ハニーDのエアロなら、アゲもサゲも似合う!【トヨタ タンドラ】

ピックアップトラック

逆輸入車

OTHER

アメマガ2024年3月号

タンドラ

トップスピード

岐阜県

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES

トヨタ車でありながら、アメ車と違わぬ個性や空気感を醸し出すUS TOYOTA。その中でもタンドラは、圧倒的なサイズやV8エンジンなど、どこを見ても〝アメ車!〟と思わせられる内容を誇る。

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES


ボディパーツの追加によって、大胆なアレンジを実現する!

TOYOTA TUNDRA

フルサイズの堂々たるフォルムに、広い車内や何でも積めるほど大きなベッドスペースを誇り、ノーマルでも圧倒的な存在感を示すタンドラ。モデルチェンジを行い新型にバトンタッチしたが、だからと言って先代モデルの魅力が減少することはない。むしろ車両の数は豊富だし、ここで紹介するハニーDの様に、様々なカスタマイズパーツが充実しているのも魅力と言えるだろう。

様々な年代のアメ車を取り扱うトップスピードでは、BIG3だけでなくUS TOYOTAも豊富にラインナップし、ノーマルだけでなくカスタマイズにも対応している。しかもハニーD=ローダウンという図式がかつては一般的だったが、敢えて車高を下げていないスタイルも提案しており、様々なユーザーのリクエストに応えられる引き出しの多さも持ち合わせている。

今回紹介するローダウンスタイルはある意味王道と言える仕様で、20インチのホイールがチョイスされている。あたかも双子の様な仕様なのはオーナー同士が知り合いで、敢えてコーデを狙ったと言える。奇しくも2台ともスタッドレスタイヤを装着しているが、冬でも引っ張りスタイルをキープしており、冬でもスタイルを大切にしたいという強いコダワリを感じる。

対するCALiオフロードのホイールを装着したモデルは、ワイド化するがノーマル車高を維持。スタイルも機動性も重視したい人にはこの仕様の方がオススメだが、トップスピードなら、ユーザーの求める1台を作り出すことが可能なので、一度クルマを探しに行ってみては?

オフロードパッケージを組み込む2019年型のリミテッド。そのためビルシュタインショックを組み合わせる。ホイールはVRock・VR10Xの20インチ。通常はグロスブラックミルドだが、リム部分をネオングリーンにペイント。ブラックで全体を統一つつ、ワンポイントアクセントとして存在を主張。リムが非常に太いので効果的だ。

上のリミテッドとホイールが異なるだけで、まるで双子の様なカスタムを施す2019年型のSR5。こちらはノーマルショックをベースにロワリングを実施。ホイールはINSANE OFFROADのIO-12。グロスブラックをベースにしつつ、リム部分にネオンピンクのペイントを実施。黒×ピンクのコンビネーションが、妖艶な雰囲気を醸し出す。

ローダウン仕様の2台はユーザーカーだが、CALiオフロードホイールを装着したSR5はトップスピードの在庫車両。5.7ℓV8のゆとりあるエンジンは頼もしく、35インチのMTタイヤを装着することでオンロードからオフロードまで、どこへでも出かけられそうな仕様。個性的なスタイルが良いけど、アクティブにも使いたい人に最適だ。


THANKS:GARAGE TOPSPEED
TEL:058-322-7547
HP:https://www.garage-topspeed.com/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2024年3月号掲載


最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!