僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クーペ

フォード

アメマガ2023年11月号

カーボックス

広島県

マスタング

シェルビーGT500

AMERICAN SPORTS

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

AMERICAN SPORTS


カスタムは息子と相談し、一緒に決めてます

CARBOX
http://www.bs-carbox.jp/

2013 FORD MUSTANG SHELBY GT500

「いつかはマッスルカーに乗りたい」。とは言え、本気で乗ることは余り考えていなかった瀧口さん。だが、息子の善くんはクルマ好きに育ち、特にアメ車マッスルカーが大好きだったこともあり、一度生でクルマを見せてあげようとカーボックスを訪れる。ズラリと並ぶマッスルカーのなか、真っ先に善くんが食いついたのが、シェルビー・GT500。正直、瀧口さんはシェルビーのことは詳しくなく、購入するなら維持費のことを考えマスタング・エコブーストを検討していた。

そんな二人のためにカーボックスは、アメ車のこと、マスタングのこと、そのマスタングの中でも特別な存在がGT500であることを丁寧に説明。その親身な対応に「もし今後、買うならカーボックスで」と決め退店しようとした瀧口さん。が、善くんはGT500の前から一歩も動かない。「僕はこれが欲しい。シェルビーに乗りたい」。愛息にそんなことを言われ、「いきなりのスーパーチャージャー、しかもマニュアル。こんな凄いクルマ、俺に運転できるのか?」と自問自答した瀧口さん。しかし改めてGT500を見ると、他のマスタングとは全くオーラが違う。結果、決断までそれほど時間は必要なかった。

 

助手席に乗る善くんの誇らしい顔を見ると、二人の決断は間違っていなかったようだ。

カーボックスのツーリングに参加するなかでカスタムに目覚めた瀧口さん親子。カーボックスからHRE WHEELSから新作デザインのFF28が出ると聞き迷わず装着。ホイールカラーやイエローキャリパーなどは、善くんと一緒に考え決めたもの。さらにカスタムが続き、瀧口さん親子オリジナルデカール&カラー、タイヤレター、BCRacingコイルオーバー、各部外装パーツ・カーボンパーツ、ミラー格納電動化、RECARO シート(純正OP)。


OWNER:瀧口さん&善くん
維持費を考えエコブーストを検討したが、V8サウンドを聞きV8の虜に。息子の善くんがシェルビーGT500に一目惚れしたものの、流石に自分では運転できないと諦める。が、GT500の雄姿がずっと頭から離れず購入を決断。奥様も「仕事を頑張ってるし、好きなクルマに乗っていいよ」と容認。


CARBOX

TEL:0826-52-3052
HP: http://www.bs-carbox.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

カーボックス秘蔵のシェルビーをロックオン

以前所有していたGT350は、仲間やカーボックスに止まるGT350と比べるとヤレて故障も多かった。もっと極上なGT350に乗りたい…。そんな折、カーボックスに隠されていた超極上のGT350を発見。それは、カーボックス山西社長が長年大事に保管してきた秘蔵のGT350だった。

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。