ショールームとファクトリーが一体となってサービスが拡充【スペース横浜】

ショップ

アメマガ2023年6月号

スペース横浜

神奈川県

アメマガリコメンドショップ

スペースファクトリー

これまで横浜市都筑区佐江戸町に店舗を構え、神奈川を主軸としていたスペース横浜が、横浜市都筑区池辺町に新社屋を構えて3月26日から始動。店舗前に植えられた大きなヤシの木が目印で、ここだけはアメリカ西海岸のテイストが漂っている。

アメマガリコメンドショップ


アメリカ西海岸の雰囲気漂うオシャレな新社屋

AMEMAG RECOMMEND SHOP
SPACE YOKOHAMA

https://space-factory.com

長らく神奈川県横浜市都筑区佐江戸町に店舗を構えてきたスペース横浜が移転し、3月26日から新店舗での営業をスタートさせた。新店舗の場所は、旧店舗前の緑産業道路を港北インター方面に向かって2.4km進んだ右手にあり、イメージカラーのイエローにガラス張りのショールーム、そして店舗前に植えられた大きなヤシの木がランドマークとなっている。

店内に入ると1階はショールームとなっており、当日は現行モデルのマッスルカーにピックアップトラック、SUVが展示されていた。中でも書庫の前にビンテージマッスルが配置された空間はお洒落で、まさに映えスポット。その隣の階段を上がった2階は商談及びウエイティングルームで、こちらもモダンな空間で落ち着いた雰囲気を醸し出す。

また今回の新店舗オープンでこれまでと大きく変わったことは、別々だったショールームとファクトリーが集約されたことだ。ショールームのすぐ隣にファクトリーが併設されたことで迅速に対応できる体制が整い、オイル交換などのクィック整備から最新テスターを用いた一般整備まで、幅広いサービスを提供することを可能とし、バックアップ体制も万全。


ワンストップサービスを実現し、益々品質の向上が図られていくことは間違いないスペース横浜。近隣の方はもちろん、たとえ遠方であったとしても、この充実したサービスを受けることに得はあっても損することは一切ないと断言する。

ショールームの1階は販売車両の展示スペースとなっており、本国から直輸入した選りすぐりのモデルが並ぶ。スポーツ、マッスル、トラックにSUVとジャンルは問わない。

ショールームの2階は商談及びオイル交換などのウエイティングルームとなっており、ウッドテーブルやレザーソファといったダークトーンの家具を配置してヴィンテージ感漂う雰囲気でまとめている。


SPACE FACTORY【スペース ファクトリー】

〒224-0053 横浜市都筑区池辺町4859番地

TEL:045-932-8111
営業時間 9:00-18:00(月~金)10:00-17:00(日、祝)
定休日 第1金曜日、土曜日
URL  https://space-factory.com

旧車から最新モデルまで、どんなアメ車でもお任せあれ!

整備歴30年以上のベテラン整備士を筆頭に、アメ車に精通した整備士が揃うスペース ファクトリー。以前よりも広々とした敷地には3基のリフトを備えるとともに最新の機材を充実させて、コンピューターによる診断が必須となった最新のモデルからビンテージモデルに至るまでどんなアメ車にも対応。車検や点検、重整備、それにカスタムまで、アメ車ユーザーの要望に確かな技術で応えてくれる。


SPACE YOKOHAMA【スペース横浜】

〒224-0053 横浜市都筑区池辺町4859番地
TEL:045-530-0139
営業時間 10:00-18:00(月~金)
     10:00-17:00(土、日、祝)
定休日 第1金曜日、第1土曜日、
    第2週以降の火曜日(第1火曜は営業)
URL https://www.space-jp.jp


PHOTO&TEXT:編集部
アメ車マガジン 2023年6月号掲載


関連記事

RELATED


圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

空港から徒歩圏内の好立地、鹿児島県を代表する覇王ホイールズ!

自社オリジナルブランドのAMEMAG、オーダーメイド鍛造ホイールのHIGH FORGEDを手掛ける鹿児島県の覇王ホイールズ。クロスファイブを初めとする各種イベントでインパクトの強いオフロードビークルが並ぶ姿にカーショップと勘違いする人も続出!?

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

大量生産品ではない、唯一無二の仕様を提案【ヘブンスペース】

アメ車を買って自分だけのカスタムもしたい!そう考えるユーザーから支持され続けるお店、ヘブンスペース。まったく異なる仕様に仕上がった2台のC-1500は、同社の幅広い技術力が垣間見える。

2インチリフトアップでも37インチタイヤが装着可能【SCT-XWD】

ピックアップが好きだったことが嵩じて、四駆専門店を始めたSCT-XWDの六田社長。長年ラングラーのカスタムに取り組んできたが、JEEP+ピックアップというJTは、まさに格好の素材だと語る。

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]