今のマスタングでは刺激が足りない、好青年の豹変が止まらない

クーペ

フォード

アメマガ2023年11月号

カーボックス

広島県

マスタング

シェルビーGT350

AMERICAN SPORTS

購入をためらいながらも、彼女に背中を押されてマスタングを購入した三戸さん。そんな三戸さんを三ヶ月前に誌面で紹介したのだが、まさかまさか、AT仕様マスタングでは物足りないと、MTのGT350に乗り換えて再登場!

AMERICAN SPORTS


誰にも負けたくないから、マニュアルが欲しい

CARBOX
http://www.bs-carbox.jp/

2019 FORD MUSTANG SHELBY GT350

どこかで見たことがあるようなオーナーさん…。それもそのはず、三ヶ月前のアメマガで、初めてのアメ車としてマスタングを購入したオーナーとして紹介した三戸さん。

 

燃費が…維持費が…と、ネガティブな面ばかりを気にしてマスタングの購入をためらっていたそんな彼が、全く違うマスタング…というか、シェルビーGT350に乗って現れるのだから驚かないわけがない。

 

確かにマスタング購入後、「マフラー音が他の人より静かで目立たない」からマフラー交換、サーキット走行参加で「誰にも負けたくない」で車高調オーダーなど、三戸さんの豹変ぶりを聞かされ今後の進化が気になっていたのだが、まさかのシェルビーに乗り換えとは。聞けば「誰にも負けたくない」の思いは強くなる一方で、オートマの限界を感じるようになっていた三戸さん。

思い切ってマニュアル・マスタングへの乗り換えをカーボックスに相談すると、「これならあるけど…」と、バリバリにカスタムされたGT350を指さしニヤリと笑う山西社長。山西さん、三戸さんのような走りを極めようとする熱いオーナーがとにかく大好きだ。

 

マスタングを高価で買取り、結婚予定の彼女に怒られずに乗り換えができるように尽力。結果、彼女とは喧嘩になったそうだが(笑)、本当に走りを楽しむ愛車を手に入れた三戸さんである。

走りを楽しむためにGT350への乗り換えを決断した三戸さんのために、カーボックスがサーキット走行を見据えて保管していたHRE WHEELS・RC104(タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ4S)を装着して納車。他にAPRパフォーマンス・カーボンスポイラー、APRパフォーマンス・カーボンカナード、デカールでカスタムがされている。「見た目も走りも大満足で、もし5.0ℓマスタングのMT仕様を買っていたら、次はやっぱりGT350が欲しいとなっていたと思います。今はまだMTに不慣れですが、もっとスムーズにできるように頑張ります」と、相変わらずの好青年のコメント。


OWNER:三戸さん
マッスルカーが気になるものの、燃費や維持費が気になり購入をためらっていたが、彼女の「カッコイイクルマに乗る姿が見たい」の声で購入を決断。購入すると人が変わったようにカスタムに目覚め、しまいには物足りなさを感じマニュアルのシェルビーGT350に買い替え。ギリギリまで彼女に内緒だったため、怒られたのは言うまでもない。


CARBOX

TEL:0826-52-3052
HP: http://www.bs-carbox.jp/


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


カーボックス秘蔵のシェルビーをロックオン

以前所有していたGT350は、仲間やカーボックスに止まるGT350と比べるとヤレて故障も多かった。もっと極上なGT350に乗りたい…。そんな折、カーボックスに隠されていた超極上のGT350を発見。それは、カーボックス山西社長が長年大事に保管してきた秘蔵のGT350だった。

僕はシェルビーに乗りたい!愛息の声に父は決断

クルマ好きの善くんはアメ車が好きで、特にマッスルカーが大好き。生でクルマを見ようと親子でカーボックスを訪れると、一台のクルマに釘付けになる善くん。「僕はシェルビーに乗りたい!」。まさかの発言に困惑する瀧口さん。スーパーチャージャー、マニュアル仕様。俺にいきなりこんなクルマ乗れるのか? どうする俺?

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

マスタングでドリフトを本気で楽しむジョイベースが車高調の発売開始!

「マスタングで本気ドリフト」により、大きな注目を浴びるジョイベース。ドリフトのみならず、マスタングでスポーツ走行を楽しむことに力を惜しまないジョイベースが、徹底的に拘ったオリジナル車高調を開発し販売を開始!

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。