が終了して早14年が経過するものの、その名が廃れれることのないハマー・H2。熱狂的なブームが落ち着いたいま改めてH2を見てみてもやはりその存在感は半端なく、魅力的に映ってしかたがない。

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。