日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

アメマガ2023年9月号

ファッドスター

岩手県

ラム350

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。


日本で新車登録された生粋のワークトラック

'91 DODGE RAM 350 WRECKER TOW TRUCK

ファッドスターは岩手県北上市にあるカーショップ。その代表であり、トラックのオーナーでもあるのが高橋さん。これまでもサニートラックやT100、タコマ、タンドラなどを乗り継いできたトラック好き。数年前にはタンドラフェイスのジムニーを東京オートサロンに出展したこともある。

そんな高橋さんが手に入れたのが91年型のダッジ・ラム350をベースとしたレッカー車。実はこのクルマ、日本のある企業が新車で購入して登録。しかも作業車として敷地内でしか動かさなかったという由緒正しい個体。実は保有していた会社は高橋さんが若い頃に勤めていた会社でもある。そしてその会社がラムを手放すということで「引き取ってくれないか」と依頼がきたという。

ベースは91年型のダッジ・ラムトラック。キャビンはレギュラーで5.9ℓ直6のディーゼルターボ。さらにデューリー&4WDという激レアなパッケージ。リアにはウインチのほか、レッカー車用クレーンの業界基準を作ったと言われるホルムス製の油圧クレーンを搭載。フロントにぶつけた形跡があるが状態はよく、自走も可能。ただし車検を取るためにオイル交換などを行ったところ、クーラント漏れやウインカーの故障など次々とトラブルが発生。高橋さんはこうしたトラブルにも対応し、ゆくゆくは自社でレッカー車として稼働させる予定だという。

 

もし北上あたりで困った時はファッドスターに連絡をすれば、このラムトラックにけん引してもらえるかもしれないぞ。

外装は左前に衝突痕があるものの、全体的には良好。塗装はオリジナルで状態は非常に良好。ミラーはけん引を想定してトーイングミラーへと変更されている。下回りは雪国にあったとは思えないほど極上。現在はリアのダブルタイヤ用ホイールを探しているそうだ。

エンジンはカミンズの5.9ℓ直6のディーゼルターボを搭載。クーラントやフルード漏れなどトラブルはあるものの対処済み。マスターシリンダーは新品に交換済みだが交換直後に錆で茶色くなってしまったそう。

ベッドにはホルムスのクレーンとウインチを搭載している。ベッドには錆が出ているものの雪国のクルマとしては少ないほうだろう。そもそもレッカー仕様のトラック自体が流通することは少なく、あっても会社名が書かれていたりペイントされていたりする個体がほとんど。その中でこのオリジナルの塗装でレッカー仕様は珍しい個体だ。

内装の程度も非常に良好。シート表皮は破れなどなく、インパネの焼けや割れもない。トランスミッションはマニュアル。またパートタイム式4WD のためシフトレバーの横にセレクトレバーも備えている。なお天井は定番の剥がれが発生しているので修理予定だ。


FAD STARt【ファッドスター】
所在地:岩手県北上市村崎野14-470-10
TEL:0197-66-6996
URL:https://fadstart.jp/


PHOTO:Tomo's Photo
TEXT:石上智章
アメ車マガジン 2023年9月号掲載


関連記事

RELATED


小さいに需要ありコンパクトダッジが面白い存在になる予感【ダッジキャリバー】

アメ車に乗りたいけど、サイズが大きいし排気量も大きいから維持費が大変。だがアメ車にもコンパクトなモデルは存在し、その代表がPTクルーザーやHHR。だが、もう一つ面白いモデルがある。それがダッジ初の5ドアハッチバックのキャリバーだ。

アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

高校生の時に一目ぼれしたチャージャーが愛機

吊るしのままでも十分にインパクトのあるアメ車。しかし、乗り始めるとそのままでは満足できなくなり、手を染め始める。これはアメ車に乗る者の性で仕方のないこと。唯一無二を求めてひたすら走り続ける。一種の麻薬みたいなものがカスタムで、その沼には男女関係なくハマってしまうのだ。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】