カーボックス秘蔵のシェルビーをロックオン

クーペ

フォード

アメマガ2023年11月号

カーボックス

広島県

マスタング

シェルビーGT350

AMERICAN SPORTS

以前所有していたGT350は、仲間やカーボックスに止まるGT350と比べるとヤレて故障も多かった。もっと極上なGT350に乗りたい…。そんな折、カーボックスに隠されていた超極上のGT350を発見。それは、カーボックス山西社長が長年大事に保管してきた秘蔵のGT350だった。

AMERICAN SPORTS


このクルマは俺に任せて!ダメもとで社長に懇願

CARBOX
http://www.bs-carbox.jp/

2017 FORD MUSTANG SHELBY GT350

購入したばかりのGT350。お気に入りで自慢のクルマだが、同じGT350に乗る仲間と集まりクルマを見比べると、自分の愛車は全体的にヤレているのが気になった初島さん。しかも、故障歴は誰よりも多かった…。

 

「頼りになるショップ」と、GT350仲間から紹介され訪れたのは広島のカーボックス。噂通り店内にはGT500がズラリと並び、自分と同じGT350も極上に仕上げられていた。修理を前提に訪れたのだが、そんな光景を見てしまえば、目移りしないアメ車乗りはいない。

中でも目に留まったのが、ファクトリー奥に「隠す」ように置かれていた白のGT350。「あれは売り物?」と質問すると、笑顔だったスタッフが真顔になり「あれは社長が大切に保管しているクルマで、コツコツチューニングしているんです。流石に売ることは…」。だが、そうまで言われると益々気になる初島さん。ダメもとで山西社長に「あんな極上のクルマに乗ってみたいんです。あとは僕に任せてください」と直球勝負。

 

その素直な熱意に、これまで頑なに販売を拒んできた山西さんも承諾。「本当に欲しくて乗りたい人に出し惜しみするのもね。初島さんならしっかり仕上げてくれると思ったんです」。それ以来、次から次へと手を加えていく初島さんを、逆に山西さんがなだめることもあるようだ。

カーボックス山西社長が、外装はGT500にして850馬力のウィップルスーパーチャージャー搭載を目指していたため、900馬力対応強化オーガニックプレートクラッチキットが装着済み。その後着々とカスタムチューンを行ない、APR パフォーマンス・カーボンスポイラー、APR パフォーマンス・カーボンカナード、APR パフォーマンス・カーボンリアウイング、MMD・アルミニウムリアルーバー、CERVINIS・サイドウインドウダクトカバー、ブレーキキャリパー塗装、PYPES・エキゾーストシステム(純正可変バルブ付き)、オリジナルデカール。


OWNER:初島さん
GT350の他にハーレーも乗りこなし、これまで所有したクルマはノーマルで乗ったことがないほどカスタム好き。乗り換えたGT350も納車から約半年で激変させ、さらに今回の撮影を終えてホイール新調も検討。


CARBOX

TEL:0826-52-3052
HP: http://www.bs-carbox.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]