新幹線で訪れてアメ車で名古屋観光なんて“粋”な使い方も可能だ!【SJS】

ショップ

アメマガ2023年9月号

レンタカー

SJS

愛知県

新幹線や飛行機で観光した時、現地での移動手段は電車やバスじゃ何かと不便。とはいっても国産コンパクトカーのレンタカーじゃ味気ない。そこでオススメしたいのがアメ車レンタカーって選択肢。名古市街地はもちろんラグーナテンボスに知多半島方面など、アメ車で回ればテンションも上がること間違いなし!


まずは乗って楽しむべき!左ハンドルに不慣れでもOK

SJS TOTAL CAR SHOP RENT A CAR SERVICE
https://sjs052.com/

2023年5月28日に開催したアメ車マガジンミーティングZの会場で、アメ車レンタカーのバナーを掲げて一際目を引いたSJS。その内容と真相を確かめるべく早速取材へと向かった編集部。話を伺うと、最近22歳の女の子がこのレンタカーと同じ年代のエスカレードを購入するなど、初めての愛車にフルサイズの左ハンドルを検討するケースも増加傾向にあるとのこと。

しかし、話を進めているとネックになるのがサイズ感と左ハンドル。やっぱり乗れるかどうか不安に感じたりするものだ。でも試乗してしばらくすると「意外と乗りやすい! これなら乗れるかも!」なんて反応が大半。

 

さらに試乗するとなると、ある程度購入も検討段階での話となり、そこまでの壁が意外と高い。ならばその壁をもっと低くして買う気のあるなしを問わず、まずは気軽にアメ車に乗って名古屋近郊をドライブしてもらうところから始めてみるのも良いのでは? 何てキッカケではじまったのがアメ車レンタカー。

 

もちろん若い子に限らず、アメマガ読者のベテランアメ車オーナーがご自慢の愛車ではなく、公共交通機関で訪れた際に、ちょっと半日アメ車で名古屋近辺を観光したいなんてケースにも最適。

 

普段アメリカンSUVに乗ってる方からすればマッスルカーは新鮮だろうし、その逆も然りだ。料金的にもそこまで高価じゃないので、気軽にご利用してみてはいかがだろう。


Dodge Charger

PRICE 12時間:24,000円 / 24 時間:32,000円

Cadillac Escalade

PRICE 12時間:17,000円 / 24 時間:25,000円 

 

子供連れで電車やバス、タクシーで名古屋観光はちょっと大変。左ハンドルに不慣れなアメ車ビギナーや若い女性の方でも、初回レンタル時に操作方法などをレクチャーしてくれるので気負いすることなく利用可能。

もちろん地元名古屋の若者や普段は国産車に乗っている方が、デートや記念日など特別な一日を過ごすために利用することだって大歓迎。

まずはチャレンジャーとエスカレードから開始しているが、車種やジャンルも近日中に拡張予定とのことなので、最新情報は同社ホームページをCheck it out!


株式会社エスジェイエス

住所:愛知県名古屋市中川区五女子2-7-10
TEL:052-354-9688
営業時間:10:00-19:00
定休日:日曜 第1・3 月曜 祝日
URL: https://sjs052.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年9月号掲載


関連記事

RELATED


1950年代ミッドセンチュリーのアメリカと常滑のカルチャーを融合【CENTRAL DINER】

招き猫の街として知られる愛知県常滑市。猫(キャッツ)と言えばロカビリーアーティストの名称でも多用され、ミッドセンチュリーなアートの多くも猫をテーマにしたものが多い。それをオーバーラップしつつ、絶妙にカルチャーを融合させた50'sアメリカンダイナーが「セントラルダイナー」だ。

90年代から四半世紀に渡る営業を経て、寝屋川市駅からすぐの場所に【SOUL FOOD BAR BUTCH】

大阪のベッドタウン寝屋川市、南北を結ぶ外環状線(国道170 号線)から一本入った場所で25年間継続してきた「SOUL FOOD BAR BUTCH」が節目となる四半世紀を迎え、寝屋川市駅からすぐの場所に!

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

【JACK THE RIPPER】アメ車乗りが営む散髪屋

切り裂きジャックこと「JACK THE RIPPER」。これを屋号としたスタイリッシュな理容室がある。こだわりアイテムやアメ車で満たされた店内は、アメ車オーナーも楽しめる空間と時間が用意されている。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。