道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

SUV

ジープ

アメマガ2023年10月号

ラングラー

ラングラーアンリミテッドサハラ

ジープとなら人生はもっと愉しい

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

ジープとなら人生はもっと愉しい


危険と隣り合わせの過酷なアルパインクライミングに挑む!

ワイルドとか硬派とか、本格派オフローダーとか、ラングラーに対するイメージは比較的ソッチ系であることに間違いはないが、そんな言葉じゃ収まりきらないレベルのホンモノが、紹介する藤本さん。サラッと「週末冒険家です」なんて自己紹介をされるものだから、それこそ一般的な登山道をハイキング感覚で登って頂上で一服なんて軽いのを想像したが、「ユーチューブもやってるんで見てください」なんてこれまた軽いタッチで案内されて見てみると、まるで海外のクレイジーなクライマーたちが挑む本気のソレにビックリ。死と隣り合わせのシリアスな場面でも、それを感じさせずに面白おかしくコミカルに道中の生々しさから映像に反映するユーモアには、山への興味より彼への個人的な関心が向くほどである。

そんな藤本さんの愛車ラングラーがこれまたリアリティーに溢れていて魅力的。大口径でゴリゴリのスタイルというよりは、フェンダークリアランスをしっかりと確保して、過酷な路面状況下でも難なくこなせる足捌きに重きを置くボトムス。そしてルーフトップのオープン機能を犠牲にすることなくキャリアやサイドタープを巧みにかわすレイアウト。DIYした二段ラゲッジにサイド部分のデッドスペースまで収納に活用する、隙のないアレンジも特筆物だ。

 

ラングラーカスタムといえば車高の高さやワイドフェンダー、そしてお洒落に映えるルーフ活用術も昨今トレンドではあるが、彼の場合はそのすべてがビジュアル目的ではなく、本当に必要な物ばかり。必要以上に大きなタイヤや有り余るサイズ感の大きなタープは要らない。しかし何もない過酷な山中で過ごすために必要となるアイテムには貪欲。ラングラーを人一倍活用するからこそ、サッと横に立っても誰よりも似合う。ライフスタイルとクルマが一致するとは、まさにこのことだ。

'19 JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA

モパーのリフトアップキットで約3インチアップを施し、BLACK RINO のゴールドリムにジオランダーX-AT(285/70R17) を装着。ROTOPAXの2ガロンストレージもリアリティに溢れて素敵。

ベストップのサンライダー全開口を犠牲にすることなくルーフキャリアを設置。当初は6ディグリーズから「この神技テクなルーフのアレンジ素敵じゃないですか!」と、今回のJeep 特集に合わせて取材を打診したが、あまりにオーナーが魅力的だったのでこっちがサブになってしまった。

整備された登山道とはわけが違うので、当然山小屋なんてものも存在しない。となれば唯一の拠点がこのラングラーとなる。となればサイドオーニングも耐久性、対候性に優れたものが必須。リアゲート部分のテーブルも然りだ。

藤本さんが手掛けるアパレルのTHNDER BIRD HILLSロゴ入りのシートカバーに、本国から輸入したゲートテーブル、ウェザーテックのラゲッジマットなど、すべてが“冒険家” に直結するアイテムばかりでリアル。

写真は2022年のゴールデンウィークに挑んだ北アルプス剱岳の様子。このほかにも沢登りに岩場のフリークライミング、クラッククライミングなど、「えっ!?そんなヤバいところ登るの?」と驚くロケーションが次々出てくる彼のユーチューブは、その道中からそのまんま映像としてアップされているので、凄く親近感が湧いて疑似体験しているかの様に惹き込まれる。

Kei Fujimotoさん
@THUNDER_BIRD_HILLS


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年10月号掲載


関連記事

RELATED


カスタム済みの中古車という賢いクルマ選びがオススメ

マッスルカーからSUVまで、様々なアメ車をラインアップする岐阜のガレージトップスピード。ノーマルだけでなくカスタムも得意で、今回はアグレッシブなJKラングラーを紹介しよう。

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD