アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

ピックアップトラック

SUV

キャデラック

ダッジ

アメマガ2022年10月号

THE AMERICAN TRUCK & SUV

ラム1500

エスカレード ESV

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

THE AMERICAN TRUCK & SUV


思いもよらないキッカケから、巡り合うこととなった愛車

2007 CADILLAC ESCALADE ESV
2003 DODGE RAM1500

トラックとSUVを乗りこなす夫婦、まさにこの特集にピッタリだと思い取材を打診したのが、やま&Chan-U夫婦。ちなみに二人とはだいぶ前からの知り合いで、彼女には以前所有していたタホで女性オーナー企画に登場してもらった経緯がある。だけどやまさんはというと、イベントに参加している際に、ほかのアメ車ユーザーたちと一緒に掲載されたということは何度もあるものの、単独での掲載は今回が初。しかも、ようやく落ち着いた自分の城とともにともなれば喜びもひとしお。

これまでに複数台のアメ車を乗り継いできた彼の愛車は03年型のダッジ・ラム。元々は先輩が所有していたそうで「買ってくれよ!」という打診に「ローンが通ったら!」と返答を曖昧にしていたら本当に審査に通ってしまったことで購入に至ったとのこと。でも、当時本当はエスカレードが欲しいと思っていたらしい。

 

しかし、購入してからはというと、ラムの迫力あるフォルムに惚れ込み、当初はノーマルだった車高もリフトアップして、フロント11、リア9インチの上げ幅を実現。ちなみにこれらはすべて自身で組み上げている。

そしてもう一方のエスカレードだが、前述したとおり元々欲しかったという思いと、たまたま手放すといった情報を入手したことでゲットした1台。レクサーニのグリルやホイールが装着されていたことも決め手となっている。

 

そして、そんな愛車たちをしまっておくためだけでなく、趣味のバイクやジェットスキーも収納でき、さらには仕事の事務所も兼ね備えるガレージを所有することも長年の夢。

 

暇さえあればクルマイジりに勤しんでいるのはもちろん、さらに自宅の敷地内にはアメ車が余裕で10台以上止められるとあって週末には仲間たちが集まり、彼らとBBQなどをして語らうことが何よりも楽しい時間。まさに充実したアメ車ライフの理想形がここにある。

レクサーニのクロームグリル& サイドベントを装着し、もちろんボトムスも同ブランドの26インチをインストールして、まさにラグジュアリーの王道を行くシルエット。マフラーはコルサで図太いサウンドを奏で、インテリアはブラックで統一してモノトーンを際立たせる。

ラフカントリーのリフトアップキットをベースにしながらスペーサーを組み込み、さらにはボディリフトも敢行して、フロント11、リア9インチのリフト化を実現。これらの作業は業者任せではなく自身で施工しているのだが、これは待つことができない性格から(笑)。このリフト量に合わせてタイヤは37インチとし、ホイールは24×14Jを装着している。「どこに行くのも不便…、乗り降りしずらい…」と言っているが、かなり満足気。ちなみに次は「6m オーバーのモデルに乗りたい」と話す!

仕事の事務所も兼ね備えた大きなガレージ。所有する2台が楽々入るだけでなく、ジェットスキーやバイクも余裕で収納。趣味であるイジりを時間を気にすることなく行える有意義な空間。週末になると近隣の霞ヶ浦で仲間たちとジェットスキーを満喫し、猪苗代湖にも遠征するそうだ。

OWNER'S FILE:Chan-U / OWNER'S FILE:YAMA


アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


フルモデルチェンジして威厳が増した迫力のフォルム ラム1500レベルスポーツ

2010年モデルよりダッジから切り離されて「ラムトラック」として単独ブランド化を果たし、2019年モデルでフルモデルチェンジしたラム。これまでも独特な存在感を放っていたが、それがより際立っているのは明らかだ。

純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

アメ車(シボレーC1500)でサーフィン行かないです、潮風に晒して錆びるのが嫌なんで!

初めて自分のお金で買った愛車C1500。てっきりサーフィンに夢中の彼が、その足として選んだのかと思えば、話を聞くと「波乗りはハイエース!」と断言。その真意を訪ねると生粋のクルマ好きであることが判明。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。