カッコいい乗り物と相性の良い、ジープにマストな選択肢!【COSWHEEL】

ホビー・雑貨

アメマガ2023年10月号

COSWHEEL

COSWHEEL MIRAI E-MOTORCYCLE

COSWHEEL MIRAI E-BIKE


COSWHEEL MIRAI

https://coswheel.jp/

こちらのページで紹介した 、電動キックボードのみならず、株式会社アカリエでは様々な電動モビリティを展開しており、中でも今注目を浴びているモデルがCOSWHEEL MIRAI E-MOTORCYCLEとMIRAI E-BIKEだ。

見た目に大きく変わらないことから「どっちがどう?」「何が違うの?」との声も多いので簡潔に説明しておくと、E-MOTORCYCLEは原付登録もしくは原付二種登録を可能にすべく、ウインカーやテール、ミラーなどの保安基準に適合する装備を完備。3つのモードから30km以上速度を出せないのが原付登録で、MAXスピードの60kmまで堪能できるのが原付二種登録だ。どちらもヘルメットを着用して車道を走行する義務はあるが、通常の原付スクーターの様な野暮ったい印象もなく、総重量も35kg程度と大人一人でも持ち上げられる軽量感は、クルマに積んでアウトドアや行楽地へ持ち出すのも楽々。

 

E-BIKEはナンバー不要で乗れる代わりに、ペダルを少し漕いだら電気の力でアシスト機能が働く電動アシスト自転車の区分になる。どちらも大きさやフォルムに大差はなく、グラディエーターのベッド部分やヒッチサイクルキャリアに積み込むシーンにおいても大人一人でも充分持ち上げられる重量が魅力。そして何より乗り物としてカッコ良さやワイルドさを重視するデザイン性こそ、ジープユーザーにお勧めしたい最大の理由だ。


COSWHEEL MIRAI E-MOTORCYCLE

COSWHEEL MIRAI の購入はこちらから
COSWHEEL MIRAI S の購入はこちらから

Pure White
Camouflage
Matte Black
Sky Gray

ヘッドライトやウインカー、テールランプやナンバーステーが装備される原付登録のCOSWHEEL MIRAI E-MOTORCYCLE。ブレーキシステムやサスペンションなどはE-BIKEと共通装備となる。ある程度距離を走ったり、車道を走ることがメインの場合は原付登録、自宅周辺の買い物や出先での周辺散策の足に使う程度なら電動アシスト、または先に紹介したMIRAI T Liteなど、シーンや目的に応じても幅広い選択肢の中から選べる電動モビリティ。


COSWHEEL MIRAI E-BIKE

MIRAI E-BIKE の購入はこちらから

MIRAI SPORTY

オフロードもオンロードもアクティブに楽しみたい方向けにリリースされたMIRAI SPORTY。3台の中で唯一シートの高さ調整が可能で重量も一番軽いところがポイント。適応身長が165cm~となっているため、主に成人向けのモデルとなる。バッテリーは20Ahだがそれでも最長航続距離は約110~130kmと充分。

MIRAI COMFORT

ヴィンテージカーを彷彿させるホワイトウォールタイヤにダイナミックなフレームデザインが抜群に映えるコンフォート。ピュアホワイトの他、ワイルドなスカイグレイ、クールなマットブラックのほか、名古屋グランパスとのコラボレーション限定モデルなど多彩なラインナップの中から選べる点も特筆物だ。

MIRAI GT

MIRAI GT は力強さとエレガンスを融合した完璧なプロポーションに加え、強靭なパワートレインにデザートストームタイヤ、専用ハンドルなどGT の名に相応しい装いが詰まったモデル。高性能バイクに採用されるアウターチューブが上にレイアウトされた倒立フォークによるバイクさながらのディテールも魅力的。


THANKS:株式会社Acalie

TEL:052-750-0362
https://coswheel.jp/


アメ車マガジン 2023年10月号掲載


最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。