【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

SUV

ジープ

アメマガ2023年10月号

ラングラー

ラングラースポーツ

ジープとなら人生はもっと愉しい

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

ジープとなら人生はもっと愉しい


日常の足だからこそ、気分が上がるクルマを選ぶ

紹介する立花さんは既に一生モノの愛車として、自分と同じ年に製造された1979年型のK5ブレイザーを所有しており、現在オリジナルエンジンからボーテックへ換装するビッグプロジェクトを敢行中ということで長期間ショップに預けており、つい最近までは国産軽自動車を仕事兼プライベートカーとして愛用していた。このラングラーは2023年6月に迎え入れたばかりの新たな相棒である。

話を伺うと最初はジムニーなんかも視野に入れて探していたそうだが、遠方の中古車販売店にマニュアルのオレンジ、それにソフトトップのTJが販売されているのを見つけて弾丸で現車確認をしに行き、そのまま潔く即決。

途中テストドライブを兼ねて千里浜なぎさドライブウェイのサンドアタックに挑み、そのままハイウェイを走らせて大阪まで自走するなど、直感で良いと思ったモノに対する行動力が凄まじい。その姿勢はヴィンテージブーツや革ジャン、アンティークな軍用腕時計などのウェアにも通じており、モノ選びは価格や性能よりもルーツや巡り合わせ、そしてタイミングを重んじる。それにしてもセカンドカーまで2ドア、しかも幌車でマニュアルを選ぶところが、彼のこだわりと癖の強さを物語っているだろう。

お気に入りの古着を着て軽自動車じゃ味気ない。ちょっとフラッと出掛ける時でも、腕時計やジャケット、ブーツと同じ様に身嗜みの一つとしてクルマを捉えるからこそ、日常の足選びにもこだわりが生まれる。ギアを入れるタイミングは自分で決めるマニュアル車、手動でオープンエアーを嗜む幌、どれも一手間余分にかかるがゆえに愛着が湧く。カッコつける本当の意味を理解する大人が好むジープとしてTJは最良の選択と言える。

'06 JEEP WRANGLER SPORT

2006年型のTJラングラーは4ℓ直6を搭載。175hpで滑らかな回転フィールを6速マニュアルで操る感覚が古典的で気分が上がる。購入時は開閉が難しかった幌も既にリフレッシュ済みでフルオープンも快適そのもの。

購入時から装着されていたマットブラックの16インチホイールも、定番のリムデザインで悪くない。タイヤはBFグッドリッチのマッドテレーンKM3を装着する。リフトアップを施したり過剰なカスタムは施さず、オリジナル志向で乗る辺りも粋。

極太ロールバーにファブリックシートがSPORT の名に相応しいカジュアルなインテリア。ジープに豪華装備なんて不要。幌車でマニュアルが気分だ。

革の風合いや、長年愛用してできたシワまでも愛して止まないヴィンテージレザージャケット。革の手入れを怠らずに良い状態をキープして育てていくことも楽しみの一つだ。

デニムジャケットに関しても革ジャン同様、色落ちやシワに気を付けながら育てていく感覚。流行り廃りでモノ選びをしないことも彼のこだわりである。

ハイブランドの高級腕時計よりも、本物の軍隊が使用していたリアルミリタリーのアンティーク腕時計が気分だ。

探しても中々見つからない激レアな年代のレッドウィングブーツを発掘するのも、古着マニアの楽しみの一つ。

Tetsuya Tachibanaさん


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年10月号掲載


関連記事

RELATED


道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

カスタム済みの中古車という賢いクルマ選びがオススメ

マッスルカーからSUVまで、様々なアメ車をラインアップする岐阜のガレージトップスピード。ノーマルだけでなくカスタムも得意で、今回はアグレッシブなJKラングラーを紹介しよう。

稀少限定色のレインにルビコン392を搭載するモンスター!

1981年まで生産されたCJ以来、40年ぶりにV8エンジンを搭載した「RUBICON 392」。モパーらしさを色濃く感じさせるハイパフォーマンスな走りは、良い意味でラングラーらしからぬ魅力を放つ。

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2